FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

中央アルプス遠征【まとめ】(2017.7.29)

中央アルプス遠征【まとめ】(2017.7.29) 

2017年中央アルプス遠征まとめ

日にちをクリックするとその日の飛びます。

クリック → 1日目(移動・木曽駒ヶ岳)
クリック → 2日目(宝剣岳)
クリック → 3日目(空木岳)
クリック → 4日目(妻籠・馬籠)

  1. 2017/07/29(土) 13:56:57|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中山道【妻籠・馬籠】(2017.7.28)

中山道【妻籠(つまご)・馬籠(まごめ)】(2017.7.28)

本日の予定は日本百名山の一つである「恵那山」登山でした。
昨日「空木岳」よりの下山路 膝を少しひねり 転んでしまいました。
幸いたいしたことは無く、その後2時間 問題なく下ってきました。
しかし、下山後 膝に少し痛みがあり平地を歩くのは問題ないが、上り下りにはリスクがあるようでした。
本日の恵那山登山は下山時間に制限があり、サブザックであるもののスピード登山の必要があります。
みんなに迷惑をかけるといけないと思い 断念することにしました。
そこで一日時間が出来た為、1970年代(45年前) 貧乏旅行でこの地を訪れた折、「馬籠・妻籠」に行ったことがあり、その地を再度訪れることにしました。
JRを利用し、妻籠宿に到着した後、膝の調子は思いのほか良かったため、そのまま中山道を馬籠宿まで8km歩いてきました。
不思議なことに馬籠・妻籠間の中山道を歩いている人の80%以上が外国人(ヨーロッパ系)でした。
45年前は若者がこのルートを歩いていました。
怪我の功名で45年前歩くことが出来なかった中山道 人気ルートを歩くことが出来、大満足でした。

中仙道「馬籠~妻籠」
1_20170802125828afe.jpg

2_20170802125830fde.jpg

3_20170802125831816.jpg
続きを読む
  1. 2017/07/28(金) 12:52:43|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央アルプス縦走【3日目:空木岳】(2017.7.27)

中央アルプス縦走【3日目:空木岳】(2017.7.27)

夜半はかなり雨が降っていましたが 朝起きてみると 明るくなっていました。
本日は「木曽殿山荘」から直接 岩峰の「空木岳」に登り上がり、駒ヶ池方向に下山しました。
空木岳山頂付近はガスに覆われていましたが、山頂を越え駒石付近までは青空も見え、周りの景色も良く見えていました。その後、下山中は雨が降ったり止んだりの天気でした。
駒ヶ池バス停に下山し、バスで駒ケ根~中津川に移動しました。中津川ICで予約していたタクシーで恵那の民宿「藤太郎」に入り、温泉で3日間の汗を流しました。また、久しぶりの充実した夕食をとり、ゆっくりしました。

本日の軌跡
0中央アルプス縦走 3

続きを読む
  1. 2017/07/27(木) 15:32:26|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央アルプス縦走【2日目:宝剣岳】(2017.7.26)

中央アルプス縦走【2日目:宝剣岳】(2017.7.26)

2日目 目覚めると晴れていました。
朝食を食べ、出発前 もう一度「木曽駒ヶ岳」に登ることにしました。
木曽駒を往復後、宝剣岳~檜尾岳~熊沢岳~東川岳 と中央アルプス稜線を縦走し、空木岳直下の「木曽殿山荘」に入りました。
思った以上に岩場の通過が多く、重たい荷物を担いでの岩場の登攀は大変でした。
9時頃まで晴れており、午前中は何とか天気は持っていましたが、昼過ぎ雨模様になり、岩場の通過には細心の注意を払いました。
「頂上山荘」を6:40分に出発、「木曽殿山荘」に15:40分に到着する、9時間の稜線歩きは思いのほか大変でした。
稜線上は高山植物の花が咲き誇り、疲れた体を慰めてくれました。

本日の軌跡
0中央アルプス縦走2

続きを読む
  1. 2017/07/26(水) 12:40:51|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央アルプス縦走【1日目:木曽駒ヶ岳】(2017.7.25)

中央アルプス縦走【1日目:木曽駒ヶ岳】(2017.7.25)

7月25日、26日、27日の3日間で中央アルプス 木曽駒ヶ岳~宝剣岳~空木岳(うつぎだけ)を縦走しました。
24日夜 福岡を出発し、福岡~名古屋~駒ケ根~しらび平とバスで移動、しらび平駅~千畳敷駅間のロープウエイで約1000mを一気に登り上がりました。
千畳敷より木曽駒ヶ岳直下の「頂上山荘」に入り、荷物を置き 木曽駒ヶ岳を往復しました。
下界は晴れていましたが千畳敷よりガスに覆われ 周りの視界は殆どありませんでした。
道中、千畳敷カールのお花畑、雪渓を楽しむことが出来ました。

今回の軌跡
0中央アルプス縦走1

続きを読む
  1. 2017/07/25(火) 09:32:36|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

井原山【キツネノカミソリ】(2017.7.16)

井原山【キツネノカミソリ】(2017.7.16)

今月24日より中央アルプス遠征に行きます。
トレーニングも兼ね、キツネノカミソリのシーズンに入った井原山に行ってきました。
野河内より出発し、往路は水無渓谷沿いに井原山に登り、下りは渓谷に平行した尾根で水無鍾乳洞に降りてきました。
キツネノカミソリは咲き始めで 群生地は殆ど咲いていませんでした。今週末が蕾花の混在した良い頃を迎え、再来週に満開を迎えるものと思います。

本日の軌跡
0井原山
続きを読む
  1. 2017/07/16(日) 20:48:46|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊【まとめ】(2017.7.12)

スイスアルプス周遊【まとめ】(2017.7.12) アップが終了しました。

2017.7.2日~12日まで10泊11日でスイスに行ってきました。2010年以来2度目のスイスになります。
阪急交通社 トラピックス「ゆったりスイス花と山歩き11日間」のツァーで「モンブラン」「マッターホルン」「ベルナーオーバーラント三山(アイガー・メンヒ・ユングフラウ)」の周辺の6度のハイキングが組み込まれています。
今回の目玉はマッターホルンを眼前に望む山岳ホテル「クルムホテルゴルナーグラート」に泊まり 早朝のモルゲンロートを楽しむことです。
このホテルのビュースポットが見れる部屋(10部屋)はなかなか取れにくいとの事です。今回のツァーはこの10部屋分の定員18名で募集されていました。
旅行中、3000枚近くの写真、と動画を撮ってきました。11日間の行程を順を追って紹介します。

日にちをクリックするとその日の飛びます。

クリック → 1日目(移動)
クリック → 2日目(モンブラン・エギーュ・ドゥ・ミディ展望台)
クリック → 3日目(絶景ハイキング①:モンブラン山群大パノラマコース)
クリック → 4日目(絶景ハイキング②:マッターホルン北壁直下コース 、クルムホテルゴルナーグラート泊)
クリック → 5日目(絶景ハイキング③:逆さマッターホルン・リッフェル湖コース)
クリック → 6日目(フルカ山岳鉄道SLの旅)
クリック → 7日目(絶景ハイキング④:ベルナーオーバーラント三山パノラマコース)
クリック → 8日目(絶景ハイキング⑤:ミューレン花の谷ハイキング)
クリック → 9日目(絶景ハイキング⑥:グリンデルワルト:・アイガー展望コース、ルツェルン観光)
クリック → 10日目(移動)

【スイス周遊】
スイス地図(まとめ)
  1. 2017/07/12(水) 20:13:45|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スイスアルプス周遊「10日目」(2017.7.11)

スイスアルプス周遊「10日目」(2017.7.11)
【10日目(移動)】

スイスツアーが終了し、本日帰国します。
空港横のホテルより徒歩で移動し、出国手続きに向かいました。出国手続きにツアー会社に雇われた 現地在住のお手伝いさんが来られていましたので大変助かりました。
フィンランド航空にて チューリヒ~ヘルシンキ~福岡 と移動しました。
チューリヒ~ヘルシンキ、3時間、 ヘルシンキ~福岡 9時間 かかります。 
往路は機体トラブルで「バンコク~フランクフルト~ジュネーブ」と移動したので これに比べれば楽なはずです。
チューリヒをスイス時間、7月11日 11時に出発し、福岡空港には 日本時間 7月12日 8時に到着しました。(時差7時間)
福岡空港でツアーを解散し、高速バスで 久留米に戻ってきました。
西鉄久留米の岩田屋で「市場鮨のにぎり」を購入し、久しぶりの和食でした。
ともかく、10日間 神がかり的に天気に恵まれた旅行でした。

行程図(スイス10日目)
0スイス地図(10日目)
続きを読む
  1. 2017/07/11(火) 16:43:37|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「9日目」(2017.7.10)

スイスアルプス周遊「9日目」(2017.7.10)
【9日目(絶景ハイキング⑥:グリンデルワルト:・アイガー展望コース、ルツェルン観光)】

「ウェンゲン」に3泊しました。
本日は「ウェンゲン」より「ラウターブルンネン」に降り、バスで「グリンデルワルト」に向かいました。
「グリンデルワルト」の高台をアイガーを見ながらハイキングしました。
その後、グルンデルワルトの街を散策し、バスで移動、インターラーケンで昼食を取り、スイス第4の都市「ルツェルン」に立ち寄り「ライオン記念碑」及び「カベル橋」を訪れました。
これで予定されている日程がすべて終了し、「チューリヒ」に移動、チューリヒ空港の近くのホテルに入りました。
明日出国します。

行程図(スイス9日目)
0スイス地図(9日目)
続きを読む
  1. 2017/07/10(月) 12:34:33|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「8日目」(2017.7.9)

スイスアルプス周遊「8日目」(2017.7.9)
【8日目(絶景ハイキング⑤:ミューレン花の谷ハイキング)】

「ウェンゲン」2日目は 列車を乗り継ぎ、「ミューレン」へ、着後、ケーブルカーで「アルメントフーベル」に登りました。
アルメントフーベルよりユングフラウ側からのベルナーオーバーラント三山を望みながら花の谷をハイキングし、ミューレンに戻ってきました。
ミューレンで昼食を取り、往路を「ウェンゲン」まで戻ってきました。
朝から小雨模様でしたがハイキング中は雨に会うこともなく、時折り 青空も出て 景色も良く見えていました。花の谷は色んな高山植物の花が咲いており、快適に歩くことが出来ました。
ホテルに戻った後、夜は「ツァーデスク」で紹介いただいたレストランに食事に出掛けました。

行程図(スイス8日目)
0スイス地図(8日目)

続きを読む
  1. 2017/07/09(日) 18:12:41|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「7日目」(2017.7.8)

スイスアルプス周遊「7日目」(2017.7.8)
【7日目(絶景ハイキング④:ベルナーオーバーラント三山パノラマコース)】

昨日、ベルナーオーバーラント三山(アイガー、メンヒ、ユングフラウ)の麓の街「ウェンゲン」に入りました。
前回2010年は「グリンデルワルト」からアプローチしましたので、今回は別ルートで楽しみです。
「ウェンゲン」よりロープウエイで「メンリッヘン」に登り、「クライデシャイデック」まで絶景を見ながらのハイキングでした。
霞が掛かっていましたが、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山、グリンデルワルトの街、お天気山のベッターホルン等が確認でき、また歩道周辺は高山植物の花が咲き誇り快適なコースでした。
「クライデシャイデック」から「ユングフラウヨッホ」を往復し、今回はスインクス展望台下の「プラトーテラス」に出ることが出来、雪の上からユングフラウやアレッチ氷河の雄大な景色を望むことが出来ました。

行程図(スイス7日目)
0スイス地図(7日目)
続きを読む
  1. 2017/07/08(土) 10:06:05|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「6日目」(2017.7.7)

スイスアルプス周遊「6日目」(2017.7.7)
【6日目(フルカ山岳鉄道SLの旅)】

ツェルマット3日目の朝、早朝散歩で3回目のマッターホルンのモルゲンロートを楽しんだ後、ホテルを出発、ツェルマット~テーシュ よりバスでフルカ峠に向かいました。
フルカ峠を越える前 スイス鉄道氷河特急の名前に由来している「ローヌ氷河」に立ち寄りました。氷河はかなり後退していました。
その後、フルカ峠を越えた レアルプの街よりグレッチの街までSLに乗車し フルカ山岳鉄道の旅を楽しみました。
「グレッチ駅」よりバスに乗り換え グリムゼル峠を越え 「ラウターブルンネン」へ移動しました。
着後 「ラウターブルンネン」より シャトル電車で「ウェンゲン」の街に入りました。
いよいよ、明日より「ベルナーオーバーラント三山(アイガー・メンヒ・ユングフラウ)」観光に入ります。

行程図(スイス6日目)
0スイス地図(6日目)
続きを読む
  1. 2017/07/07(金) 12:21:06|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「5日目」(2017.7.6)

スイスアルプス周遊「5日目」(2017.7.6)
【4日目(絶景ハイキング③:逆さマッターホルン・リッフェル湖コース)】

「クルムホテル・ゴルナーグラード」に宿泊し、展望台で早朝のマッターホルン、モルゲンロートを待ちます。
雲一つない快晴の空に素晴らしいモルゲンロートを見ることが出来、すごくリッチな気持ちになりました。
早朝のゴルナーグラードの絶景を堪能した後、一駅下の「ローテンボーデン」まで降り、逆さマッターホルン・リッフェル湖コースを歩きました。
ここは2010年以来2度目のハイキングになります。
タイミングよく、快晴で静かな湖畔に逆さマッターホルンがくっきり映り、ハイキングガイドさんに寄ればこの上ない条件に遭遇したとの事でした。
「リッフェルベルク」までのハイキングを楽しんだ後、ツェルマットの街まで降り、昼食後 3日目のホテルにチェックインし、夜はラムステーキの店に繰り出しました。とても美々で大満足でした。

行程図(スイス5日目)
0スイス地図(5日目)
続きを読む
  1. 2017/07/06(木) 17:20:32|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「4日目」(2017.7.5)

スイスアルプス周遊「4日目」(2017.7.5)
【4日目(絶景ハイキング②:マッターホルン北壁直下コース 、クルムホテルゴルナーグラート泊)】

マッターホルンの街「ツェルマット」に入りました。
早朝、モルゲンロートを楽しんだ後、マッターホルン北壁直下コース「シュヴァルツゼー ~ツェルマット」間:標高差1000m、距離10kmを半日かけてハイキングしました。
快晴の天気で 従来とは形の違ったマッターホルン、および高山植物のお花畑などを愛でることが出来ました。
夕方、今回のツァーの最大の目玉であるゴルナーグラートの山岳ホテル「クルムホテル・ゴルナーグラート」に入りました。翌朝のマッターホルンのモルゲンロートが楽しみです。

行程図(スイス4日目)
0スイス地図(4日目)

続きを読む
  1. 2017/07/05(水) 09:06:41|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「3日目」(2017.7.4)

スイスアルプス周遊「3日目」(2017.7.4)
【3日目(絶景ハイキング①:モンブラン山群大パノラマコース)】

シャモニーの2日目、本日はモンブラン山群の対岸の尾根、プランプラからフレジュールまでの遊歩道を歩きました。
シャモニーの街を見下ろしながら、モンブラン、エギーュ・ドゥ・ミディ展望台、シャモニ針峰群、グランド・ジョラス等の絶景を見ながら歩きました。
快晴の天気で登山道の横にはアルペンローゼなどの高山植物の花が咲き誇りすばらしい景色を堪能することが出来ました。
シャモニーの街に戻り、バスと電車を乗り継ぎ、マッターホルンの麓の街 ツェルマットに入りました。

行程図(スイス3日目)
0スイス地図(3日目)
続きを読む
  1. 2017/07/04(火) 20:48:46|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「2日目」(2017.7.3)

スイスアルプス周遊「2日目」(2017.7.3)
【2日目(モンブラン・エギーュ・ドゥ・ミディ展望台)】

7月3日 9時過ぎ、スイスに入国しました。
チャーターされたバスでフランス、シャモニーの街に移動します。大型バスに18名とゆったりしています。
バスでシャモニーに移動し、昨夜入る予定であったホテル(ルプリウレ)にチェックインしました。
その後、予約していたレストランで昼食を取り、午後 エギーュ・ドゥ・ミディ展望台に登りました。
エギーュ・ドゥ・ミディ展望台で絶景を堪能した後、私たちは中腹駅(プラン・ド・レギーユ駅)で降り、その周辺を散策しました。
シャモニーの街に戻り、ホテルで休憩した後 無事ツァーが開始されたのを祝し、夜は街に繰り出し 食事を兼ねた一杯飲みで賑わいました。

行程図(スイス2日目)
0スイス地図(2日目)
続きを読む
  1. 2017/07/03(月) 10:00:20|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「1日目」(2017.7.2)

スイスアルプス周遊「1日目」(2017.7.2)
【1日目(移動)】

7月2日 早朝 高速バスで福岡空港国際線に向かいました。
阪急トラピックスの受付カウンターに行ったところ、予定していた「フィンランド航空」 福岡~ヘルシンキ便が機体不良のため(バードストライク)欠航するとの事。別の便を手配しているのでしばらくお待ちいただきたいとの事であった。
しばらくすると、タイ航空でバンコクに、その後 ルフトハンザ航空で「バンコク~フランクフルト~ジュネーブ」と移動する便が手配できたとの事。
スイス到着が半日ずれ込むが 2日目午後の「自由行動」をカットすると何とか予定通りに計画を消化で来るとの事。
同じ便で計画されていた 「イギリス決定版8日間」 のツァーは中止になったとの事で、中止にならなかっただけでも良しとしなけばならない。
出発が1.5時間遅れ、バンコクで9時間の待機時間があり、フランクフルトを経由し、ジュネーブには半日遅れの7月3日 9時に到着しました。(予定は7月2日の18:10分着)

日程図
000スイス地図(1日目)
続きを読む
  1. 2017/07/02(日) 09:34:42|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる