FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

韓国岳~大浪池「マンサク」(2020.3.8)

韓国岳~大浪池「マンサク」(2020.3.8)

大浪の池のマンサクの花の便りが届いており、韓国岳~大浪の池の周回コースを歩くことにしました。
えびの高原駐車場より韓国岳登山口~韓国岳~大浪池周回道出合~大浪池周回~えびの分岐~えびの高原駐車場と周期しました。
一日中 快晴の天気で韓国岳山頂から大浪池、新燃岳、高千穂の峰がくっきり見え、また鹿児島市内、桜島も望むことが出来ました。
大浪池の周回道にはマンサクの花が良い頃で 青い湖面に黄色いマンサクの花が映え最高の景色を堪能することが出来ました。
ゆっくり写真撮影をしながら歩いたため 下山後は温泉に入らず 17:30分頃 久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
0韓国 大浪


6時に久留米を出発し8:30分前に「えびの高原駐車場」に着きました。登山準備をします。
IMG_1641.jpg

韓国岳がくっきり見えています。駐車場にはまだ車は多くありません。
IMG_1641-1.jpg

8:40分 出発しました。
IMG_1644_202003100942579f0.jpg

韓国岳登山口を通過
IMG_1647_20200310094258123.jpg

IMG_1649_20200310094300254.jpg

遊歩道を進みますが硫黄山が活動しているため 新道が作られています。
IMG_1650_20200310094301961.jpg

従来の登山道に出合い振り返ると硫黄山の蒸気が見えています。
IMG_1653_202003100943031f8.jpg

白鳥山、白紫池、不動池、甑岳 等が確認できます。
IMG_1656.jpg

IMG_1657_20200310094306a50.jpg

9:35分 五合目展望台に着きました。
IMG_1660_20200310094334f3b.jpg

IMG_1660-1.jpg

えびの駐車場が見えています。
IMG_1661_202003100943370ae.jpg

大浪池が見え始めました。
IMG_1664_202003100943395d9.jpg

登って行きます。
IMG_1665.jpg

大浪火口池が見え始めました。
IMG_1668_20200310094342723.jpg

鹿児島市内、錦江湾、桜島 が見えています。
IMG_1670_2020031009434343e.jpg

八合目通過
IMG_1671_20200310094345ec4.jpg

韓国岳火口が見え始めました。
IMG_1672_202003100943468f0.jpg

大浪火口池が浮き上がって見えます。
IMG_1674_2020031009434894e.jpg

下界を望みながら登って行きます。
IMG_1675_2020031009440733c.jpg

IMG_1676_2020031009440826c.jpg

大浪池火口淵を後で歩きます。
IMG_1677_20200310094410373.jpg

韓国岳山頂直下に着きました。
IMG_1678_20200310094411e6f.jpg

10:10分 韓国岳山頂に着きました。
IMG_1678-1.jpg

IMG_1680_20200310094414e73.jpg

登山者で賑わっています。
IMG_1680-1.jpg

山頂写真
IMG_1680-3.jpg

IMG_1680-4.jpg

大浪池をバックに 
IMG_1680-5.jpg

IMG_1680-6.jpg

獅子戸岳~新燃岳~中岳~高千穂の峰 の縦走路が見えています。
新燃岳の火口は溶岩で盛り上がっています。
IMG_1680-7.jpg

以前の写真から火口の変化が良くわかります。
縦走できるのはまだ何年も先のことだと思います。登山できる間にもう一度縦走したいです。
IMG_1681_2020031009480178f.jpg

IMG_1681-1霧島 133

IMG_1681-2 韓国岳 028

IMG_1681-2.jpg
IMG_1681-6霧島 133

IMG_1681-7 韓国岳 028



以前 新燃岳について下記にまとめています。
クリック → 新燃岳ノスタルジア




大浪池に向かいます。
IMG_1695_2020031009481018e.jpg

IMG_1696-1.jpg

IMG_1697_202003100948140b6.jpg

左手に新燃岳、高千穂の峰が見えています。
IMG_1697-1.jpg

大浪池への下り 木道が続いています。
IMG_1698_202003100948169ad.jpg

IMG_1701_20200310094818466.jpg

IMG_1701-1IMG_7938.jpg

IMG_1702_20200310094821384.jpg

IMG_1703_202003100948223dd.jpg

昔はこのガラ場を下っていました。
IMG_1705.jpg

下って行きます。
IMG_1707_20200310094825318.jpg

IMG_1710_20200310094827706.jpg

IMG_1712_20200310094902d21.jpg

IMG_1715_2020031009490420d.jpg

11:18分 大浪周回道に出合いました。東周りで進みます。
IMG_1717_20200310094905f4c.jpg

周回道を進みます。
IMG_1720_202003100949070ab.jpg

IMG_1721_20200310094908458.jpg

晴天の空に韓国岳がくっきり
IMG_1722_2020031009491004b.jpg

火口淵に登り上がりました。真っ青な池が見えます。
IMG_1726_20200310094911a17.jpg

IMG_1726-1.jpg

湖畔にマンサクが咲いています。
IMG_1729_202003100949142ee.jpg

IMG_1740_2020031009491611e.jpg

IMG_1744_20200310094944f3f.jpg

IMG_1749.jpg

晴天の空にマンサク
IMG_1749-1.jpg

マンサク越しに韓国岳 
IMG_1753_20200310094948375.jpg

IMG_1755_202003100949500b4.jpg

マンサクの写真を撮りながら周回していきます。
IMG_1761_202003100949519a7.jpg

12:10分 1411Pに着きました。
IMG_1764_202003100949534df.jpg

IMG_1765_20200310094954696.jpg

休憩所があり昼食を取りました。(~12:34分)
IMG_1768_20200310094956162.jpg

IMG_1770_2020031009495793a.jpg

記念写真 
IMG_1772_202003100950203d2.jpg

IMG_1775.jpg

昼食後マンサクの写真を撮りながら進んで行きました。
IMG_1781_20200310095024396.jpg

IMG_1783_20200310095025422.jpg

IMG_1785_20200310095026f7b.jpg

IMG_1789_202003100950287ee.jpg

IMG_1791_20200310095029b62.jpg

IMG_1793_202003100950311e2.jpg

IMG_1795_2020031009503201e.jpg

IMG_1799_20200310095034c38.jpg

IMG_1802_20200310095052da2.jpg

IMG_1804_20200310095054f95.jpg

IMG_1805_2020031009505586d.jpg

IMG_1807_202003100950576d7.jpg

IMG_1809_202003100950585e2.jpg

IMG_1811.jpg

IMG_1812.jpg

IMG_1815_20200310095103d24.jpg

IMG_1815-1.jpg

IMG_1815-2.jpg

IMG_1815-3.jpg

桜島が薄ら見えています。
IMG_1817_20200310095135b82.jpg

火口池越しに韓国岳
IMG_1818_20200310095136d2c.jpg

周回します。
IMG_1829_20200310095138ee3.jpg

13:15分 大浪登山口分岐を通過しました。
IMG_1833_202003100951395a9.jpg

IMG_1835_202003100951419d3.jpg

IMG_1839_20200310095142970.jpg

こちらの火口淵もマンサクが続いています。
IMG_1843_20200310095144cdd.jpg

IMG_1846_20200310095145d8d.jpg

IMG_1846-1.jpg

火口池を見ながら周回します。
IMG_1848_20200310095215d8a.jpg

IMG_1851_20200310095216bb4.jpg

IMG_1853_202003100952181a8.jpg

IMG_1854_202003100952194a2.jpg

IMG_1858_202003100952214a9.jpg

14:17分 えびの分岐に着きました。
写真を撮りながら進んでいるため予定より1時間近く遅れています。
IMG_1860.jpg

えびの高原駐車場に向かいます。この森は紅葉の時期もいい感じです。
IMG_1862.jpg

IMG_1863_20200310095225951.jpg

IMG_1865_202003100952274e5.jpg

15:18分 国道に出合いました。
IMG_1869_20200310095228c4d.jpg

IMG_1870_20200310095252abf.jpg

駐車場に向かいます。
IMG_1872_2020031009525345f.jpg

IMG_1874.jpg

IMG_1875_20200310095256f91.jpg

15:27分 えびの駐車場に戻ってきました。
IMG_1876_20200310095258687.jpg

韓国岳がくっきり見えています。
IMG_1877_20200310095259d55.jpg

IMG_1878_20200310095301e39.jpg
  1. 2020/03/08(日) 09:40:15|
  2. 霧島山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多良岳「マンサク」(2020.3.29) | ホーム | 明星山~白金山周回(2020.3.1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/790-f772a72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる