FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

普賢岳登山(2016.10.30)

普賢岳登山(2016.10.30)

紅葉のシーズンを迎え、雲仙普賢岳に行ってきました。
池の原園地より仁田峠に上がり、妙見岳~国見岳~鬼人谷~風穴~立岩の峰~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~あざみ谷~仁田峠~池の原園地 と周回しました。
紅葉はまだ少し早いようでしたが 天気はよく快適な山行でした。

本日の軌跡
0普賢岳

平成新山が出来る前後の地形

昭和59年
昭和59年

平成4年
平成4年

平成16年
平成16年
続きを読む
  1. 2016/10/30(日) 22:03:18|
  2. 雲仙、多良山系、天草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祖母山登山(2016.10.21)

祖母山登山(2016.10.21)

予定では小屋泊りの「祖母山~尾平越」の半縦走でしたが、両日ともに天気が崩れており、比較的予報の良い10/21日に祖母山日帰り登山をすることにしました。
午後は雨の予報で 出来るだけ行程を短縮するため、往路は北谷登山口より風穴経由で登頂し、復路は千間平経由で降りてきました。
入山時から小雨が降ったり止んだりでしたが、大降りにはならず 雨具の必要はありませんでした。
比較的周りの景色はよく見え 雲海に浮かぶ阿蘇五岳や九重連山を眺めることが出来ました。山頂付近はそこそこに紅葉しており景色を楽しみながら満足いく山行でした。

本日の軌跡
0祖母山

続きを読む
  1. 2016/10/21(金) 14:26:30|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏英彦山周回(2016.10.16)

裏英彦山周回(2016.10.16)

早朝より小雨が降っていましたが、予報では1mm以下の雨との事で山行を決行しました。
豊前坊より薬師峠~裏英彦山道~ケルン谷~南岳~中岳広場 と進み、昼食後 北西尾根~スキー場~豊前坊と周回しました。
稜線上はガスが掛かり、強風が吹いていましたが、雨はほとんど降らず それなりに充実した登山でした。
14時過ぎ 下山した時はすっかり天気は回復していました。

本日の軌跡
0裏英彦山
続きを読む
  1. 2016/10/16(日) 15:24:32|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス雲ノ平縦走(2016.10.4~8)【まとめ】

北アルプス雲ノ平縦走(2016.10.4~8)【まとめ】

今年の秋季遠征は 北アルプス雲の平縦走に行ってきました。
折立登山口より入山し、折立 ~太郎平小屋(泊)~薬師岳往復 ~薬師沢小屋(泊) ~雲ノ平 ~雲ノ平山荘(泊)~鷲羽岳 ~三俣蓮華岳 ~双六岳 ~双六小屋(泊)~新穂高温泉と山中4泊で 折立~新穂高温泉を縦走しました。
薬師沢小屋で台風が通過しましたが 行程には影響せず、台風一過の晴天でアルプスの絶景を堪能することが出来ました。
予定では 双六小屋~笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳往復 ~笠ヶ岳山荘(泊)と進む予定でしたが 稜線上はガスが掛かり  富山方向からの強風が吹き、雨模様で 翌日も回復傾向になかった為、一日早く降りてきました。
1日目~5日目の行程を下記にアップしています。

日にちをクリックするとその日の飛びます。
クリック → 1日目(10/4日)  「折立~太郎平小屋(泊)」
クリック → 2日目(10/5日)  「太郎平小屋 ~薬師岳往復 ~薬師沢小屋(泊)」
クリック → 3日目(10/6日)  「薬師沢小屋~雲ノ平~雲ノ平山荘(泊)」 
クリック → 4日目(10/7日)  「雲ノ平山荘~ワリモ岳~鷲羽岳~三俣山荘~三俣蓮華岳~双六岳~双六小屋(泊)」 
クリック → 5日目(10/8日)  「双六小屋~新穂高温泉」 
 
【今回の軌跡】
00北アルプス雲ノ平



  1. 2016/10/09(日) 17:07:44|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス雲ノ平縦走【5日目】(2016.10.8)

北アルプス雲ノ平縦走【5日目】(2016.10.8)

本日は笠ヶ岳に向かう予定でしたが、早朝よりガスと強風の悪天候でした。
双六小屋の方にお聞きすると、富山側から強風が吹き 稜線はかなり吹き付けるだろうとの事。 
明日も天候の回復が見込めないため、一日早く新穂高温泉に下ることにしました。
双六小屋~鏡平~ワサビ平~新穂高温泉と下り、新穂高温泉で入浴した後、高山~名古屋を経由し 新幹線で福岡に戻ってきました。
久留米には日をまたいで 0:45分着でした。(本来ならば名古屋より夜行バス「どんたく号」で翌朝 8:00分着の予定でしたが! 当日ではチケットが取れませんでした。)

4日目の軌跡
0北アルプス5-1

0北アルプス5-2
続きを読む
  1. 2016/10/08(土) 04:08:37|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス雲ノ平縦走【4日目】(2016.10.7)

北アルプス雲ノ平縦走【4日目】(2016.10.7)

4日目は雲ノ平を出発し、祖父岳(じいだけ)~ワリモ岳~鷲羽岳 ~三俣山荘と進み、昼食後 三俣蓮華岳~双六岳を越え、双六小屋に入りました。
一日中 快晴の天気でアルプスの絶景を堪能しました。

4日目の軌跡
0北アルプス4
続きを読む
  1. 2016/10/07(金) 22:56:34|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス雲ノ平縦走【3日目】(2016.10.6)

北アルプス雲ノ平縦走【3日目】(2016.10.6)

昨夜20時~21頃 台風が通過しました。沢沿いの小屋でしたがガタガタとかなりの強風が吹いていました。
雨はそれほどたいしたことは無いようでした。
朝起きると微かにガスが掛かり 霧雨が降っていましたが空は明るくなっていました。
7時過ぎ 薬師沢小屋を出発し、雲ノ平に登り上がり、午前中に雲ノ平山荘に入った後 雲ノ平を散策しました。
10時頃天気は回復し 台風一過の快晴の空の下、雲ノ平の絶景を堪能しました。

3日目の軌跡
2016北アルプス3
続きを読む
  1. 2016/10/06(木) 18:05:29|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス雲ノ平縦走【2日目】(2016.10.5)

北アルプス雲ノ平縦走【2日目】(2016.10.5)

2日目は台風が近づいており、どの様にするか流動的でしたが、予報では本日夜半に最接近するとの事でした。
朝起きてみると 曇っているものの 周りの景色は良く見えており、午前中に薬師岳を往復することにしました。
当初の予定では太郎平小屋に連泊することにしていましたが、これから向かう薬師沢の渡渉が台風の後は増水し 渡れなくなる可能性があるため 本日午後 薬師沢小屋まで進むことにしました。

2日目の軌跡
0北アルプス2
続きを読む
  1. 2016/10/05(水) 19:28:09|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス雲ノ平縦走【1日目】(2016.10.4)

北アルプス雲ノ平縦走【1日目】(2016.10.4)

10/3日夕方、久留米より新幹線で京都へ、京都より夜行バスで10/4日朝、富山駅に着きました。富山駅よりジャンボタクシーで折立登山口に移動しました。
1日目は 折立登山口より入山し、太郎平に登り上がり、太郎平小屋に宿泊しました。

1日目の軌跡
0北アルプス1
続きを読む
  1. 2016/10/04(火) 18:06:30|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる