FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

大船山雪山登山(2017.1.22)

大船山雪山登山(2017.1.22)

土曜日(1/21日)より寒波が訪れ 雪山が期待できる九重 大船山に行ってきました。
吉部登山口から入山し、往路は暮雨の滝を経由し坊ヶツル~大船山と登り、復路は坊ヶツルより大船林道を経由し吉部に戻ってきました。
坊ヶツル および「段原~大船山」間は吹き曝しで 小雪交じりの強風が吹き 厳しいコンディションでした。
しかし土曜日から降り続くサラサラで真っ白な雪の登山道は美しく 新雪の雪道を楽しみながら歩くことが出来ました。

本日の軌跡
0大船山

九重に近づくと雪道になってきました。
P1220111.jpg

吉部の駐車場より入山します。
P1220118.jpg

8:54分、出発しました。
P1220120.jpg

往路は暮雨の滝方向に入って行きます。
P1220121.jpg

P1220123.jpg

急登の前でアイゼンを装着しました。
P1220124.jpg

P1220125.jpg

登って行きます。
P1220127.jpg

雪遊び 人型
P1220130.jpg

続く人がいます。
P1220131.jpg

9:58分、暮雨の滝に寄りました。
P1220133.jpg

P1220135.jpg

滝は凍ってはいませんでした。
P1220138.jpg

雪道を進んで行きます。真っ白な雪です。新雪はサラサラで真っ白でフワフワです。
P1220139.jpg

P1220141.jpg

10:33分、大山林道に出合いました。
P1220144.jpg

坊ヶツルに向かいます。大船林道は除雪されています。
P1220145.jpg

小雪交じりの強風で周りはガスっています。
P1220150.jpg

強風の中 坊ヶツルを横断していきます。
P1220154.jpg

P1220158.jpg

P1220160.jpg

P1220161.jpg

11:00分、避難小屋到着。避難小屋で衣類調整と休憩をしました。
P1220162.jpg

P1220166.jpg

11:16分、大船山に取り付きました。
P1220168.jpg

雪がかなり積もっています。
P1220171.jpg

P1220174.jpg

慎重に進んで行きます。
P1220177.jpg

P1220180.jpg

樹氷のトンネルを通過します。
P1220182.jpg

P1220185.jpg

周りの樹木にはエビのシッポがついていい感じです。
P1220187.jpg

P1220190.jpg

P1220191.jpg

P1220192.jpg

P1220195.jpg

12:34分、段原に到着しました。
P1220197.jpg

強風が吹いています。
P1220199.jpg

周りは凍っています。
P1220200.jpg

山頂に向かうことにしました。
P1220202.jpg

木立の中は風は静かです。雪が深くなってきました。
P1220203.jpg

P1220205.jpg

P1220207.jpg

木立を出ると強風が吹き荒れています。岩場を通過
P1220210.jpg

岩にびっしりとエビのシッポ 
P1220210-1.jpg

P1220210-2.jpg

13:05分、大船山山頂に着きました。
P1220211.jpg

一瞬 晴れ間が出てきました。
P1220212.jpg

山頂写真
P1220213.jpg

中々晴れ間が続きません
P1220215.jpg

御池は凍っています。
P1220217.jpg

P1220220.jpg

晴れ間を縫って写真を撮ります。
P1220221.jpg

P1220222.jpg

P1220227.jpg

エビのシッポが長く伸びています。
P1220227-1.jpg

P1220227-2.jpg

強風を避け昼食を取りました。(~13:32分)
P1220228.jpg

P1220233.jpg

下山時またガスに覆われました。
P1220241.jpg

慎重に下って行きます。
P1220248.jpg

P1220249.jpg

P1220251.jpg

時々 北大船山稜線が見えています。
P1220252.jpg

樹氷の間を下って行きます。
P1220257.jpg

13:50分、段原通過 
P1220258.jpg

P1220260.jpg

真っ白な雪道は快適です。
P1220263.jpg

P1220265.jpg

ガスを抜けると下界が見えてきました。
P1220267.jpg

P1220270.jpg

14:39分 坊ヶツルに降りてきました。
P1220272.jpg

P1220273.jpg

避難小屋で休憩しました。(~14:48分)
P1220274.jpg

坊ヶツルを後にします。
P1220277.jpg

P1220278.jpg

P1220279.jpg

一瞬青空になりました。 平治岳がくっきり見えています。
P1220285.jpg

三俣山山頂が見えています。
P1220289.jpg

大船山も見えています。
P1220290.jpg

15:19分、分岐より大船林道を下って行きます。
P1220293.jpg

鳴子橋を渡って行きます。
P1220294.jpg

フワフワ雪で 雪遊び 
P1220296.jpg

P1220297.jpg

大船林道を下って行きます。
P1220300.jpg

15:45分、分岐より鳴子川沿いの登山道に入ります。
P1220302.jpg

真っ白な雪は快適です。
P1220303.jpg

P1220305.jpg

吉部の橋が見えてきました。
P1220308.jpg

16:27分、再度 大船林道に出合いました。
P1220309.jpg

吉部に向かいます。
P1220312.jpg

16:34分、吉部駐車場に戻ってきました。
P1220314.jpg
  1. 2017/01/22(日) 20:20:51|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<福万山登山(2017.1.29) | ホーム | 涌蓋山新年登山(2017.1.15)>>

コメント

おはようございます。
長者原でお会いした時はびっくりしました。
樹林帯を歩くときは風も気にならないのですが、坊がつるではふきっさらしで大変だったことでしょう。
私どもは山頂を踏まず、御池まででした。
展望もなし、強風で飛ばされそうになりましたよ。
またお暇な時にはお付き合いくださいませ。
  1. 2017/01/26(木) 09:15:52 |
  2. URL |
  3. 豊津の信ちゃん #CjR4k1/2
  4. [ 編集 ]

お返事

信ちゃん今晩は!
2月、3月は芸北、伯耆大山と雪山登山が計画されています。
今年は福寿草は何処か行かれますか?
  1. 2017/01/26(木) 19:57:56 |
  2. URL |
  3. カント #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/661-6874923e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる