FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

肥前ヶ城、久住西稜登山(2007.2.12)

本レポートは 2007年2月12日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

肥前ヶ城、久住西稜登山(2007.2.12)
KACの鉄人Mさんの案内で 九重赤川登山口より肥前ヶ城に直登しました。
本コースは一般道でないため、GPSの軌跡は削除しています。
本日は もうひとつの目玉、久住山の西稜を登りました。雪のある時は取り付きまでまっすぐ行けるのですが、今年は雪がなく、取り付きまで樹木を避けながら回り込んで入りました。
久住山に登った後、降りは御池に向かいました。凍った御池の中心を歩き、GPSの軌跡をトレースしようという試みでしたが 御池は凍ってなく 試みは次回に持ち越しと成りました。
この後、神明水より南登山道を下り、猪鹿狼寺跡より少し進んだところより 赤川バイパスに入り、赤川登山口まで帰ってきました。

本日の軌跡
2007.2.12肥前ヶ城



九重に向かう途中、涌蓋山の山頂には薄っすらと霧氷が付いていました。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 052


赤川登山口は夜 人工的に散水されており、樹木に氷がビッシリ付き、朝日でキラキラ光っていました。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 005


赤川登山口より肥前ヶ城に向け 直登します。
今の時期 落葉しており 日当たりの良い木立の中を進んでいきます。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 009


途中、見晴らしの良いところがあり、阿蘇が一望されます。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 010


Mさんはガンガン登って行きます。付いて行くのは大変です。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 012


斜面を登りきり、展望台に到着しました。いい天気です。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 050


この方向からの久住山の姿は初めてです。左のスカイラインが久住西稜です。
本日、西稜を登ります。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 051


肥前ヶ城で食事をし、久住分れ前より西稜取り付きに向かいます。
西稜は特に難しい岩場はなく、簡単に登れました。
西稜途中より、避難小屋と星生崎を見下ろします。このアングルも初めてで、新鮮な景色です。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 039


久住山登頂後、降りは南登山道より赤川バイパスを抜け、赤川登山口に向かいました。
登山口前より本日登った肥前ヶ城が青空に映えていました。
2007.2.12 肥前ヶ城、久住西稜 042



  1. 2007/02/12(月) 20:45:08|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鶴見岳 KAC山行(2007.2.18) | ホーム | 浅間山、岩屋神社 KAC山行(2007.1.28)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/8-d44b23ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる