FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

KAC冬季九重キャンプ2(2008.2.10~11)

(九重2日目)大船山 (九重1日目)よりご覧ください

九重2日目は 坊がつるより 段原を経由して大船山を往復し、北大船山を越え大戸越より 坊がつるに戻ってきます。テント撤収後、雨ヶ池をより長者原に帰ってくる予定です。
坊かつる



(九重2日目)大船山

翌朝は5:30分に起床しました。朝食を食べ、登山準備をします。
7時前には明るくなってきました。本日登る大船山の向こうに太陽が顔を出そうとしています。
2008.2.10、11九重キャンプ 181


三俣山が見え始めました。
2008.2.10、11九重キャンプ 182


7:10分に出発しました。
2008.2.10、11九重キャンプ 180


少し登った辺りから後ろを振り返ると、坊がつるの方向が明るく光っています。
2008.2.10、11九重キャンプ 188


北大船山をバックに一枚。
2008.2.10、11九重キャンプ 196


5合目展望台より坊がつるを望みます。絶景です。
2008.2.10、11九重キャンプ 202


段原には8:30分過ぎに到着しました。
2008.2.10、11九重キャンプ 203



段原より180°のパノラマです。
2008.2.10、11九重キャンプ 204

2008.2.10、11九重キャンプ 205

2008.2.10、11九重キャンプ 206

2008.2.10、11九重キャンプ 207

 
段原で少し休憩し、大船山山頂には 9:10分ごろ到着しました。
絶景をバックに山頂で記念写真を撮ります。
2008.2.10、11九重キャンプ 211

2008.2.10、11九重キャンプ 212


山頂より由布岳を望みます。
2008.2.10、11九重キャンプ 214


御池はしっかり凍っていました。
2008.2.10、11九重キャンプ 215


段原に戻り、北大船山に向かいます。ここよりしばらくラッセルが始まります。
果敢に鉄人Mさんが進んで行きます。後ろの木にはツララが下がっています。
途中ツララを口に含みましたが冷たく、なかなか味わいがありました。
2008.2.10、11九重キャンプ 225


北大船山の山頂です。
ここよりしばらくが最も雪の多いところでした。
2008.2.10、11九重キャンプ 227


雪の深いところを通り抜けました。ここより先はワカンを装着した先行者がおり、そのトレースをたどりましたので、楽に進むことが出来ました。遠く由布岳が見えています。
2008.2.10、11九重キャンプ 230


振り返れば大船山がくっきり見えています。
2008.2.10、11九重キャンプ 232


大戸越に向かって北大船山の北斜面を下っていきます。正面に坊がつるが見えています。
2008.2.10、11九重キャンプ 234


通常は通らないガラ場斜面を降りることが出来ました。
2008.2.10、11九重キャンプ 236


大戸越に到着しました。平治岳を見上げます。
2008.2.10、11九重キャンプ 239


大戸越でアイゼンを外し、坊がつるまで降りてきました。
下山後、昼食を取り テントを撤収後 雨ヶ池に向かい帰路に着きました。
重たい荷物を担ぎ、黙々と歩く一行です。
2008.2.10、11九重キャンプ 243


長者原には15:00分に到着しました。
最後に全員で記念写真を撮りました。お疲れ様でした。
2008.2.10、11九重キャンプ 244


最後に、2日とも天気に恵まれ、九重の雄大な景色を堪能することが出来ました。
雪山では紫外線が思いのほか強く、顔が真っ赤になりました。紫外線防止のクリームが必要でした。
帰りに九重観光ホテルにて温泉に入り、久留米には18:00分過ぎに到着しました。


  1. 2008/02/11(月) 21:53:49|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<黒髪山、青螺山KAC山行(2008.2.24) | ホーム | KAC冬季九重キャンプ1(2008.2.10~11)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/02/18(月) 23:57:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

お返事

マイブログに訪問いただき有難うございます。元気にやっています。
2/8日は 都城に行った帰り、Yさんと霧島(韓国岳)に登ってきました。
都城ではK元さんにお会いしました。相変わらず精力的に頑張っているようでした。又訪問ください。
  1. 2008/02/19(火) 20:40:59 |
  2. URL |
  3. カント #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/64-face6b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる