FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

久住山雪山(2013.1.27)

久住山雪山(2013.1.27)

1月の下旬に入り寒波が到来し、雪山を期待して久住山に行ってきました。参加者は16名で 雪装備をした3台の車に分乗して九重に向かいました。
牧ノ戸峠登山口より一般ルートを「久住分れ」まで進み、「久住分れ」より久住山西稜を登ることで計画していましたが、今年もこの辺りの雪の量が少なく、西稜に取り付くにはミヤマキリシマの群落の間を進む必要があった為、西稜登攀は断念しました。
その代り、ノーマルルートの西側に続く岩場ルートで山頂を目指しました。
久住山頂付近はガスが掛り、強風の吹く悪コンデションであった為、記念写真を撮り、早々に先に進むことにしました。
久住山より 神明水~稲星山~稲星越~白口分れ~東千里ヶ浜~池の小屋 と周回し、「池の小屋」で昼食をとった後、氷結した御池の上を横断し、「久住分れ」に戻ってきました。その後、往路と同じ道で牧ノ戸峠に下山しました。
一日中、どんよりとした曇り空で 標高の高いところはガスが掛り、周りの景色は見通せませんでしたが、氷点下の登山道はガチガチに凍り、霧氷の付いた樹木の景色を眺めがら雪の登山道を快適に歩いてきました。
下山後、黒川温泉で入湯し、18時30分頃久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
0九重耐寒訓練

6時に久留米を出発し、8時30分前に牧の戸峠の駐車場に着きました。
P1270001.jpg

P1270002.jpg

駐車場にはたくさんの車が停まっています。
P1270003.jpg

登山準備をしました。本日は登山口からアイゼンを装着しました。
P1270006.jpg

P1270008.jpg

木々に霧氷がついています。
P1270009.jpg

8:45分、登山口を出発しました。
P1270016.jpg

雪道を登って行きます。
P1270019.jpg

霧氷のトンネルです
P1270022.jpg

展望台まで登って来ました。
P1270023.jpg

三俣山の山頂にガスが掛っています。
P1270025.jpg

更に登って行きます。
P1270026.jpg

遊歩道終点の展望台に着きました。
P1270029.jpg

P1270030.jpg

長者原方向です。
P1270032.jpg

星生山にはガスが掛っています。
P1270036.jpg

周りは凍っています。
P1270037.jpg

霧氷の木立の中に入って行きます。
P1270038.jpg

霧氷のトンネルを進んでいきました。
P1270039.jpg

P1270040.jpg

P1270043.jpg

9:19分、沓掛山を通過し、下って行きます。
P1270046.jpg

正面に縦走路が続いています。
P1270049.jpg

縦走路を進んでいきました。
P1270051.jpg

P1270056.jpg

P1270057.jpg

登山道は凍っています。
P1270059.jpg

P1270060.jpg

P1270061.jpg

周りの霧氷が大きくなってきました。
P1270064.jpg

P1270066.jpg

霧氷の木立の間を進んでいきました。
P1270067.jpg

P1270068.jpg

10:00分、扇ヶ鼻分岐に着きました。
P1270071.jpg

ここで休憩します。
P1270075.jpg

更に進み、星生山分岐を通過します。
P1270076.jpg

西千里ヶ浜を進んでいきました。
P1270078.jpg

P1270079.jpg

星生崎の下を通過します。
P1270080.jpg

P1270085.jpg

左下に避難小屋が見えてきました。
P1270087.jpg

久住山が見えています。西稜付近の雪は少ないようです。
P1270090.jpg

星生崎付近の雪も少ないようです。
P1270095.jpg

10:40分、避難小屋に到着しました。
P1270098.jpg

雪が少ないため、久住山西稜登攀は断念し、ノーマルルート横の岩場ルートを登って行きました。
P1270100.jpg

P1270105.jpg

久住山山頂直下に登り上がりました。
P1270109.jpg

P1270113.jpg

P1270114.jpg

P1270116.jpg

久住山山頂には11:25分に到着しました。山頂写真を撮りました。
P1270118.jpg

P1270119.jpg

KAC入会予定のHさん、T田さん、新人係りのS藤さん、です。
P1270121.jpg

ガスの中、久住山より稲星山に向かいます。
P1270122.jpg

P1270125.jpg

P1270126.jpg

神明水に一旦下り、稲星山に登り返します。
P1270128.jpg

P1270129.jpg

P1270131.jpg

12:14分、稲星山に到着しました。しっかり凍っています。
P1270134.jpg

強風の中、山頂写真を撮りました。
P1270135.jpg

P1270137.jpg

白口分れに直接下る予定でしたが、ルートを間違い 稲星越に降りて行きました。
P1270138.jpg

P1270139.jpg

P1270142.jpg

稲星山の裾を回り、「白口分れ」に向かいます。この辺りは雪が多く霧氷の木立の間を進んでいきました。
P1270145.jpg

P1270146.jpg

P1270148.jpg

12:50分、「白口分れ」を通過しました。正面は中岳です。
P1270149.jpg

「東千里ヶ浜」より「池の小屋」に登って行きました。
P1270152.jpg

P1270153.jpg

「池の小屋」には13:05分に着きました。
P1270157.jpg

ここで、13:30分まで昼食休憩を取りました。
P1270158.jpg

小屋の周りはしっかり凍っています。
P1270159.jpg

P1270160.jpg

昼食後、御池に降りて行きました。
P1270161.jpg

P1270163.jpg

P1270165.jpg

P1270169.jpg

P1270171.jpg

氷結した湖面の上を歩いて行きます。
P1270174.jpg

P1270177.jpg

湖面の上で記念撮影。
P1270178.jpg

P1270179.jpg

対岸に登り上がりました。
P1270180.jpg

「久住分れ」に向かいます。
P1270183.jpg

「久住分れ」は13:45分に通過しました。
P1270184.jpg

往路を戻って行きます。星生崎下を通過しました。
P1270188.jpg

振り返ると久住山が霞んでいます。
P1270189.jpg

「西千里ヶ浜」を戻って行きました。
P1270191.jpg

本日は終日 氷点下で霧氷のトンネルはそのままです。
P1270192.jpg

沓掛山が見えてきました。
P1270196.jpg

14:48分、沓掛山下の岩場を通過しました。つららに霧氷がついています。
P1270197.jpg

霧氷のトンネルを通過します。
P1270198.jpg

P1270200.jpg

展望台より扇ヶ鼻方向を望みます。
P1270201.jpg

牧の戸峠が見えてきました。
P1270205.jpg

遊歩道を下って行きます。
P1270206.jpg

P1270207.jpg

P1270209.jpg

15:09分、登山口に到着しました。
P1270210.jpg

P1270211.jpg

雪だるまが出迎えてくれました。
P1270213.jpg
  1. 2013/01/27(日) 20:33:33|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<深入山スノーハイク(2013.2.17) | ホーム | 元越山(2013.1.20)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/403-6f7fced7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる