FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

六甲山「魚屋道」(2010.5.29)

六甲山「魚屋道」(2010.5.29)

5/29日、神戸 有馬温泉で大学のミニ同窓会が開催されました。
翌日が現地解散になっていたため 当初、有馬温泉から六甲を越え 神戸まで歩こうかと思っていましたが、山に登った後の「温泉、ビール」の方がより満足度が高い為、当日 神戸より六甲を越えて有馬温泉に入ることにしました。色々調べてみると 昔 神戸の深江浜から魚を有馬温泉まで運んでいた「魚屋道 ととやみち」なる登山道があることを知り、この道を歩くことにしました。
福岡より一便で伊丹に降り、魚屋道の起点のある阪神深江駅に移動し、阪神深江駅より魚屋道を六甲山~有馬温泉と縦走しました。さすが関西ではメジャーな山であり、途中の「風吹岩」や「六甲山山頂」にはたくさんの登山者がいました。登山道は整備されて歩きやすく、又大半は木立のトンネルで、快晴かつ爽やかな風が吹いており、気持ちよく歩くことが出来ました。
下山後、有馬温泉での入湯、風呂上りのビールと至福の時を過ごした事は言うまでもありません。

本日の軌跡
六甲山

六甲山1

六甲山2

福岡空港より一便で大阪伊丹空港へ向かいました。一便はプロペラ機で久しぶりに地上から乗り込みました。
IMG_4044.jpg

IMG_4045.jpg

IMG_4046.jpg

伊丹空港に到着しました。この空港に降り立つのも「ウン十年」ぶりでしょうか?
IMG_4058.jpg

モノレール~阪急電車~阪神電車と乗り継ぎ、神戸の阪神深江駅に移動しました。
この駅の直ぐ横の神社の脇に本日歩く「魚屋道 ととやみち」の起点があります。10:00分出発しました。
IMG_4060.jpg

IMG_4061.jpg

六甲山に向け街を通り抜けていきます。
IMG_4063.jpg

直ぐに「赤鳥居」の横を通り抜けます。
IMG_4066.jpg

阪急電車の高架をくぐり進んで行きます。
IMG_4068.jpg

「森稲荷神社」の左横の道を登って行きます。
IMG_4069.jpg

閑静な住宅街の急坂を登って行きます。
IMG_4072.jpg

途中「甲南女子大学」の門の横を通り過ぎます。
IMG_4074.jpg

直ぐに道は突き当たり、ここに登山道の入口があります。登山口には10:24分に到着しました。
IMG_4075.jpg

IMG_4077.jpg

以降、標識に従い登って行きました。
IMG_4083.jpg

10:50分、「蛙岩」に到着しました。
IMG_4088.jpg

木立のトンネルの登山道は快適です。
IMG_4089.jpg

IMG_4091.jpg

IMG_4093.jpg

11:22分「風吹岩」に到着しました。ここには色んなルートで上がって来れるようです。たくさんの登山者で溢れていました。ここで11:34分まで昼食休憩をとりました。
IMG_4097.jpg

IMG_4098.jpg

ここより神戸の街を見下ろすことが出来ます。
IMG_4099.jpg

IMG_4103.jpg

先を進みます。
IMG_4108.jpg

途中「芦屋カントリー倶楽部」のゴルフ場を通り向けて行きました。
IMG_4109.jpg

12:15分、雨ヶ峠に到着しました。ここには東屋が有り、たくさんの人が昼食を採っていました。
ここで昼食休憩でもよかったかも! ここに「東お多福山」に登る分岐が有ります。
IMG_4111.jpg

雨ヶ峠よりしばらく登ると車道を横切り、川を2ヶ所横切っていきます
IMG_4115.jpg

IMG_4117.jpg

ここより このルートの最大の難関「七曲り」の急登を登って行きます。
甲南大学の学生さんの後ろを着いて登りました。中々快調なペースです。
IMG_4121.jpg

IMG_4122.jpg

山つつじの花が見頃を迎えていました。
IMG_4125.jpg

IMG_4126.jpg

IMG_4128.jpg

山頂直下の「一軒茶屋」には13:05分に到着しました。
IMG_4130.jpg

IMG_4131.jpg

ここより山頂を往復しました。山頂には13:14分に到着しました。
IMG_4135.jpg

山頂の標高は阪神淡路大震災で 12cm 隆起したようです。
IMG_4137.jpg

山頂にはたくさんの登山者が休憩していました。
IMG_4141.jpg

神戸の絶景を望むことが出来ます。
IMG_4146.jpg

一軒茶屋に戻り、13:30分 魚屋道を有馬温泉に向け下って行きました。
IMG_4149.jpg

ここからの道は広く、とても歩き易い登山道です。
IMG_4150.jpg

IMG_4153.jpg

IMG_4158.jpg

IMG_4160.jpg

14:20分 魚屋道の終点に到着しました。
IMG_4165.jpg

IMG_4167.jpg

終点前後に「虫地獄」「鳥地獄」の碑があります。
IMG_4168.jpg

IMG_4170.jpg

有馬温泉街に向かいます。途中、「炭酸泉源広場」に立ち寄りました。
IMG_4173.jpg

IMG_4176.jpg

有馬温泉街を抜けて行きました。
IMG_4180.jpg

足湯があります。
IMG_4181.jpg

「猿回し」も出ています。
IMG_4185.jpg

本日の宿泊所「有馬ビューホテル」には14:46分に到着しました。
この後、温泉「太閤の湯」に入り、風呂上りのビールは最高でした。
IMG_4187.jpg
  1. 2010/05/29(土) 09:45:33|
  2. 九州外の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天山「ミヤマキリシマ」(2010.6.2) | ホーム | 宝満山「猫谷川新道」(2010.5.27)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/236-a938a357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる