FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

英彦山 北西尾根山行(2008.11.9)

英彦山 北西尾根山行(2008.11.9)

英彦山の北西尾根を登ってきました。
このコースは何年か前よりネット上で紹介されており 一度は登ってみたいと思っていました。
今回のメンバーはKACの新旧副会長4名、鉄人Mさんを含む岩組みの皆さん、この山域に精通しているY元奥さん等 精鋭18名になりました。今回のルートは一般登山道とは違い、難路が予想されるため 心強いメンバーがそろいました。
6:00分マイクロバスにて競技場を出発し 英彦山の鷹ノ巣高原ホテル下駐車場には8:00分前に到着しました。早速 登山準備をし8:00分に駐車場を出発、九州自然歩道を豊前坊方向に登っていきました。途中 英彦山野営場バンガロー横の階段より北西尾根に入っていきます。階段の先に続く尾根道を 野鳥観察小屋~野鳥観察路出合~ブナの木~岩場 と進み北西尾根の上部に着きました。そこより、最後にスズタケの中をヤブコギで 15分進むと正面登山道に飛び出しました。そのまま正面登山道を登り 英彦山中岳山頂には10:05分に到着しました。
健脚メンバーに引っ張られ 思った以上に早く山頂に着いた為 さらに南岳を往復することにしました。南岳到着後 帰りは女道を通り 10:55分中岳山頂に引き返してきました。 山頂の気温は3度で強風が吹いていた為 体感温度はもっと低く感じました。強風を避け、山頂下の中岳休憩所でY元奥さんが用意してくれた「生姜湯」で温まり 11:25分まで昼食休憩としました。昼食後 下山は正面登山道を途中まで下り、紅葉谷分岐より紅葉谷に沿って下っていきました。さらに途中の観察路入口より右折し、紅葉谷を横切った後 野鳥観察路を北西尾根方向に戻ってきました。午前中登って来た道に合流後、さらに先に進みスキー場に降りてきました。スキー場で小休止し、スキー場より九州自然歩道を出発点の駐車場に戻って来ました。 駐車場には 13:20分に到着しました。
英彦山北西尾根は「紅葉の尾根道」「岩場」「ヤブコギ」とバラエティーに富んだコースで 急登で苦労する場所はありましたが、さしたる危険個所もなく 楽しく登ることが出来ました。また英彦山の紅葉が真っ盛りで 紅葉谷では赤、黄色に色づいた木々、及び 地面に敷き詰められた赤、黄の落ち葉を十分に堪能することが出来ました。
甘木観光ホテルで入湯し、久留米には16:30分過ぎに戻ってきました。

本日の軌跡
英彦山1

鷹ノ巣高原ホテル下駐車場にてM井副会長の号令で準備体操をします。
2008.11.9英彦山北西尾根 004

8:00分駐車場を出発、地蔵坂を越え九州自然歩道を登って行きました。
2008.11.9英彦山北西尾根 010

2008.11.9英彦山北西尾根 015

英彦山野営場に到着しました。
2008.11.9英彦山北西尾根 020

2008.11.9英彦山北西尾根 021

バンガロー横に階段があり 北西尾根の入口になっています。
2008.11.9英彦山北西尾根 022

階段を登っていきました。
2008.11.9英彦山北西尾根 025

落ち葉の敷きつめられた尾根道は快適です。
2008.11.9英彦山北西尾根 032

2008.11.9英彦山北西尾根 037

8:20分 野鳥観察小屋に着きました。衣類調整を行います。
2008.11.9英彦山北西尾根 042

小屋の屋根の紅葉の落葉は雰囲気があります。
2008.11.9英彦山北西尾根 043

さらに観察路交差点を突き進み、北西尾根を登っていきます。途中の台地で休憩しました。
2008.11.9英彦山北西尾根 067

さらに落ち葉の尾根を進んで行きました。
2008.11.9英彦山北西尾根 073

落ち葉の道を登り詰め、ここから藪に入ります。慎重にルートを確認しながら進んで行きました。
2008.11.9英彦山北西尾根 078

ブナの木を過ぎ、岩場に着きました。これは岩の右側のルートです。
2008.11.9英彦山北西尾根 080

今回は岩の左側のルートを登りました。共にロープが掛かっています。
2008.11.9英彦山北西尾根 084

慎重に岩場を登り詰めます。上から絶景を眺めることが出来ました。
2008.11.9英彦山北西尾根 089

2008.11.9英彦山北西尾根 094

2008.11.9英彦山北西尾根 096

2008.11.9英彦山北西尾根 102

平坦な道をしばらく進み、最後のスズタケの藪に入って行きます。
2008.11.9英彦山北西尾根 105

前方に中岳山頂の社殿が見えてきました。
2008.11.9英彦山北西尾根 118

首まで浸かった藪を進んで行きます。そんなに深い藪ではなく、平泳ぎで進んで行きました。
2008.11.9英彦山北西尾根 120

2008.11.9英彦山北西尾根 123

情報では山頂横の休憩所を目指して左方向に進むとのことですが 本日は真っ直ぐ 強行突破しました。
2008.11.9英彦山北西尾根 126

正面登山道に飛び出しました。次から次へと飛び出してくる人を見て、正面登山道を登ってくる人はびっくりしていました。 
2008.11.9英彦山北西尾根 131

2008.11.9英彦山北西尾根 133

2008.11.9英彦山北西尾根 135

そのまま 正面登山道を登って行きました。
2008.11.9英彦山北西尾根 137

英彦山中岳山頂には 10:05分に到着しました。
2008.11.9英彦山北西尾根 142

時間があったので南岳を往復することにしました。南岳への道の紅葉は見事でした。
2008.11.9英彦山北西尾根 144

2008.11.9英彦山北西尾根 145

2008.11.9英彦山北西尾根 150

途中、中岳を振り返ります。ガスでよく見えません。昨年も同じ時期(11/10日) 福岡横断縦走の中でここを通過しました。その時もガスでよく見えませんでした。昨年に引き続き今年もガスが掛かってしまいました。残念!
2008.11.9英彦山北西尾根 154

南岳山頂で集合写真を撮りました。
2008.11.9英彦山北西尾根 156

下りは鬼杉方向に一旦降り、女道を通りました。
2008.11.9英彦山北西尾根 160

2008.11.9英彦山北西尾根 161

途中の紅葉もいい感じでした。
2008.11.9英彦山北西尾根 162

2008.11.9英彦山北西尾根 172

中岳に向けジグザグに登って生きます。
2008.11.9英彦山北西尾根 174

山頂を越え、中岳休憩所で昼食を採りました。休憩所の横に山頂ポールが立っています。
2008.11.9英彦山北西尾根 176

2008.11.9英彦山北西尾根 177

昼食後 下山準備をしますが 外気温は3度で強風のため 更に体感温度は低く感じられました。そろそろ冬装備が必要になってきました。
2008.11.9英彦山北西尾根 180

正面登山道を下っていきます。
2008.11.9英彦山北西尾根 184

途中の展望台より 北西尾根方向を望みます。立ち枯れの木がいい感じです。
2008.11.9英彦山北西尾根 185

下界はモヤが掛かり余りよく見えません。
2008.11.9英彦山北西尾根 186

途中の紅葉も見事でした。
2008.11.9英彦山北西尾根 190

2008.11.9英彦山北西尾根 192

2008.11.9英彦山北西尾根 202

2008.11.9英彦山北西尾根 210

小さくてもしっかり紅葉しています。
2008.11.9英彦山北西尾根 211

紅葉谷分岐より右折し 紅葉谷に沿って降りていきました。
2008.11.9英彦山北西尾根 214

紅葉谷の紅葉は今が盛りの絶景でした。
2008.11.9英彦山北西尾根 220

2008.11.9英彦山北西尾根 227

観察路分岐を右折し、紅葉谷にむけ下っていきます。
2008.11.9英彦山北西尾根 233

谷を横切って進みます。
2008.11.9英彦山北西尾根 237

更に北西尾根方向に登っていきます。落ち葉の登山道はいい気持ちです。
2008.11.9英彦山北西尾根 243

紅葉谷の紅葉です。いい時期に来ました。
2008.11.9英彦山北西尾根 248

2008.11.9英彦山北西尾根 251

2008.11.9英彦山北西尾根 256

2008.11.9英彦山北西尾根 259

落ち葉のじゅうたんです。
2008.11.9英彦山北西尾根 268

野鳥観察路で集合写真を撮りました。
2008.11.9英彦山北西尾根 271

観察路を真っ直ぐ進みスキー場に下りて来ました。ここで小休止しました。
2008.11.9英彦山北西尾根 278

落ち葉の錦模様は絵になります。
2008.11.9英彦山北西尾根 281

2008.11.9英彦山北西尾根 282

モミジの紅葉に圧倒されます。
2008.11.9英彦山北西尾根 284

スキー場はススキ畑になっていました。紅葉とのコントラストがいい感じです。
2008.11.9英彦山北西尾根 293

2008.11.9英彦山北西尾根 290

2008.11.9英彦山北西尾根 297

スキー場より自然歩道を駐車場に向け戻っていきます。
2008.11.9英彦山北西尾根 302

駐車場には13:20分に戻ってきました。駐車場横の道で名残の一枚。
2008.11.9英彦山北西尾根 307
  1. 2008/11/09(日) 22:10:46|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<坊がつる散策(2008.11.15) | ホーム | 霧立往復縦走「紅葉観賞」(2008.11.2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanto2525ohta.blog122.fc2.com/tb.php/135-cd7fb55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる