FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

由布岳お鉢巡り(2017.8.29)

由布岳お鉢巡り(2017.8.29)

昨年8月6日に地震の影響で閉鎖されていた由布岳登山道が通れるようになり、8月25日にお鉢巡りをしてみました。
あれから1年たち、再度 由布岳お鉢巡り行ってきました。
正面登山口より マタエ~合野越~マタエ~西峰~東峰~マタエ~合野越~正面登山口と周回しました。
登山道の整備は更に進んでおり、お鉢の岩場なども通過しやすいような配慮がなされていました。感謝!
日陰は涼しい風が吹いて爽やかですが、日向はまだまだ日光の圧力が強く、大汗をかきます。

本日の軌跡
0由布岳

正面登山口には8時頃到着しました。駐車している車は多くありません。
IMG_0001_20170901150415d49.jpg

登山準備をします。
IMG_0002_20170901150417880.jpg

8:10分、入山しました。
IMG_0006_2017090115041799e.jpg

快晴です。由布岳がくっきり 
IMG_0008_201709011504194ed.jpg

IMG_0009_20170901150435454.jpg

草原を横切って進みます。
IMG_0011_201709011504374f4.jpg

IMG_0012_20170901150438a59.jpg

観察路分岐通過 
IMG_0013_201709011504392a2.jpg

IMG_0014_20170901150440d9d.jpg

樹林帯を登って行きます。
IMG_0017_201709011504541ee.jpg

IMG_0019_20170901150456684.jpg

8:55分、合野越通過 
IMG_0021_20170901150457973.jpg

IMG_0022_201709011504590d0.jpg

樹林帯を抜けました。
IMG_0023_20170901150500a8f.jpg

ススキ越しに 湯布院の街、九重連山が見えています。
IMG_0025_20170901150514282.jpg

IMG_0028_20170901150515f21.jpg

まだまだ強い日差しです。
IMG_0029_20170901150517809.jpg

IMG_0031_2017090115051854b.jpg

山頂が見えてきました。
IMG_0032_20170901150520aea.jpg

10:15分、マタエに着きました。
IMG_0034_20170901150533d0a.jpg

IMG_0036_20170901150535e63.jpg

西峰に向かいます。
IMG_0037_20170901150536260.jpg

鎖場を登って行きます。
IMG_0038_20170901150538015.jpg

IMG_0039_201709011505393bc.jpg

IMG_0040_20170901150557cb0.jpg

IMG_0041_2017090115055811c.jpg

岩場をトラバースして進みます。
IMG_0043_201709011506008f7.jpg

IMG_0046_20170901150602421.jpg

鎖は新しくなっています。
IMG_0048_20170901150603e7d.jpg

途中の展望所。
IMG_0049_20170901150619d84.jpg

湯布院の街が一望できます。
IMG_0049-1.jpg

最後の登り 
IMG_0050_20170901150622e9f.jpg

IMG_0052_20170901150624ed3.jpg

東峰が見えています
IMG_0053_20170901150625ceb.jpg

10:40分、由布岳西峰山頂に着きました。
IMG_0056_20170901150639862.jpg

こちらの峰に三角点があります。
IMG_0057_20170901150641e33.jpg

山頂写真
IMG_0058_20170901150643b41.jpg

IMG_0060_201709011506454f1.jpg

対岸に東峰
IMG_0061_20170901150645e0f.jpg

マタエから東峰の登山道を確認できます。
IMG_0062_2017090115070044f.jpg

鶴見岳~鞍ヶ戸~内山 の稜線が見えています。この稜線はまだ通行できません。
IMG_0063_20170901150702945.jpg

10:50分、お鉢を回って行きます。
IMG_0065_20170901150703e99.jpg

IMG_0066_201709011507045a3.jpg

お鉢下降点通過
IMG_0067_20170901150706a28.jpg

岩場を通過し、対岸に登り上がりました。
IMG_0068_20170901150720312.jpg

IMG_0069_201709011507221a9.jpg

猪ノ瀬戸登山口(東登山口)下降点を通過します。
IMG_0070_20170901150723a39.jpg

12:10分、由布岳東峰に着きました。
IMG_0072_201709011507241bb.jpg

湯布院の街が見えています。
IMG_0073_20170901150726cc4.jpg

山頂写真 
IMG_0076_201709011507390cf.jpg

IMG_0079_2017090115074187b.jpg

昼食を取りました。(~12:30分)
IMG_0080_20170901150742fea.jpg

何組か登山者がいます。
IMG_0081_20170901150744f7d.jpg

高い所が好きな人
IMG_0082_201709011507458fa.jpg

下って行きます。
IMG_0084_201709011507594ef.jpg

振り返ると東峰山頂
IMG_0086_20170901150801293.jpg

西峰登山道が見えています。
IMG_0087_20170901150802e8c.jpg

マタエに降りていきます。
IMG_0089_20170901150803963.jpg

IMG_0090_201709011508053e0.jpg

マタエを通過
IMG_0092_20170901150819c04.jpg

下って行きます。
IMG_0093_20170901150821dc9.jpg

湯布院の街、九重連山
IMG_0095_201709011508222d1.jpg

13:45分、合野越を通過し 樹林帯を下って行きます。
IMG_0097_201709011508246e8.jpg

IMG_0099_20170901150825c99.jpg

降りてきました。
IMG_0100_20170901150843f6a.jpg

IMG_0102_2017090115084411a.jpg

振り返ると由布岳 
IMG_0104_201709011508461b4.jpg

IMG_0105_20170901150847584.jpg

正面登山口が見えてきました。
IMG_0106_2017090115084999e.jpg

IMG_0107_20170901150904db7.jpg

草原の向こうに鶴見岳
IMG_0108_20170901150906876.jpg

一日中いい天気でした。
IMG_0109_20170901150907f9d.jpg

IMG_0110_20170901150909711.jpg

14:30分 登山口に戻ってきました。
IMG_0111_20170901150910b58.jpg
  1. 2017/08/29(火) 15:00:42|
  2. 由布、鶴見、他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尾鈴山登山(2017.9.2) | ホーム | 羽金山登山(2017.8.20)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/706-70f9173b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる