FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

三俣山雪山登山(2018.1.6)

三俣山雪山登山(2018.1.6)

九州に寒波が到来し九重も雪が降っているようです。
1月6日が晴天の予報で有志を誘って九重「三俣山」に行ってきました。
今回は長者原より出発し長者原~すがもり越~三俣山西峰~本峰~南峰 と登り上がり、
南峰テラス昼食後下山は三俣山北東斜面の雪が深かったため、雪斜面を「雨ヶ池」に下り、長者原に戻りました。
本日は西風が強く、山頂付近は雪が飛ばされ地面が見えていました。
北東斜面は雪の吹き溜まりでかなりの積雪量があり前日降った真っ白な雪山を十分に楽しむことが出来ました。

本日の軌跡
0三俣山


6:30分に久留米を出発し 8時頃 長者原に着きました。雪はそんなに多くないようです。
P1060001.jpg

登山準備をします。
P1060003.jpg

三俣山がくっきり見えています。
P1060005.jpg

8:11分、出発しました。
P1060006.jpg

青空が見えています。
P1060007.jpg

久しぶりにこの登山口より入山します。
P1060008.jpg

雪はそんなに多くありませんが新雪で真っ白です。
P1060009.jpg

P1060013.jpg

ショートカットの道に入ります。
P1060014.jpg

P1060015.jpg

特にアイゼンは必要ありません。
P1060017.jpg

P1060021.jpg

硫黄道路が見えてきました。
P1060024.jpg

9:25分 硫黄道路に登り上がりました。
P1060025.jpg

P1060026.jpg

出発した長者原を振り返ります。
P1060026-1.jpg

三俣山に向かいました。
P1060027.jpg

山頂付近にガスが掛かってきました。
P1060030.jpg

すがもり越に向かいます。
P1060032.jpg

西峰山頂はガスで覆われています。
P1060034.jpg

この斜面はいつも強風です。
P1060035.jpg

西峰山頂 雲が流れ青空が見えています。
P1060037.jpg

P1060039.jpg

雪はそんなに多くありません
P1060042.jpg

すがもり越が見えてきました。
P1060046.jpg

9:58分 すがもり越に到着しました。
P1060048.jpg

P1060050.jpg

避難小屋で少し休憩します。
P1060051.jpg

10:08分 西峰斜面に取り付きます。思ったほど雪はありません。
P1060052.jpg

青空が見えてきました。絶景です。
P1060055.jpg

P1060058.jpg

大船山山頂が雲海に少し顔を出しています。
P1060060.jpg

すがもり越を振り返ります。
P1060061.jpg

北千里ヶ浜の向こうに久住山が見えています。
P1060062.jpg

星生山は雲が流れ幻想的です。
P1060063.jpg

樹氷が大きくなってきました。
P1060066.jpg

P1060067.jpg

P1060072.jpg

P1060074.jpg

エビのシッポがびっしりと!
P1060074-1.jpg

久住山方向の山々はくっきり見えています。
P1060075.jpg

星生山
P1060076.jpg

大船山
P1060081.jpg

斜面を登り上がりました。
P1060083.jpg

P1060084.jpg

三俣山西峰に向かいます。
P1060087.jpg

P1060088.jpg

白口岳の向こうに祖母連山 の傾山が見えています。
P1060090.jpg

大船山に雲が流れています。
P1060092.jpg

今から向かう三俣山本峰、南峰が見えだしました。
P1060093.jpg

10:39分 三俣山西峰に着きました。
P1060100.jpg

P1060101.jpg

青空に三俣山の峰々を確認できます。
P1060104.jpg

西峰台地の向こうに大船山
P1060106.jpg

本峰に向かいます。益々 エビのシッポが大きくなってきました。
P1060109.jpg

P1060111.jpg

P1060114.jpg

P1060114-1.jpg

青空の雪斜面を登って行きます。
P1060116.jpg

P1060119.jpg

九重連山がくっきり
P1060122.jpg

樹氷の間を登って行きます。
P1060123.jpg

P1060125.jpg

P1060126.jpg

P1060127.jpg

分岐より三俣山本峰に向かいます。
P1060128.jpg

標識も凍っています。
P1060129.jpg

11:11分 三俣山本峰に着きました。
P1060131.jpg

P1060134.jpg

本峰よりぐるーと雪景色を楽しみます。大船山
P1060137.jpg

祖母連山
P1060139.jpg

久住山方向
P1060140.jpg

今から向かう三俣山南峰
P1060141.jpg

三俣山南峰に向かいます。
P1060142.jpg

樹氷のトンネルを登って行きます。
P1060143.jpg

P1060146.jpg

P1060148.jpg

11:32分 南峰に到着しました。
P1060150.jpg

P1060150IMG_0058.jpg

坊がつるが見下ろせる南峰テラスで昼食を取りました。(~12:01分)
P1060152.jpg

P1060153.jpg

P1060154.jpg

由布岳が見えています。
P1060156.jpg

昼食後、雪が深い北東雪斜面を降りることにしました。
P1060159.jpg

三俣山本峰を振り返ります。
P1060161.jpg

樹氷のトンネルを進みます。
P1060164.jpg

P1060166.jpg

P1060167.jpg

P1060168.jpg

P1060168-1.jpg

北東斜面は雪の吹き溜まりになっておりかなり積もっています。
P1060170.jpg

P1060170IMG_0057.jpg

下界が見えています。
P1060173.jpg

P1060175.jpg

本峰・北峰の稜線
P1060178.jpg

大船山がくっきり
P1060181.jpg

斜面を下ります。斜面の岩肌は雪に覆われ隠れています。
P1060183.jpg

P1060184.jpg

下りきると雪が少なくなってきました。
P1060186.jpg

13:40分、雨ヶ池に降りてきました。
P1060187.jpg

P1060189.jpg

P1060191.jpg

長者原に向かいます。
P1060193.jpg

P1060196.jpg

P1060197.jpg

P1060199.jpg

登山口を通過します。
P1060201.jpg

P1060204.jpg

タデ原湿原を横切ります。
P1060208.jpg

P1060209.jpg

振り返ると三俣山
P1060210.jpg

14:53分、長者原に戻ってきました。
P1060216.jpg

P1060217.jpg

P1060218.jpg
  1. 2018/01/06(土) 07:48:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<由布岳 雪山登山(2018.1.14) | ホーム | 初詣登山「漱石の道」(2018.1.3)>>

コメント

カントさん、おはようございます。
素晴らしい青空と霧氷ですね。羨ましい~です。
この日はMishan企画に参加して、干支の山の犬鳴山~西山を歩いてました。
今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2018/01/11(木) 09:24:05 |
  2. URL |
  3. 豊津の信ちゃん #CjR4k1/2
  4. [ 編集 ]

お返事

信ちゃん、こんにちは
精力的に活動されていますね。
西山付近は私の地元(飯塚)に近く、昔から注目している山域です。
「ほっつき歩き」さんのサイトに情報があり、いつか行こうと思っています。
週末は由布岳に行きます。天気は良さそうですね。
  1. 2018/01/11(木) 14:09:34 |
  2. URL |
  3. カント #yueHEBxI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/719-d42f224f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる