FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

伯耆大山雪山登山(2019.3.9 )

伯耆大山雪山登山(2019.3.9 )

毎年この時期 伯耆大山雪山登山に行っています。
情報では今年は雪が極端に少ないとかで 当初計画していた南壁方向の尾根はブッシュがむき出しになっており突破できまいとの事で北側の行者谷を登ることになりました。
大山寺~大神山神社~大堰堤~行者谷~6合目小屋~弥山山頂と登り上がり、帰りも同じコースを戻ってきました。
一日中 快晴のいい天気で 2~3日前降った新雪が真っ白で 素晴らしい雪景色を堪能することが出来ました。
その日は定宿の「緑荘」で賑わい、翌日 庄原市の「節分草祭り」に立ち寄り、セツブンソウを愛でてきました。

本日の軌跡
0伯耆大山

前夜20時頃久留米を出発し、大山寺の駐車場で仮眠を取り 7時前に登山準備をします。
P3090005.jpg

伯耆大山の稜線がくっきり見えています。
P3090005-1.jpg

米子方向も景色も良く見えています。本日は快晴です。
P3090008_2019031111503196b.jpg

7時 大山寺の参道をスタートしました。
P3090010_2019031111503374f.jpg

参道を進んで行きます。今年は雪が全くありません。
P3090010-1.jpg

P3090012.jpg

大神山神社の手前で少し雪が出てきました。
P3090014_20190311115059733.jpg

P3090015.jpg

7:20分 大神山神社を通過しました。
P3090016.jpg

P3090017.jpg

元谷に向かいます。
P3090019.jpg

P3090021_20190311115123e20.jpg

雪道になってきました。
P3090023_20190311115125d20.jpg

P3090024.jpg

P3090026.jpg

7:50分、大堰堤に到着しました。稜線が朝日で光っています。
P3090027.jpg

P3090029.jpg

行者谷に向かいました。
P3090034.jpg

P3090035.jpg

行者谷に取り付きました。
P3090037_20190311115202eb3.jpg

主稜線がくっきり見えています。
P3090039.jpg

雪斜面を登って行きます。まだ雪が締まっておりサクサクといい感じです。
P3090040.jpg

途中で休憩。天気が良く汗をかきます。
P3090041.jpg

まだアイゼンは必要ありません。
P3090042.jpg

急登を進んで行きます。ラッセル区間は交代で登って行きます。
P3090044.jpg

P3090045_20190311115223d04.jpg

雪が緩み始め ツボ足になる場所があります。ゆっくり登って行きます。
P3090048.jpg

P3090049.jpg

10:00分 6合目小屋に登り上がりました。夏道に合流しました。
P3090050.jpg

下界がくっきり見えています。
P3090052_20190311115253063.jpg

P3090053_201903111152545ad.jpg

対岸の三鈷峰がくっきり見えています。
P3090057.jpg

夏山登山道は多くの登山者で賑わっていました。
P3090059.jpg

弓ヶ浜が良く見えています。
P3090061.jpg

アイゼンを装着し、ゆっくり登って行きます。
P3090062.jpg

まだエビのシッポが残ってます。
P3090063.jpg

P3090064_20190311115320e7b.jpg

1600m 標識は埋まっています。
P3090065_20190311115321be5.jpg

弥山山頂が見えてきました。
P3090066_20190311115335c5a.jpg

弓ヶ浜の向こうの中海も確認できます。
P3090068.jpg

記念写真
P3090071_20190311115338248.jpg

少し回り道をします。トレースのない雪道は快適です。
P3090073_20190311115340000.jpg

P3090074.jpg

P3090076_2019031111535856d.jpg

弥山山頂に向かいます。
P3090077_2019031111540094e.jpg

11:40分 弥山山頂に着きました。
P3090077-1.jpg

山頂写真 
P3090079.jpg

P3090082_20190311115404d69.jpg

山頂で昼食を取りました。
P3090087.jpg

昼食後、弥山三角点に向かいます。
P3090087-1.jpg

弥山三角点より、剣ヶ峰方向の主稜線にトレースが続いています。
P3090092.jpg

丁度、バリエーションチームか弥山尾根を登り上がってきました。お疲れさん!
P3090094.jpg

P3090095.jpg

弥山に戻ります。
P3090099_201903111154447c0.jpg

12:40分下山します。弓ヶ浜がくっきり見えています。
P3090102_201903111154467a9.jpg

P3090104.jpg

P3090105.jpg

P3090107_20190311115507620.jpg

振り返ると山頂が遠くなりました。
P3090108_2019031111550894f.jpg

絶景を見ながら下山
P3090110_201903111155102ad.jpg

慎重に降りていきます。
P3090111.jpg

主稜線がくっきり
P3090114.jpg

13:27分 6合目小屋より「行者谷」を下ります。雪が腐り始め「ツボ足」になり苦戦しました。
P3090116_20190311115526426.jpg

青空と稜線
P3090117_20190311115528332.jpg

14:27分、元谷小屋に降りてきました。ツボ足で苦労しました。
P3090119.jpg

後続隊が降りてきました。
P3090120.jpg

大堰堤より稜線がくっきり見えています。
P3090121_201903111155321aa.jpg

バリエーションチームが降りてきました。
P3090124_20190311115547c7e.jpg

全員で集合写真
P3090126_2019031111555089d.jpg

宝珠尾根登山口を通過
P3090129_20190311115552da8.jpg

15:18分 大山寺駐車場に戻ってきました。
P3090130.jpg

後始末をします。まだ弥山が見えています。
P3090132.jpg

翌朝5:30分頃散歩します。米子の街の明かり
P3100134.jpg

6:00頃明るくなり始めました。
P3100146.jpg

夜が明け 曇り空です。じきに雨になりました。
P3100153IMG_0452.jpg

P3100153IMG_0456.jpg

帰路、庄原市の「節分草祭り」に立ち寄りました。
P3100153IMG_0456-1.jpg

P3100153IMG_0456-2.jpg

今年は花が早く、節分草は盛りを過ぎていました。
P3100153IMG_0466.jpg

P3100153IMG_0468.jpg

雨に濡れた自生の節分草 
P3100153IMG_0470.jpg

P3100153IMG_0476.jpg

P3100153IMG_0479.jpg

P3100153IMG_0481.jpg

P3100153IMG_0482.jpg

P3100153IMG_0483.jpg

福寿草も咲いていました。
P3100153IMG_0486.jpg

P3100153IMG_0490.jpg

P3100153IMG_0491.jpg

P3100153IMG_0494.jpg
  1. 2019/03/09(土) 11:47:04|
  2. 伯耆大山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<観海アルプス北コース縦走(2019.3.17 ) | ホーム | ポルトガル旅行 まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/757-1e033055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる