FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

経ヶ岳周回(2015.1.31)

経ヶ岳周回(2015.1.31)

多良山系で長崎県・佐賀県の県境に位置する経ヶ岳に行ってきました。経ヶ岳は佐賀県の最高峰(1076m)となります。
経ヶ岳は「黒木~つげ尾~経ヶ岳~平谷越~金泉寺~黒木」と長崎県側から登ったことはありましたが、今回は佐賀県側から登ってみました。
国道444号線 平谷黒木トンネル手前の平谷駐車場より「平谷~馬の背~平谷越~経ヶ岳~つげ尾~釜伏山~狸だまり~岩屋越~平谷」と周回しました。
雪や霧氷を期待しての山行でしたが、双方とも殆どありませんでした。
しかし、気温は低く登山道は凍っており、山頂直下の岩場は 染み出した水が凍って滑るため 細心の注意を払って上り下りしました。
経ヶ岳より郡岳方向に続く縦走路はアップダウンはあるものの落ち葉の登山道は歩きやすく、快適に縦走することが出来ました。
本日歩いた岩屋越の先には、まだまだ縦走路は続いており、後日、多良山系の縦走コースをすべて歩いてみたいと思いました。

本日の軌跡
0経ヶ岳
続きを読む
  1. 2015/01/31(土) 21:18:15|
  2. 雲仙、多良山系、天草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英彦山北西尾根(2015.1.25)

英彦山北西尾根(2015.1.25)

英彦山北西尾根を登ってきました。
雪山を想定した登山でしたが、登山口の野営場付近は全く雪がなく、北西尾根を登り切った辺りより、やっと雪道になりました。
中岳に登り上がり、南岳を往復したのち、北岳を経由し豊前坊に降りてきました。
九州自然歩道を野営場まで戻り、帰路 しゃくなげ荘で入浴して 16:30分過ぎには久留米に戻ってきました。
一日中、晴れ/曇り の天気で 気温もそこそこ低く 楽しい雪遊びが出来ました。

本日の軌跡
0英彦山
続きを読む
  1. 2015/01/25(日) 17:38:19|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九重キャンプ2日目(2015.1.18)

九重キャンプ2日目(2015.1.18)

九重キャンプ2日目は朝食後、テントを撤収し、法華院温泉~北千里ヶ浜~久住分れ と進みました。久住分れで山岳会の当日登山組と合流し、久住山を往復しました。
九重分れ到着後 昼食をとり、その後 この時期しか登れない星生崎 雪山斜面を登ってみました。
雪が適当にしまっており、ステップが取りやすい状態でした。
重たい荷物を担ぎ急斜面を登ったため 足がパンパンになり、星生崎通過後、単独で西千里ヶ浜に下ることにしました。
西千里ヶ浜で他のメンバーと合流後 通常ルートで牧ノ戸峠に降りてきました。
一日中いい天気で阿蘇、普賢岳、由布岳、英彦山等、遠くの山々を見通すことが出来ました。帰路、黒川温泉で入湯し、18:30分頃 久留米に戻ってきました。

1日目よりご覧ください
クリック → 九重キャンプ1日目

2日目の軌跡
0九重耐寒2
続きを読む
  1. 2015/01/18(日) 21:54:32|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九重キャンプ1日目(2015.1.17)

九重キャンプ1日目(2015.1.17)

毎年この時期 九重「坊がつる」でキャンプをしています。
今年も1/17~18日に掛け、山岳会メンバー7名でキャンプに行ってきました。
1日目は長者原を出発し、雨ケ池経由で坊がつるキャンプ場に入り、強風の中 テントを設営しました。坊がつる 避難小屋で昼食を食べ、午後 大船山を往復しました。
坊がつる到着時はどんよりと曇り 小雪も舞っていましたが、午後より青空が拡がり、大船山に登る頃には快晴になり、青空と凍り付いた雪景色を楽しむことが出来ました。
大船山山頂は吹き飛ばされるくらいの強風が吹いており、回りはガチガチに凍っていました。完全氷結した火口湖 御池(おいけ)に降り、普段は行けない池の中心に立つことが出来ました。
下山後、氷点下の中、テントで「豆乳鍋」を囲み 酒盛りで大いに賑わいました。

2日間の軌跡
0九重耐寒

1日目の軌跡
0九重耐寒1
続きを読む
  1. 2015/01/17(土) 20:07:01|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小岱山 新年登山(2015.1.11)

小岱山 新年登山(2015.1.11)

山岳会の新年登山で小岱山(しょうだいざん)に行ってきました。
以前は観音岳の山頂に「小岱山」の標識がありましたが、今はなく、「筒ヶ岳、観音岳、丸山」等の山群を総称して「小岱山」と呼ぶようです。
玉名市の蛇ヶ谷公園登山口より小岱山(観音岳、筒ヶ岳)を往復しました。
一日中、晴れ・曇り の天気で、登山中は汗をかいていましたが、日が陰ると寒く感じる天気でした。
登山道は「九州自然歩道」で整備されており快適に歩くことが出来ました。
下山後、玉名温泉「つかさの湯」でゆっくり入湯し、16時過ぎ 久留米に戻ってきました。今年も「週一登山」順調に滑り出しました。

本日の軌跡
0小岱山
続きを読む
  1. 2015/01/11(日) 09:35:28|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耳納連山縦走「漱石の道」(2015.1.3)

耳納連山縦走「漱石の道」(2015.1.3)

毎年1月2日に登り初めをしていましたが、今年は都合で1月3日が登り初めでした。
今年は耳納連山「漱石の道」を歩きました。
自宅から徒歩10分の「JR久留米高校前駅」発7:45分の電車で 5つ目の駅「筑後草野駅」までJRを利用し、筑後草野駅~発心公園~発心山~白山~グライダー山~枡形山~耳納平~耳納山~高良山~高良大社~吉見嶽~久留米大学前駅 と縦走しました。歩行距離は17kmでした。
発心山5合目付近より薄らと雪化粧しており、山頂付近は4~5cmの積雪でしたが、雪化粧した登山道を耳納平付近まで来ると雪はほとんど無くなっていました。
耳納スカイラインに沿って高良大社まで来ると、高良大社は初詣の人でごった返していました。高良大社より吉見嶽を経由し、久留米大学前駅まで歩きました。
久留米大学前駅14:53分の電車に乗り、自宅には15時過ぎに帰ってきました。
一日中いい天気で縦走路稜線から久留米の街並みがくっきり見えていました。
今年もいい滑り出しの山行でした。

本日の軌跡
0漱石の道

続きを読む
  1. 2015/01/03(土) 19:14:39|
  2. 耳納山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新年のご挨拶(2015.1.1)

新年のご挨拶(2015.1.1)

皆さん、明けましておめでとうございます。いつもマイブログに訪問頂きありがとうございます。
今年の2月5日に65歳になります。公的にはもう少し毎日出勤で頑張ってみようと思います。
昨年暮れに夫婦で「ドイツ・クリスマスマーケット」見学に行ってきました。日本とは別の世界に身を置くと 新鮮な感動があります。いい経験をしました。
ライフワークの登山ですが、昨年も山行回数は「週一登山ペース」の53日でした。
さらに、「屋久島のしゃくなげ」は50年に一度の規模、「涸沢の紅葉」は10年に一度の良さと、まさにベストタイミングで行くことが出来、大満足の一年でした。
今年はまだ踏み入れたことのない「八ヶ岳南北縦走」を計画しようと考えております。
毎年、年頭に宣言している「スリムな体型に戻すこと」は毎年 挫折を繰り返しておりますが、今年も一応宣言しておこうと思います。
今年も精力的に山行情報を発信しますので時々訪問下さい。
今年は明日(1/3日)「耳納連山縦走」より開始します。

2015年賀(前穂高)
  1. 2015/01/01(木) 00:03:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる