FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

脊梁・烏帽子岳登山(2015.5.17)

脊梁・烏帽子岳登山(2015.5.17)

山岳会の先輩が「脊梁・峰越峠」付近で行方不明になって1年が経過しました。
この間、何度もこの辺りの捜索が行われ、本日 区切りをつけるための捜索登山が行われました。
山岳会37名のメンバーが5班に分かれて入山し、私は烏帽子岳を往復しました。
今回は捜索を行いましたが セレモニー的な要素も含めており、峰越峠に花束を捧げ、深く黙とうしました。
天気も良く、烏帽子岳への縦走路は新緑がまぶしく輝いていました。

本日の軌跡
0烏帽子岳

6時に久留米を出発し、五家荘の峰越峠には9:30分過ぎに到着しました。
IMG_0001_20150518174309d03.jpg

この地は九州でも奥深い場所です。五家荘とは「久連子」「椎原」「樅木」「仁田尾」「葉木」の5集落をさします。
IMG_0001-2.jpg

丁度、烏帽子岳の山開きが行われていました。
IMG_0002_2015051817431143b.jpg

IMG_0003_20150518174314b13.jpg

IMG_0004_20150518174328c42.jpg

烏帽子岳方向に入山する人には「日本手ぬぐい」が配られていました。ゲット! 
IMG_0005-1.jpg

IMG_0005-2.jpg

9:50分、烏帽子岳登山口より入山します。
IMG_0007_20150518174332be3.jpg

整備された縦走路で、道を外さない限りは迷うことはありません。
IMG_0009_20150518174334f76.jpg

霧立の稜線が見えています。
IMG_0010_201505181743496f6.jpg

ブナの新緑が輝いていました。
IMG_0011_201505181743509cd.jpg

IMG_0012_20150518174352680.jpg

IMG_0016_20150518174353343.jpg

気持ちの良い縦走路です。
IMG_0017_20150518174355412.jpg

IMG_0019_2015051817441071d.jpg

10:11分、椎葉越を通過しました。「ぼんさん道峠」との標識があります。
IMG_0021_20150518174411c5d.jpg

IMG_0022_20150518174413e52.jpg

IMG_0023_20150518174414ad7.jpg

スッポンだけです。
IMG_0024_20150518174416097.jpg

縦走路を進んで行きます。
IMG_0027_20150518174431ea7.jpg

岩場を通過します。
IMG_0028_20150518174433da6.jpg

岩場の上からの景色。つつじの花が膨らんでいます。
この岩場より下にザイルを使って降り、確認したそうです。
IMG_0029_20150518174434455.jpg

IMG_0030_201505181744362ff.jpg

バイケイソウの花が咲き始めています。
IMG_0031_201505181744376d4.jpg

整備された縦走路です。
IMG_0033_2015051817445188d.jpg

IMG_0034_20150518174453856.jpg

IMG_0035_20150518174454a0f.jpg

IMG_0035-2.jpg

苔むした老木
IMG_0036_20150518174457e0a.jpg

IMG_0037_20150518174512186.jpg

ブナの大木
IMG_0040_20150518174513ca1.jpg

新緑が青空に映えます。
IMG_0044_201505181745159a1.jpg

IMG_0045_2015051817451608f.jpg

IMG_0050_201505181745186cc.jpg

11:24分、五勇山分岐に到着しました。
IMG_0054_2015051817453288d.jpg

IMG_0055_201505181745345bf.jpg

この辺りはシャクナゲの群落がありますが、今年は裏年で花芽が付いていません。
ポツポツ咲いていますが、終盤を迎えています。
IMG_0056_20150518174535feb.jpg

IMG_0057_20150518174537656.jpg

IMG_0058_2015051817453839b.jpg

IMG_0059_20150518174606e1c.jpg

11:30分、烏帽子岳山頂に到着しました。
IMG_0061_2015051817460767d.jpg

IMG_0062_20150518174609721.jpg

記念写真。
IMG_0063_201505181746106cd.jpg

IMG_0064_20150518174612404.jpg

山頂より進んできた稜線を確認できます。白鳥山、時雨岳が見えています。
IMG_0065_20150518174628a1c.jpg

絶景をバックに! 
IMG_0067_20150518174629c35.jpg

IMG_0068_20150518174631964.jpg

山頂の反対側には「普賢岳」が見えていました。
IMG_0069_20150518174632382.jpg

12:15分まで昼食休憩をとりました。
IMG_0071_20150518174634b7e.jpg

山頂付近はシャクナゲの群落がありました。満開だと素晴らしい景色が見られるでしょう。
IMG_0073_2015051817464997e.jpg

IMG_0076_20150518174650399.jpg

IMG_0082_201505181746523c9.jpg

五勇山分岐に戻り、五勇山方向に進んでみました。
IMG_0088_20150518174653c84.jpg

ユキザサの花です。
IMG_0089_201505181746550d8.jpg

バイケイソウの間を進んで行きます。
IMG_0097_20150518174713440.jpg

趣ある木
IMG_0099_2015051817471498e.jpg

12:38分、展望岩に着きました。この下もザイルで降り、確認しています。
IMG_0100_20150518174716d6f.jpg

IMG_0101_20150518174717a10.jpg

IMG_0103_20150518174718f95.jpg

絶景をバックに。
IMG_0106_20150518174733b9c.jpg

五勇山が見えています。
IMG_0107_2015051817473419f.jpg

時間の都合でここから折り返します。
IMG_0109_201505181747367a1.jpg

面白い木
IMG_0110_20150518174737d46.jpg

縦走路を戻って行きます。
IMG_0111_2015051817473943a.jpg

13:00分、分岐を通過しました。
IMG_0112_20150518174754e8e.jpg

一日中青空でした。
IMG_0113_201505181747567f9.jpg

ブナの大木の下で休憩。
IMG_0118_20150518174757d3a.jpg

IMG_0119_20150518174759d8e.jpg

IMG_0122_201505181748012ef.jpg

ギンリョウソウ 
IMG_0125_201505181748193ed.jpg

IMG_0128_201505181748204a5.jpg

IMG_0129_201505181748222a2.jpg

苔むした木
IMG_0131_2015051817482366f.jpg

ポイントポイントで藪を確認しながら戻って行きました。
IMG_0133_20150518174825d50.jpg

IMG_0136_201505181748409b9.jpg

14:27分、峰越峠に戻ってきました。
IMG_0139_20150518174841970.jpg

全員揃い、花束を捧げて黙とうしました。
IMG_0143_20150518174843fa5.jpg

IMG_0144_20150518174844e55.jpg

集合写真。
IMG_0145_2015051817484623f.jpg

斜面には山野草が可憐に咲いていました。
IMG_0146_20150518174858668.jpg

IMG_0147_2015051817490011c.jpg

峰越峠付近の捜索地図
捜索地図
  1. 2015/05/17(日) 17:40:53|
  2. 中央山地、宮崎の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雲仙・普賢岳「ミヤマキリシマ」(2015.5.24) | ホーム | 経読岳「シャクナゲ」(2015.5.10)>>

コメント

こんばんは。
捜索お疲れ様でした。
私も平尾台を何度か捜索で歩きましたが、とうとう見つからないままでした。
お花はユキザサですね。
  1. 2015/05/18(月) 22:07:50 |
  2. URL |
  3. 豊津の信ちゃん #CjR4k1/2
  4. [ 編集 ]

信ちゃん、おはようございます。
捜索は今回で一区切り付けることになりました。
場所が絞れるともう少し何とかなると思うのですが、
脊梁は奥が深いですから、大変です。
ユキザザ、ありがとうございます。早速記載しました。
山小屋、楽しそうですね! ゆっくりできそうですね。
24日、吹越から普賢岳に登ることにしました。
新道はまだ通れないようですね。
  1. 2015/05/19(火) 06:40:11 |
  2. URL |
  3. カント #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/549-27e45e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる