FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

阿蘇 高岳山行(2012.6.10)

阿蘇 高岳山行(2012.6.10)

阿蘇の高岳のミヤマキリシマのいい時期になり、高岳に行ってきました。
当初の計画は 阿蘇ロープウエイの火口西駅より 「火口西駅~砂千里ヶ浜~中岳~高岳~天狗の舞台~高岳東峰」と進むつもりで、ロープウエイ駅を8:30分に出発し 砂千里ヶ浜の前まで来ましたが、この日は北寄りの風が強く吹いており 噴煙ガスが砂千里ヶ浜周辺にに停滞していました。
近づくと鼻と目に刺激があり 通過するのが困難と判断したため、ロープウエイ駅駐車場に引き返しました。
そこで噴煙の風上の仙酔峡からは問題なく登れるだろうとのことで、急遽、仙酔峡登山口に移動し、仙水尾根より高岳を目指しました。
移動、諸々で2時間ぐらいのタイムロスがありましたが、仙酔峡~仙酔尾根~稜線~天狗の舞台~高岳東峰~月見小屋~高岳~仙水尾根~仙酔峡 と周回し、14:30分過ぎには下山することが出来、事なきを得ました。
天狗の舞台下のミヤマキリシマは盛りを過ぎていましたが、天気も良く涼しい風が吹いて、下界の眺望を十分に楽しむことが出来ました。

本日の軌跡
0阿蘇高岳

久留米を6:00分に出発し、8時過ぎに阿蘇ロープウエイ駅駐車場に着きました。登山準備をします。
IMG_0001_20120611201651.jpg

駐車場横の広場で準備運動しました。
天気も良く、この時はこの後起こるトラブルを予想だにしていませんでした。
IMG_0008_20120611201652.jpg

本日は有望な若手2名の入会希望者が参加しており、テスト山行でした。
IMG_0009_20120611201653.jpg

8:30分に遊歩道を火口西駅に向け登って行きました。
IMG_0013_20120611201655.jpg

砂千里ヶ浜の前まで行くと、北風で吹き降ろされた噴煙ガスが広場全体に充満していました。
鼻や目に刺激が起こり、砂千里ヶ浜を通過するのが困難と判断し、引き返すことにしました。
IMG_0015_20120611201731.jpg

急遽、バスに乗り込み 噴煙の風上側の仙酔峡に移動しました。仙酔峡には9:30分過ぎに到着しました。
IMG_0017_20120611201732.jpg

高岳がくっきり見えています。
IMG_0018_20120611201733.jpg

虎ヶ峰、鷲ヶ峰が輝いています。
IMG_0019_20120611201734.jpg

9:45分、仙酔峡登山口「花酔い橋」を渡って行きます。
IMG_0022_20120611201735.jpg

ミヤマキリシマの群落の横を登って行きます。この辺りの見ごろは1ヶ月ぐらい前です。
IMG_0025_20120611201810.jpg

仙酔尾根に取り付きます。
IMG_0028_20120611201811.jpg

IMG_0031_20120611201812.jpg

少し上った所から仙酔峡を見下ろします。
IMG_0035_20120611201814.jpg

岩場の急登を登って行きます。
IMG_0036_20120611201815.jpg

IMG_0042_20120611201857.jpg

IMG_0047_20120611201858.jpg

鷲ヶ峰が横に見えてきました。
IMG_0048_20120611201859.jpg

岩場のトラバース
IMG_0052_20120611201900.jpg

仙酔尾根のラインがよくわかります。
IMG_0053_20120611201901.jpg

さすがに山岳会に所属しているメンバーで元気です。ゆっくり登って行きました。
IMG_0055_20120611201944.jpg

IMG_0056_20120611201945.jpg

IMG_0058_20120611201946.jpg

11:45分、稜線に登り上がりました。天狗の舞台に向かいます。
IMG_0061_20120611201948.jpg

マイヅル草が咲いています。少し時期が過ぎています。
IMG_0062_20120611201949.jpg

天狗の舞台が見えてきました。
IMG_0066_20120611202034.jpg

ミヤマキリシマは終盤に差し掛かっていました。
IMG_0070_20120611202035.jpg

イワカガミも時期が過ぎています。
IMG_0072_20120611202036.jpg

12:00分、天狗の舞台に着きました。大御所2名の方々です。
IMG_0078_20120611202037.jpg

天狗の舞台で12:30分まで昼食休憩をしました。
IMG_0079_20120611202038.jpg

IMG_0081_20120611202136.jpg

ガスが掛っています。
IMG_0082_20120611202137.jpg

集合写真を撮りました。
IMG_0085_20120611202139.jpg

本日、テスト山行の2名です。最近、若手の入会者が続いています。
IMG_0087_20120611202140.jpg

高岳東峰に移動しました。根子岳が霞んでいます。
IMG_0095_20120611202141.jpg

月見小屋に降りて行きました。
IMG_0096_20120611202225.jpg

IMG_0097_20120611202226.jpg

ミヤマキリシマが少し残っていました。
IMG_0100_20120611202227.jpg

IMG_0101_20120611202228.jpg

火口に降りてきました、見上げると天狗の舞台
IMG_0103_20120611202229.jpg

月見小屋の横を通り、火口を横断していきます。
IMG_0106_20120611202314.jpg

右手には高岳からの稜線に登山者が通るのが見えています。
IMG_0107_20120611202315.jpg

火口の端から天狗の舞台を振り返ります。
IMG_0110_20120611202316.jpg

火口端より 高岳に登って行きました。
IMG_0111_20120611202317.jpg

本日通るはずだった中岳からの稜線が見えています。
IMG_0112_20120611202319.jpg

正面には天狗の舞台の横に根子岳の天狗峰が見えています。
IMG_0113_20120611202359.jpg

13:05分、高岳に到着しました。
IMG_0115_20120611202400.jpg

天狗の舞台をバックに
IMG_0118_20120611202402.jpg

中岳の向こうに噴煙が見えています。まだ、反対方向に流れています。
IMG_0121_20120611202403.jpg

高岳を下りて行きます。
IMG_0123_20120611202404.jpg

仙酔尾根の取り付より下って行きました。
IMG_0127_20120611202454.jpg

IMG_0131_20120611202455.jpg

IMG_0132_20120611202456.jpg

虎ヶ峰がくっきり見えています。
IMG_0133_20120611202457.jpg

急坂の下りは大変です。
IMG_0141_20120611202458.jpg

仙酔峡が見えてきました。
IMG_0143_20120611202544.jpg

右手には鷲ヶ峰が見えています。
IMG_0144_20120611202545.jpg

2010.10.31日にはあの山頂に立っていました。
IMG_0145_20120611202546.jpg

仙酔峡に着きました。
IMG_0148_20120611202547.jpg

14:35分、花酔い橋を渡ります。
IMG_0150_20120611202549.jpg

花酔い橋より名残の1枚
IMG_0151_20120611202603.jpg
  1. 2012/06/10(日) 20:14:09|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<富士山登山のご案内 | ホーム | 霧島 甑岳登山(2012.6.1)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/06/15(金) 17:59:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

了解しました。
告知内容を下記アドレスにメールしてください。
当ブログで告知いたします。
kanto2525ohta@yahoo.co.jp

久留米近郊の方を対象とされるのならば私の所属する「久留米山岳会」の方へも連絡してみてはどうですか?
久留米山岳会のHPよりアクセスできます。
  1. 2012/06/16(土) 07:55:09 |
  2. URL |
  3. カント #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/365-1110ebb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる