FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

福岡県横断縦走(4日目) 「斫石峠~小石原」

本レポートは 2007年5月13日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。
Uraさんのサイト「阿蘇風景写真館」に寄稿レポートとして 投稿しています。


福岡県横断縦走(4日目)
4日目(2007年5月13日 斫石峠~小石原)

KACのY元先輩より「斫石峠~小石原間の峰入り道を歩かないか」とのお誘いを受け、丁度 福岡横断縦走のルートと重なるため、これ幸いに参加することにしました。
まず、小石原の行者堂横の駐車場に車を1台デポし、1台の車で斫石峠に向かいました。
以前、ここより大日ヶ岳、釈迦が岳に登ったことがあり、本日は2回目でした。
天気も良く、尾根筋は爽やかな風が吹き、昨日の雨で新緑が浮き立ってとてもいい一日でした。
本コースは林道出合から陣尾の間が「糸ヶ峰」、「笈つり」、「貝つり」と岩場が連続し、緊張する場面が続きます。さすがKACで鍛えられているメンバーで難無く通過しました。
下山後、行者堂、行者杉を見学し、甘木の卑弥呼の湯に入り5時前に久留米に帰ってきました。

本日の軌跡
041B.jpg


斫石峠より早速 岩下りがあります。
写真042

写真043


大日ヶ岳へ 急登を登っていきます。
写真044


途中、あちこちに「ギンリョウソウ」が出ていました。
写真045


大日ヶ岳山頂より 岳滅鬼山を望みます。いい天気です。そのうち、岳滅鬼山~英彦山を縦走します。
写真046


本日、ご一緒しているメンバーです。皆さん健脚ぞろいです。
写真047


林道出合より陣尾の区間は 岩場が連続します。余裕で岩場を通過している一行です。
写真048


糸ヶ峰を通過
写真049

写真050


この後も「笈つり」、「貝つり」と岩場が続きます。
写真051


尾根が広く開けた陣尾で昼食をとりました。
写真052


陣尾より小石原方向に下り、行者堂横に出てきました。行者堂付近の「修験の路」の碑です。
写真053


更に進むと 行者杉の中でも幹の太い、樹齢600年の「大王杉」があります。
写真054


この杉は「行者の父」と呼ばれています。
写真055



  1. 2007/05/13(日) 07:28:58|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<津波戸山 KAC山行(2007.5.27) | ホーム | 福岡県横断縦走(3日目)「脊振山~基山」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/24-f1559f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる