FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

鳴子山南東尾根(2019.6.16 )

鳴子山南東尾根(2019.6.16 )

九重 鳴子山に行ってきました。
レゾネイト登山口より入山し、くたみ分れより 南東尾根を鳴子山に登り、稲星越より稲星山~久住山~久住分れ~牧ノ戸峠と縦走しました。
この時期 鳴子山には「オオヤマレンゲ」の花が咲いていますが 本日は蕾のみで花は見られませんでした。
久住山~西千里ヶ浜付近はまだミヤマキリシマの花が見頃を迎えていました。
一日中いい天気で縦走路は冷たい風が吹いて最高の登山日和でした。

本日の軌跡
0鳴子山

6時に久留米を出発し、8:20分頃 レゾネイト登山口に着きました。登山準備をします。
IMG_1121_20190618170501089.jpg

8:27分 出発しました。
IMG_1127_201906181705038db.jpg

正面に鳴子山の稜線が見えています。
IMG_1129_201906181705042aa.jpg

くたみ分れには8:49分に着きました。
IMG_1130_2019061817050638d.jpg

IMG_1131_201906181705072e2.jpg

少し先に 南東尾根の入口があります。
IMG_1132_201906181705096ce.jpg

南東尾根に取り付きます。
IMG_1133_20190618170510ecf.jpg

急登が続きます。
IMG_1135_20190618170512e0e.jpg

IMG_1138_20190618170513b0f.jpg

途中、下界が見下ろせる場所があります。
IMG_1140_20190618170538beb.jpg

IMG_1142_20190618170539ab3.jpg

森林限界を超え、露岩を越えます。
IMG_1151_20190618170541654.jpg

IMG_1155_20190618170542edb.jpg

正面に鳴子山が見えてきました。
IMG_1155-1.jpg

見晴らしの良い稜線を進んで行きます。
IMG_1157_20190618170545bf2.jpg

IMG_1159_20190618170547911.jpg

岩場を越えます。
IMG_1161_20190618170548827.jpg

IMG_1163_20190618170550365.jpg

IMG_1165_20190618170551e5f.jpg

IMG_1166_2019061817061485e.jpg

正面は鳴子山です。
IMG_1166-1.jpg

10:53分 鳴子山に着きました。
IMG_1168_20190618170617515.jpg

IMG_1169_201906181706191b6.jpg

山頂写真。
IMG_1170_2019061817062059a.jpg

山頂を越え 鞍部に降ります。
鞍部に「オオヤマレンゲ」がありますが蕾のみで花は咲いていませんでした。
IMG_1176_20190618170622437.jpg

小ピークを越えて進みます。
IMG_1178.jpg

IMG_1181_20190618170625533.jpg

ドウダンツツジの花が咲いています。
IMG_1183_2019061817062699e.jpg

稲星越手前で昼食を取りました。(11:27~12:00分)
IMG_1186_20190618170628b6c.jpg

IMG_1189.jpg

「片ヶ池」の先に大船山が見えます。
IMG_1191_20190618170653e94.jpg

稲星越を越え「稲星山」に登り返します。振り返ると鳴子山が見えています。
IMG_1193_20190618170654eaa.jpg

ミヤマキリシマの群落の間を進んで行きます。
IMG_1194_20190618170656fb0.jpg

IMG_1197_20190618170658613.jpg

白口岳が見えています。
IMG_1200_20190618170659c73.jpg

稲星山山頂が見えてきました。
IMG_1201_20190618170700f4d.jpg

IMG_1202_20190618170702c6f.jpg

右手に「中岳~天狗ヶ城」に吊尾根が見えています。
IMG_1205_201906181707030f6.jpg

稲星山には12:18分に着きました。
IMG_1208_201906181707057b0.jpg

裏にお地蔵さんがあります。
IMG_1208-1.jpg

山頂写真
IMG_1212_20190618170756741.jpg

正面の久住山に向かいます。
IMG_1215_20190618170758b23.jpg

神明水の鞍部に降りていきます。
IMG_1218_201906181707598de.jpg

鞍部を越え久住山に登り返していきます。
IMG_1219_2019061817080108a.jpg

IMG_1221_20190618170802694.jpg

右手に 東千里ヶ浜、白口岳、大船山 と続いています。
IMG_1222_20190618170804945.jpg

久住山の斜面はまだミヤマキリシマが見頃を迎えていました。
IMG_1226_2019061817080513d.jpg

IMG_1228_2019061817080769b.jpg

IMG_1230_20190618170808583.jpg

久住山には12:54分に着きました。
IMG_1235_20190618170853334.jpg

集合写真
IMG_1237_2019061817085422f.jpg

三俣山が霞んでいます。
IMG_1239_20190618170856453.jpg

久住分れに降りていきます。
IMG_1240_2019061817085723d.jpg

IMG_1244_201906181708594e1.jpg

IMG_1245_201906181709001d1.jpg

13:22分 避難小屋を通過しました。
IMG_1249_20190618170902c04.jpg

星生崎が霞んでいます。
IMG_1250_2019061817090316c.jpg

西千里ヶ浜を進んで行きます。
IMG_1252_201906181709056af.jpg

IMG_1255_201906181709065cb.jpg

星生山斜面は赤く色づいています。
IMG_1256_201906181709249df.jpg

この付近のミヤマキリシマは見頃を迎えています。
IMG_1258_20190618170925c58.jpg

IMG_1260_20190618170927169.jpg

IMG_1261.jpg

牧ノ戸峠に向かいます。
IMG_1262_201906181709306fd.jpg

沓掛山を越えていきます。
IMG_1264_20190618170931a61.jpg

IMG_1265_201906181709336d2.jpg

べに花ウツギが見頃です。
IMG_1266_20190618170934f53.jpg

IMG_1268_20190618170936db1.jpg

IMG_1269_20190618170937af4.jpg

牧ノ戸峠が見えてきました。
IMG_1271_2019061817095186b.jpg

14:50分 牧ノ戸峠に降りてきました。
IMG_1272_2019061817095236a.jpg

IMG_1274_20190618170954235.jpg

回送したバスに合流しました。
IMG_1277_20190618170955fbe.jpg
  1. 2019/06/16(日) 17:00:04|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ケルン整備(2019.6.23 ) | ホーム | 平治岳「ミヤマキリシマ」(2019.5.30 )>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/766-6fb7da54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる