FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

仰烏帽子山【福寿草】(2016.2.24)

仰烏帽子山【福寿草】(2016.2.24)

福寿草の便りも聞かれてきており昨年に引き続き、仰烏帽子山に行ってきました。
第2登山口からの入山を計画していていましたが、元井谷入口付近に第2登山口前1kmが土砂崩れで通行できないとの表示がありました。
途中 役場の方と思われる方に車を止められ 第2登山口前の道路が土砂で覆われ閉鎖しているとの事。(椎葉方向からも道路を閉鎖している模様)
元井谷登山口(第1登山口)からは入山出来るとの事でしたので予定変更し 元井谷登山口からの周回コースを歩きました。
久しぶりに元井谷登山口を登りましたが4年前(H24年)の豪雨で非常に荒れており昔の登山道の殆どがなくなっています。
仰烏帽子山に最初に訪れた2000年過ぎは3月上旬が福寿草の見頃と認識していましたが、福寿草の開花が年々早くなってきているようです。
今年は特に開花が早いのかもしれませんが 群生地にはたくさんの花が咲いていましたが盛りを過ぎた株も多くみられました。
しかし、昼過ぎには太陽も顔を出してパラボラをいっぱいに開いた福寿草を十分に楽しむことが出来ました。
帰路「せせらぎ」で入湯し、久留米でラーメンを食べ、山岳会主催の「リーダー研修会」に参加しました。

本日の軌跡
0仰烏帽子山
続きを読む
  1. 2016/02/24(水) 06:44:19|
  2. 中央山地、宮崎の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐羅漢山スノーハイク(2016.2.21)

恐羅漢山スノーハイク(2016.2.21)

広島県、島根県の県境に位置し、両県の最高峰である「恐羅漢山」に行ってきました。
この時期スノーシューやワカンを使った雪山を楽しむため5年前より芸北地区のスノーハイクが計画されています。
5時に久留米を出発し、広島県の「恐羅漢スキー場」には9:30分頃到着しました。
恐羅漢スキー場横の「牛小屋登山口」より入山し、夏焼峠~夏焼の丘~早手のキビレ~恐羅漢山と進みました。
山頂で昼食を取った後、通常は立山尾根を登山口に戻ってくる周回ルートが一般的なのですが、冬場でスキー場が開設されているため 賑やかなところは避け、雪道を楽しみながら往路を戻ってきました。
一日中いい天気で前日降ったと思われる新雪が真っ白で、新雪を踏みしめながら雪山を満喫してきました。
いい「リハビリ登山」になりました。

本日の軌跡
0恐羅漢山
続きを読む
  1. 2016/02/21(日) 18:55:56|
  2. 九州外の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

復帰! 平尾台南側周回(2016.2.11)

復帰! 平尾台南側周回(2016.2.11)

事故から1ヶ月経過し、治療後のリハビリも進んできました。
この間、出来るだけ筋力を落とさないよう 朝の1時間の散歩は継続しており、そろそろ歩き易い山に行ってみようと考えていました。( 山煩いの兆候?)
まずは草原歩きの出来る「平尾台」を計画していたところ、山友の「豊津の信ちゃん&俊ちゃん」ご夫妻、および「higetias」さん が同行してくださることになり、久留米組(5名)、信ちゃん&俊ちゃん、ヒゲさん、8名での山行になりました。
今回はまだ歩いたことのない平尾台南側の山域を周回しました。この山域は5月に会山行が計画されており、下見も兼ねています。
平尾台自然観察センターを出発し、
自然観察センター ~千貫岩 ~ラクダ山往復 ~三笠台 ~大かんの台 ~風神山 ~不動山 ~堂金山 ~貝殻山 ~天狗岩 ~桶ヶ辻 ~周防台 ~権現山 ~中峠 ~自然観察センター と周回しました。
このルート間の「光水鍾乳洞」「ライオン岩」「根性の木」「キス岩」などの名所も「信ちゃん&俊ちゃん」に案内頂きました。
一日中いい天気でそこそこの眺望もあり、いつもとはまた違った雄大な平尾台の景色を満喫し、道中 楽しくおしゃべりしながら復帰登山を終えることが出来ました。
歩行距離は13.2kmとなり復帰1戦目としては少々頑張りすぎたかな! と思いますが、ご同行頂いた皆様 ありがとうございました。

本日の軌跡
0平尾台南側
続きを読む
  1. 2016/02/11(木) 20:26:24|
  2. 平尾台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる