FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

八ヶ岳南北縦走【3日目】(2015.7.31)

八ヶ岳南北縦走【3日目】(2015.7.31)

本日より北八ヶ岳の領域に入ります。
夏沢峠「ヒュッテ夏沢」を出発し、夏沢峠~箕冠山(みかぶりやま)~根石岳~東天狗岳~西天狗岳往復~天狗の奥庭~黒百合ヒュッテ~中山峠~中山展望台~高見石小屋~白駒池~麦草峠「麦草ヒュッテ」と縦走しました。
本日も快晴の天気で、南北縦走路の中間地点 西天狗岳からは 最初の山「編笠山」と最後の山「蓼科山」の双方を確認することが出来ました。
北八ヶ岳は歩きやすいハイキング気分の登山道を想定していたのですが、然に非ず、石ゴロゴロの登山道で重たい荷物を担いでの下りは足元が不安定で 非常に難儀しました。
やっとのことでゴールの麦草峠「麦草ヒュッテ」に到着し、ビールとお風呂で癒されました。

2015.7.28【アプローチ】からご覧ください。

3日目の軌跡
0八ヶ岳3
続きを読む
  1. 2015/07/31(金) 11:30:19|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳南北縦走【2日目】(2015.7.30)

八ヶ岳南北縦走【2日目】(2015.7.30)

本日は南八ヶ岳のハイライト、赤岳を越えます。
キレット小屋を出発し、キレット小屋~赤岳、赤岳頂上山荘~赤岳展望荘~三叉峰~横岳~硫黄岳山荘~硫黄岳~夏沢峠「ヒュッテ夏沢」と縦走しました。
天気はよく、時々ガスはかかるものの、縦走路からの景色は素晴らしく 絶景を楽しむことが出来ました。
この区間は岩峰の通過部分が多く、また浮石が多いため重たい荷物を担いでの通過は三点支持で慎重に上り下りする必要があります。
ゴールの夏沢峠には早く到着したため、標高350m下の秘境「本沢温泉」を往復し温泉を楽しんできました。

2015.7.28「アプローチ」からご覧ください。

2日目の軌跡
0八ヶ岳2

続きを読む
  1. 2015/07/30(木) 17:55:27|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳南北縦走【1日目】(2015.7.29)

八ヶ岳南北縦走【1日目】(2015.7.29)

本日より4日を掛けて八ヶ岳を南から北へ縦走します。
1日目は「観音平」登山口より入山し、編笠山~青年小屋~権現岳~キレット小屋と縦走しました。
概ね晴れの天気でしたが、時折ガスが掛かり周りの景色を見下ろすことが出来ない場面もありました。
最初の編笠山は荷物の重さも加え、大汗をかきながら喘いで登りました。
コマクサやチシマギキョウの花は盛りを過ぎており、今年は花の時期の進行がこの場所も早いようです。

2015.7.28【アプローチ】よりご覧ください。

1日目の軌跡
0八ヶ岳1
続きを読む
  1. 2015/07/29(水) 06:09:29|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

八ヶ岳南北縦走(2015.7.28-29)【アプローチ】

八ヶ岳南北縦走(2015.7.28-29)【アプローチ】

7月29日より8月2日に掛け、八ヶ岳の南「編笠山」より北の「蓼科山」まで4日掛けて縦走し、更に5日目 霧ヶ峰高原を周回してきました
登山中は時折りガスが掛かることはありましたが、概ね快晴の天気で 主峰「赤岳」を始め八ヶ岳の峰々の絶景を楽しんできました。
今回の山行は「阿蘇風景写真館」のUraさんが同行されたのでいろんな場面での景色を撮ることができ、写真をたくさんいただきました。
私の登場場面も多くなっています。

【今回の行程】
0八ヶ岳全体 (1)
続きを読む
  1. 2015/07/28(火) 21:23:39|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

井原山「キツネノカミソリ」(2015.7.26)

井原山「キツネノカミソリ」(2015.7.26)

28日夕方、八ヶ岳南北縦走に出掛けます。
足慣らしを兼ね、キツネノカミソリのシーズンを迎えた井原山に行ってきました。
台風12号が近づいて心配していましたが、何とか午前中は晴れの天気との事で、できるだけ早く登ることにしました。
6時前に久留米を出発し野河内登山口よりキツネノカミソリの群生地の水無鍾乳洞付近を経由し、井原山を往復しました。
登山中は台風の影響は全くなく、井原山山頂からの眺望は素晴らしく、普賢岳も確認できました。
キツネノカミソリは蕾花混在の良い時期を迎えており、多くの登山者で賑わっていました。
野河内登山口を7:00分に出発し、12:10分下山、帰りに「マッちゃん」でアツアツ豆腐の昼食を取り、やまびこの湯で入湯後、14:30分頃久留米に戻ってきました。
台風は18時ごろ、長崎市の付近を通過しました。

本日の軌跡
0井原山
続きを読む
  1. 2015/07/26(日) 19:26:50|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陣馬山~高尾山縦走(2015.7.19)

陣馬山~高尾山縦走(2015.7.19)

7/16~17日に掛け 所用で金沢を訪れた為、週末、今ホットな北陸新幹線に乗り東京に寄ることにしました。
本来の目的は二人目の孫の初誕生のお祝いですが、3連休の為 1日は山登りをすることにしました。
関東と言えば「日本で最も登山者の多い高尾山」ですが、どの様なコースがお勧めなのか? 関東の知人の「KUROさん」にお聞きした所、
「陣馬山から高尾山に縦走するコース」が距離もあり訓練などで歩くことが多く、また高尾山からの下山ルートは2号路、琵琶滝コース、稲荷山コースの何れかが山道のおすすめコースとの事でした。
そこで、7/19日 陣馬高原下バス停より入山し、陣馬山~明王峠~景信山~小仏峠~小仏城山~一丁平~高尾山と縦走してみました。
高尾山からの下山路は山脈をそのまま進み「稲荷山コース」で高尾山ケーブルカー「清滝駅」横に下りてきました。
少し先の「高尾山口駅」より京王電鉄に乗り、出発点のJR高尾駅に戻ってきました。
天気も良く、陣馬山からは富士山も良く見えていました。(その後 富士山は雲に覆われ縦走路からは姿は確認できず。)
当日は日曜日で 「小仏城山」辺りから登山者が増え、高尾山山頂は山頂を覆い尽くす数の登山者で溢れていました。
7:30分頃 陣馬高原下を出発し、13:30分頃 高尾山口に着く、歩行距離 17.8km、6時間余りの登山でしたが快適に歩くことが出来 大満足な山行でした。

本日の軌跡
0陣馬山~高尾山
続きを読む
  1. 2015/07/19(日) 21:27:27|
  2. 九州外の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平尾台「塔ヶ峯」(2015.7.4)

平尾台「塔ヶ峯」(2015.7.4)

本日は1泊どまりで祖母山に行く予定でしたが、南の方は天気が芳しくなく、それでは北に行こう!、ということになり、平尾台に行くことにしました。
吹上峠より入山し、吹上峠~大平山(おおへらやま)~塔ヶ峯~貫山と進みました。
予定では「広谷湿原」に立ち寄るつもりでしたが、水晶山分岐付近より天気が崩れ始めた為そのまま直進し、四方台~中峠~茶ヶ床園地と下りました。
中峠手前より雨足がひどくなった為、「平尾台スタイル」で傘をさしての散策となりました。
茶ヶ床園地の東屋で昼食を取り、平尾台スタイルで吹上峠に戻ってきました。
本日はガスが掛かって周りの景色は見えませんでしたが、夜露に濡れた草花の色が鮮やかで、気持ちの良い山行でした。

本日の軌跡
0平尾台
続きを読む
  1. 2015/07/04(土) 06:07:28|
  2. 平尾台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる