FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

普賢岳登山(2018.1.20)

普賢岳登山(2018.1.20)

霧氷を期待して雲仙普賢岳に行ってきました。
吹越第2トンネル横より往路は鬼人谷経由で普賢岳に登り、復路は紅葉茶屋経由で戻ってきました。
快晴の天気でしたが気温が高く霧氷は全く見られませんでした。
しかし、登山者も少なく快適に歩くことが出来ました。

本日の軌跡
0普賢岳

吹越第2トンネル横の登山口には9時前に到着しました。登山準備をします。
IMG_0208_20180121125211cd5.jpg

9:03分 入山しました。
IMG_0210_20180121125212b60.jpg

ゆっくり登って行きます。
IMG_0211_201801211252157ae.jpg

いい天気です。
IMG_0212_20180121125216005.jpg

このルートは少し前までは規制されていましたが大丈夫の様です。
IMG_0214_201801211252354ae.jpg

快適な森です。
IMG_0216_20180121125236369.jpg

冷えておれば この辺りから霧氷が付いているはずなのですが!
IMG_0219_20180121125237192.jpg

10:00分 稜線に登り上がりました。
IMG_0222_20180121125239971.jpg

稜線を進んで行きます。
IMG_0224_201801211252404d6.jpg

IMG_0226_20180121125255b4d.jpg

普賢岳、平成新山がくっきり見えています。
IMG_0227_20180121125256a1a.jpg

国見岳が見えています。帰りに寄る予定です。
IMG_0230_2018012112525823a.jpg

一旦下って行きます。
IMG_0232_201801211252592ce.jpg

今から向かう鬼人谷が見えています、
IMG_0233_201801211253018e2.jpg

下って行きます。
IMG_0235_201801211253141a5.jpg

IMG_0236_201801211253152cb.jpg

10:20分 鬼人谷分岐に着きました。
IMG_0237_201801211253173d0.jpg

新道を登って行きます。
IMG_0238_20180121125318e09.jpg

IMG_0241_20180121125320233.jpg

つららが見れます。
IMG_0242_201801211253331a6.jpg

所々雪が残っていました。
IMG_0246_20180121125335ae9.jpg

10:30分 西の風穴を通過しました。
IMG_0247_20180121125336c66.jpg

IMG_0248_20180121125338a62.jpg

IMG_0249_20180121125339c73.jpg

静かな登山道を進んで行きます。
IMG_0250_201801211253525ff.jpg

ヤマグルマの木
IMG_0253_201801211253540b7.jpg

IMG_0255_20180121125355a8e.jpg

10:50分、北の風穴通過
IMG_0257_20180121125357538.jpg

島原側の水平線が見えています。
IMG_0261_201801211253586b4.jpg

鳩穴分れより登って行きます。
IMG_0263_20180121125411cc6.jpg

IMG_0265_201801211254125ec.jpg

IMG_0267_2018012112541411c.jpg

11:10分 立岩の峰を通過しました。
IMG_0270_20180121125415995.jpg

間近に平成新山が見えています。
IMG_0272_20180121125417133.jpg

前方に普賢岳が見えています。
IMG_0273_20180121125432ced.jpg

霧氷沢に寄ることにしました 
IMG_0275_201801211254330b9.jpg

IMG_0276_201801211254354c2.jpg

この辺りは凍結しています。
IMG_0278_201801211254365a9.jpg

11:30分 霧氷沢に着きました。
IMG_0279_201801211254388f3.jpg

IMG_0280_20180121125456155.jpg

以前にも紹介しましたがここから「旧普賢神社」を経由し「あざみ谷」に降りて行けたようです。
「普賢池」「鳩穴」を含め 今は溶岩で埋まっています。
IMG_0280-1普賢岳旧地図

旧普賢神社「写真はT&Mさんより拝借」
IMG_0280-2旧普賢神社1

消滅直前の旧普賢神社
IMG_0280-3旧普賢神社2

普賢池「写真はT&Mさんより拝借」
IMG_0280-4普賢池

鳩穴
IMG_0280-5鳩穴

普賢岳に向かいます。
IMG_0283_20180121125516440.jpg

IMG_0285_201801211255181d6.jpg

IMG_0287_201801211255192e6.jpg

山頂直下に着きました。
IMG_0288_20180121125521aea.jpg

登って行きます。
IMG_0290_201801211255361b2.jpg

11:44分 普賢岳山頂に着きました。登山者は誰もいません。
IMG_0292_201801211255381cf.jpg

青空に平成新山がくっきり
IMG_0292-1.jpg

山頂写真 
IMG_0294_20180121125542624.jpg

IMG_0296_2018012112554340a.jpg

IMG_0300_20180121125558236.jpg

暖かい山頂で昼食を取りました。(~12:18分)
IMG_0302_20180121125600efe.jpg

IMG_0308_20180121125602f2c.jpg

紅葉茶屋方向に下って行きます。
IMG_0309_20180121125603d50.jpg

IMG_0310_20180121125604a88.jpg

12:34分 「紅葉茶屋」通過 
IMG_0314_2018012112562200d.jpg

IMG_0315_201801211256235f1.jpg

鬼人谷分岐に戻ってきました。
IMG_0316_201801211256252ad.jpg

帰りに国見岳に立ち寄ります。
IMG_0318_20180121125626a95.jpg

岩場を登って行きます。
IMG_0321_20180121125628813.jpg

IMG_0322_20180121125644d74.jpg

IMG_0324_20180121125646f26.jpg

13:04分、国見岳に着きました。
IMG_0325_20180121125647800.jpg

普賢岳には多くの登山者がいます。
IMG_0326_20180121125649482.jpg

山頂写真
IMG_0327_2018012112565009d.jpg

IMG_0331_20180121125706b41.jpg

下って行きます。
IMG_0333_201801211257082b2.jpg

IMG_0337_201801211257093e5.jpg

IMG_0339_2018012112571169d.jpg

稜線を戻って行きます。
IMG_0341_20180121125712299.jpg

IMG_0342_2018012112572700b.jpg

13:32分、吹越第2方向に下って行きます。
IMG_0347_201801211257282a8.jpg

IMG_0348_20180121125730117.jpg

IMG_0349_20180121125731efa.jpg

登山口が見えてきました。
IMG_0350_201801211257332f5.jpg

IMG_0351_2018012112575141a.jpg

14:12分、登山口に戻ってきました。
IMG_0352_20180121125752e4a.jpg

IMG_0354_20180121125754de4.jpg

IMG_0355_20180121125755833.jpg

  1. 2018/01/20(土) 12:49:58|
  2. 雲仙、多良山系、天草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英彦山 四王寺滝(2018.1.28) | ホーム | 由布岳 雪山登山(2018.1.14)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/721-b2affde9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる