FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

霧島完全縦走(2008.5.31~6.1)

霧島完全縦走(2008.5.31~6.1)
霧島縦走はアクセス、及び時間の関係で「えびの~(高千穂峰)~高千穂河原」間を歩くことが多いのですが、今回はえびの高原より高千穂峰まで縦走し、さらに高千穂峰を越え反対側の霧島東神社まで走破しました。早立ちし、1日で走破することも可能ですが、今回は5/31日、6/1日、2日に分けて歩きました。2日間の行程は次の通り。
(1日目) 韓国岳~獅子戸岳~新燃岳~中岳 ~高千穂河原  宿泊「みやま荘」
(2日目) 高千穂河原~お鉢~高千穂峰~二子石~霧島東神社

縦走軌跡
霧島縦走


霧島完全縦走 1日目(5/31日)「 韓国岳~高千穂河原」
5/31日 久留米競技場を6:00分 総勢15名で 10人乗りワゴン、5人乗りジープ、2台に分乗し、えびの高原に向かいました。8:30分過ぎ えびの高原に到着しましたが、硫黄山下の駐車場は満杯で 不動池横の駐車場に車を停めました。登山準備をし 9:00分前 韓国岳に向け出発しました。当日は晴れの天気でしたが、ガスがかかり 遠くの山はかすんで良く見えませんでした。
韓国岳~獅子戸岳~新燃岳~中岳 と進み、高千穂河原には 15:00分に到着しました。
高千穂河原には本日泊まる「みやま荘」よりマイクロバスが迎えにきていました。
当日は「みやま荘」に一泊し、夕食時 差し入れの焼酎やつまみで小宴会になりました。

本日の軌跡
霧島縦走1


硫黄山の駐車場がいっぱいだったので、不動池横の駐車場に車を停め登山準備をします。
晴れていますが もやが掛かり韓国岳はかすんでいます。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 001

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 004


この辺りもミヤマキリシマがたくさん咲いています。 つぼみと花が混在し、いい感じです。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 008


硫黄山の横を過ぎ、登りに入ります。 
30年以上前 韓国岳に良く登っていましたが 現在は登山道が良く整備されています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 013


振り返ると、不動池、白紫池、が見え始めました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 016


5合目の広場に咲いていた花ですが 名前が分かりません。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 020


山頂近くになると右側に大浪池が見えてきました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 026


韓国岳には10:10分に到着しました。早速集合写真をとります。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 039


集合写真に漏れた人もUPしておきます。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 041


振り返ると 大浪池を見下ろすことが出来ます。少しかすんでいますがまずまずです。 
山頂から高千穂峰を望むことが出来ますが 残念ながら本日はガスが掛かりまったく見えませんでした。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 044

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 046


今年の2月8日に登ったときは高千穂峰がこのように見えていました。
2008.2.8韓国岳 045


山頂付近に ハルリンドウが咲いています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 057


この辺りのミヤマキリシマはまだ つぼんでいましたが、なかなか色鮮やかです。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 060

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 062


少し降ると 花、つぼみ 混在のいい感じの ミヤマキリシマがたくさん咲いていました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 080

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 096


獅子戸岳には11:50分に到着し、ここで昼食になりました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 103


山頂横にはミヤマキリシマの群落がありました。 満開のミヤマキリシマを愛でることが出来ました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 104


ミヤマキリシマの絨毯です。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 105


花畑越に今から向かう 新燃岳が見えています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 108


反対方向は 先ほど通った韓国岳が見えています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 116

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 125

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 129


少し横には ひなもり岳が見えています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 130


昼食後 獅子戸岳を下っていきます。前方に新燃岳が見えています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 134


新燃岳に登り上がると緑色の水を湛えた火口を望むことが出来ます。
空か快晴のときはもう少し青っぽく(エメラルドグリーン)なると思います。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 151


かすんでいますが、高千穂峰が見えてきました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 160


山頂には13:15分に到着しました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 162


火口越に韓国岳、大浪池の稜線が見えています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 165


中岳に向け進んでいきます。この景色は雄大で、最高です。
高千穂峰がはっきり見えればさらにいいんですが!
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 173


中岳のお鉢の横を進んでいきます。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 174

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 177


高千穂峰をバックに写真をとります。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 178


中岳のお鉢の中は水がない事が多いのですが、本日は雨上がりで水を湛えています。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 181


中岳には13:50分に到着しました。時間が早いので山頂でゆっくりしました。 
高千穂峰をバックにたくさんの写真を撮ります。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 185

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 187

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 189

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 193


中岳から下ってくるリーダーのAoさん夫妻です。お世話になりました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 206


途中、白い花が咲いていましたが名前がわかりません。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 207


高千穂河原に近づくと 高千穂峰の形が変わってきました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 211


高千穂河原には 15:00分到着しました。
本日宿泊する「みやま荘」よりマイクロバスの迎えがきていました。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 216


本日はAo リーダー ごひいきの「みやま荘」に泊まります。
2008.5.31、6.1霧島完全縦走 217

2008.5.31、6.1霧島完全縦走 219


湯の花の浮いた温泉で汗を流し、夕食時、Aoさんの友人「みやま荘つながり」より、蜂の子の素上げ、焼酎2升、さらに同行のT地さんの相方さんより、焼き豚の塊、たけのこ、ふき、ふきみそ、etc、の差し入れがありました。当然ながらお酒の量が進みます。後は寝るだけ!
CIMG5575_20080603224538.jpg

CIMG5594_20080603224617.jpg

  1. 2008/05/31(土) 20:31:45|
  2. 霧島山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<霧島完全縦走 2日目(6/1日)「高千穂河原~霧島東神社」 | ホーム | 屋久島4日目(2008.5.5 新高塚小屋~淀川登山口)>>

コメント

娘の独り言・・・

何か見覚えのあるTシャツが・・・v-25
よくお似合いですv-238
  1. 2008/06/05(木) 16:12:05 |
  2. URL |
  3. mayumi #-
  4. [ 編集 ]

お返事

これに限らず、娘のプレゼントはいつも使っていますヨ。
今回歩いたコースは大昔(30年<)相方さんと何度も歩いたコースです。15日ミヤマキリシマを愛でに九重に行きますが、どうですか?
  1. 2008/06/05(木) 20:07:06 |
  2. URL |
  3. パパより #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/98-12c3375a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる