FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

九重 中岳~鳴子山周回(2012.7.8)

九重 中岳~鳴子山周回(2012.7.8)

7月8日は快晴の予報で、梅雨の合間、久しぶりに爽やかな山行が期待できます。
そこで、九重山系の中で兼ねてより行きたいと思っていた鳴子山の南東尾根「鳴子新道」を登ることにしました。また、鳴子山のオオヤマレンゲも終盤を迎えていますが少しぐらい残っていることを期待しましょう!
本日のルートは沢水展望台より「沢水~くたみわかれ~鍋割峠~佐渡窪~鉾立峠~法華院~白口谷~白口わかれ~中岳~池ノ小屋~神明水~稲星山~稲星越~鳴子山~鳴子新道~くたみわかれ~沢水」と周回しました。当初の計画は鳴子新道を登るつもりにしていましたが、尾根の取り付きを通過してしまい、思惑とは逆ルートの周回となりました。
時折 ガスが掛っていましたが、天気は概ね快晴で風の通るところでは涼しい風が吹いており、大変満足いく爽やかな山行でした。
鳴子山には大勢の登山者が訪れていましたが オオヤマレンゲの花は終末を迎え、わずかに確認できる程度でした。

本日の軌跡
0鳴子山

5時半過ぎに久留米を出発し、沢水展望台には7時半過ぎに到着しました。
車が何台か停まっていました。
IMG_0001_20120709203820.jpg

登山準備をし、7:42分 舗装された遊歩道を進んでいきました。
IMG_0003_20120709203821.jpg

8:02分、「くたみ岐れ」を通過します。
IMG_0005_20120709203821.jpg

当初の計画では「くたみわかれ」の先より鳴子新道を登るつもりにしていましたが、分岐を通り過ぎてしまい、思惑とは逆ルートで周回することにしました。先を進み、8:41分 鍋割峠を通過しました。
IMG_0006_20120709203822.jpg

鍋割峠を下り佐渡窪に到着すると 湿原を渡る木道が水没して通れない状態でした。
このような場合のために 迂回路が設けられています。初めて迂回路を通りました。
IMG_0007_20120709203855.jpg

佐渡窪を横切ると正面に「白口岳」が見え始めました。快晴です。
IMG_0010_20120709203856.jpg

更に左方向には後で越える「鳴子山」が見えています。
IMG_0011_20120709203856.jpg

少し上った所から佐渡窪を見下ろすと水が溜まった池が確認できました。
IMG_0012_20120709203857.jpg

前方のスカイラインは本日最後に下る「鳴子新道」のラインです。
IMG_0014_20120709203857.jpg

9:18分、鉾立峠に着きました。白口岳に続く登山道が見えています。
ここから白口岳に登ってもいいのですが、本日はさらに先に進みます。
IMG_0017_20120709203932.jpg

正面に三俣山が青空に映えてくっきり見えています。
IMG_0018_20120709203933.jpg

先を進み、法華院温泉が見えてきました。
IMG_0020_20120709203933.jpg

右手には 坊がつるの向こうに「平治岳」がが見えています。
IMG_0021_20120709203933.jpg

法華院温泉には9:46分に到着しました。自動販売機でコーラを買い、少し休憩しました。
IMG_0024_20120709203934.jpg

法華院より少し戻り、白口谷の取り付より白口谷を登って行きました。途中、決壊している場所があり、この登山道は「通行注意」との連絡が出されています。自己責任で登りました。
IMG_0027_20120709204015.jpg

沢を通過する場所があります。正面のケルンの先で右の登山道に入ります。
久しぶりに白口谷を登りましたが、以前とは変わっていません。天候が悪くないならば通過は問題ないと思います。
これくらいの登山道は「福智山山系」「英彦山山系」にも頻繁にみられる程度のものです。
IMG_0030_20120709204016.jpg

正面に「稲星山」が見えてきました。後であの山頂を通過します。
IMG_0031_20120709204016.jpg

11:21分、「白口分れ」に到着しました。
IMG_0033_20120709204017.jpg

登ってきた白口谷を振り返ります。
IMG_0035_20120709204017.jpg

少し休憩し、中岳に登って行きました。途中、「白口分れ」を見下ろします。
真っ直ぐに「稲星山山頂」への登山道、左前方には「稲星越」への登山道が確認できます。
左からの登山道はさっき登ってきた白口谷の登山道で、右方向は「東千里ヶ浜」を横断する登山道です。
IMG_0041_20120709204057.jpg

左手に「天狗ヶ城」その下に「御池」が見えています。
IMG_0042_20120709204057.jpg

中岳山頂には11:49分に到着しました。本日はたくさんの登山者がいました。
IMG_0046_20120709204057.jpg

IMG_0048_20120709204058.jpg

記念写真を撮りました。
IMG_0049_20120709204058.jpg

山頂で昼食を取り、12:11分、下って行きました。
IMG_0051_20120709204144.jpg

正面は「天狗ヶ城」です。途中左折します。
IMG_0053_20120709204145.jpg

御池の横を通過します。
IMG_0055_20120709204145.jpg

池の小屋に着きました。
IMG_0058_20120709204146.jpg

御池の横の登山道を登り、小高い丘に向かいました。
IMG_0059_20120709204146.jpg

丘の上には慰霊碑が立っていました。この場所は始めて来ました。
IMG_0060_20120709204223.jpg

登山道を戻り、東千里ヶ浜を横断し、12:40分、南登山道の降り口に着きました。
IMG_0062_20120709204223.jpg

ここに「神明水」が湧き出ています。冬は凍結していますが、本日は大量の水が噴き出していました。
ここで水を補給しました。
IMG_0063_20120709204223.jpg

稲星山に登って行きます。左手にさっき立ち寄った「慰霊碑」が見えています。
斜めの線は降りてきた道です。
IMG_0067_20120709204224.jpg

稲星山の山頂が見えてきました。
IMG_0068_20120709204224.jpg

稜線に登り上がると左手に「東千里ヶ浜」とその向こうに中岳~天狗ヶ城が見えています。
IMG_0069_20120709204306.jpg

もう直ぐ稲星山山頂です。稲星山の山頂は赤土の露岩です。
IMG_0070_20120709204307.jpg

13:00分、稲星山山頂に着きました。
IMG_0073_20120709204307.jpg

岩の陰に 観音様の像があります。
IMG_0076_20120709204308.jpg

山頂より、登ってきた白口谷を見下ろすことが出来ます。正面に坊ヶつるが見えています。
IMG_0077_20120709204308.jpg

稲星越に降り(13:25)、鳴子山に向かいました。途中、ドウダンの花が終盤を迎えています。
IMG_0083_20120709204357.jpg

左下に「片ヶ池」が見えています。
IMG_0085_20120709204358.jpg

山頂手前に「オオヤマレンゲ」の木がありますが、もうほとんど花は咲いていませんでした。
本日の美人です。
IMG_0086_20120709204358.jpg

IMG_0087_20120709204358.jpg

鳴子山山頂には13:53分に到着しました。
IMG_0093_20120709204359.jpg

IMG_0094_20120709204444.jpg

沢水方向を見下ろします。
IMG_0103_20120709204445.jpg

来た方向を振り返ります。正面の岩場を越えてきました。稲星山、中岳、共にさっき通過した山です。
IMG_0105_20120709204445.jpg

左下には午前中通過した「鉾立峠」が見えています。
IMG_0106_20120709204445.jpg

鳴子山を越え、14:03分、「鳴子新道」を下って行きました。
途中、シモツケソウが咲いています。
IMG_0112_20120709204446.jpg

IMG_0113_20120709204530.jpg

白糸草が咲いています。
IMG_0114_20120709204530.jpg

IMG_0115_20120709204531.jpg

鳴子新道の途中より、鳴子山を振り返ります。
IMG_0116_20120709204531.jpg

鳴子新道を下り切り、15:01分、朝通過した登山道に出会いました。
昔、分岐点にはケルンがありましたが、今は奥に赤テープがあるのみです。
IMG_0120_20120709204532.jpg

「くたみわかれ」を通過し、舗装された遊歩道を戻って行きました。疲れた足には舗装道路は応えます。
IMG_0121_20120709204558.jpg

沢水展望台には 15:30分に到着しました。
IMG_0125_20120709204559.jpg

帰りに「久住高原荘」で入湯しました。以前は夕方に「立ち寄り湯」は閉めていましたが、今はPM10時ぐらいまでお風呂に入ることが出来るそうです。(500円)
日田より高速を利用し、久留米には18:30分頃戻って来ました。
IMG_0127_20120709204559.jpg
  1. 2012/07/08(日) 20:35:38|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天山山行(2012.7.15) | ホーム | 三郡山~宝満山周回(2012.7.1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/369-c132810e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる