FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

九重 三俣山 市民ハイク(2014.10.26)

九重 三俣山 市民ハイク(2014.10.26)

本日は久留米山岳会が主催する「くるめ市民ハイク」が開催されており、先週に引き続き、三俣山に行ってきました。
一般参加者35名、KACスタッフ12名、計47名のパーティーでした。今回の山行は私がチーフリーダーになっています。
天気予報では昼頃 小雨の予報でありましたが、一日中「晴れ/曇り」の天気で大汗もかかず、快適に歩くことができました。
三俣山「大鍋」の紅葉はそこそこ色付いているものの、例年より褪せた感じの紅葉でした。今年は完全に色付く前に枯れているようです。
9:30分に大曲登山口より入山し、大パーティーの割にはスムーズに進むことができ、15:00分には戻ってきました。
帰路、「まきばの湯」で入湯し、18時過ぎに久留米に帰ってきました。

本日の軌跡
0三俣山

市民ハイク案内
2014秋市民ハイク
続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 21:47:28|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九重 三俣山 「大鍋の紅葉」(2014.10.19)

九重 三俣山 「大鍋の紅葉」(2014.10.19)

九重のドウダンツツジの紅葉のシーズンを迎え、三俣山 大鍋に行ってきました。
来週(10/26日)、久留米山岳会が主催する「くるめ市民ハイク」で三俣山に登りますので その試登も兼ねています。
本日は快晴で多くの登山者で賑わっていました。
大鍋の紅葉は北峰斜面の色付きが進んでいました。どの程度がピークがよくわからないのですが、まだまだ赤く色づくのかもしれません。
来週も再度 大鍋を訪れますので確認できると思います。

本日の軌跡
0三俣山試登
続きを読む
  1. 2014/10/19(日) 06:19:42|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス「涸沢~穂高周回(4日目)」(2014.10.4)

北アルプス「涸沢~穂高周回(4日目)」(2014.10.4) 「アプローチよりご覧ください」

4日目は穂高岳山荘より奥穂高岳に登りあがり、吊尾根~紀美子平~前穂高岳往復~重太郎新道~岳沢小屋~岳沢~上高地と縦走しました。
朝方目を覚ますと、満天の星空で 夜明けより昼過ぎまで快晴の天気でした。
縦走路稜線からは北アルプスの峰々がくっきり見え、南アルプス、富士山、注目の御岳山の噴煙も確認できました。
夕方、上高地に下り、中の湯温泉旅館に入るころより、天気が崩れ始め、翌朝は朝より雨模様になりました。
5日目 焼岳に登る予定でしたが 台風18号が近づいており、登山は取りやめ、中の湯温泉でゆっくり温泉を楽しみ 台風が来る前に 新幹線で久留米に戻ってきました。

下記をクリックください。その日に飛びます。 

クリック→ アプローチ (久留米~名古屋~上高地) 
クリック→ 1日目(上高地~徳沢~横尾山荘)   
クリック→ 2日目(横尾山荘~涸沢~涸沢小屋)   
クリック→ 3日目(涸沢小屋~ザイテングラード~穂高岳山荘) 
クリック→ 4日目(穂高岳山荘~奥穂高~前穂高~上高地)    


本日の軌跡
0北アルプス2014-4

続きを読む
  1. 2014/10/04(土) 06:19:26|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

北アルプス「涸沢~穂高周回(3日目)」(2014.10.3)

北アルプス「涸沢~穂高周回(3日目)」(2014.10.3) 「アプローチよりご覧ください。」

3日目は北穂高岳南陵を登り、北穂高~穂高岳山荘と進む予定でしたが、朝から小雨とガスと強風で縦走路稜線を通るのは危険と判断し、ザイテングラードを登ることにしました。
小雨の中、ザイテングラードを登り、通常の2時間30分で登り切りました。
9時前に着いたため、涸沢岳に向かいましたが、強風が強く途中で引き返しました。
そこで、本日は待機と決め、小屋で美味しいカレーを食べ、ゆっくり休みました。
小屋はそこそこ登山者がいましたが、布団1枚でゆっくり泊まれました。

本日の軌跡
0北アルプス2014-3

続きを読む
  1. 2014/10/03(金) 20:05:32|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス「涸沢~穂高周回(2日目)」(2014.10.2)

北アルプス「涸沢~穂高周回(2日目)」(2014.10.2) 「アプローチよりご覧ください」

2日目は横尾を出発し、横尾大橋より涸沢に向かいました。
涸沢カールの紅葉は 丁度 良い頃を迎えており、今年は10年に一度の規模との事で、ダケカンバの黄色、ナナカマドの赤、ハイマツの緑が入り組んで、錦秋の世界は想像を絶するすごさでした。
涸沢小屋で受付をし、パノラマルートを「屏風の耳」まで登ってみました。
涸沢カールを見下ろす展望台はいろんな色が織りなすモザイク模様で素晴らしい景色を満喫できました。
涸沢小屋は登山者で溢れかえり、思った以上の込み方で夜はひと息の蒸し暑さで閉口しました。

本日の軌跡
0北アルプス2014-2
続きを読む
  1. 2014/10/02(木) 05:47:32|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

北アルプス「涸沢~穂高周回(1日目)」(2014.10.1)

北アルプス「涸沢~穂高周回(1日目)」(2014.10.1) 「アプローチよりご覧ください」

1日目は昼過ぎ 上高地を出発し、明神~徳沢~横尾まで進み、横尾山荘に宿泊しました。
快晴の天気で、明神岳を始め、周りの山々がくっきり見えていました。
道々、紅葉も始まっており、景色を愛でながら楽しく歩くことができました。
横尾山荘は1か月前より宿泊予約ができますが、予約開始直後 2段ベットの部屋を予約していましたので、ゆっくり宿泊することができました。
宿にはお風呂が設備されており、汗を流し、食事も美味しく、快適でした。

本日の軌跡
0北アルプス2014-1
続きを読む
  1. 2014/10/01(水) 20:20:39|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北アルプス「涸沢~穂高周回(アプローチ)」(2014.10.1-5)

北アルプス「涸沢~穂高周回(アプローチ)」(2014.10.1-5)

今年度のアルプス遠征は 秋の「涸沢~穂高」に行ってきました。
10月1日昼頃 上高地に入り、上高地~横尾~涸沢~ザイテングラード~奥穂高岳~吊尾根~前穂高岳~重太郎新道~岳沢~上高地と2泊3日で周回しました。
涸沢カールの紅葉は初めてでしたが、偶然にも今年の涸沢の紅葉は10年に一度の規模の良さとのことと、且つ、晴天と紅葉のピークに遭遇し、思いがけず錦秋の素晴らしい景色を愛でることができました。
3日目は小雨、ガスの悪コンディションでしたが、4日目は青空の大快晴で穂高稜線よりの雄大な景色を眺めながら、ルンルンで吊尾根を縦走し 上高地に下りてきました。
5日目、焼岳に登るつもりでしたが、台風18号が接近してきており、予定を繰り上げ久留米に戻ってきました。

今回の軌跡
0北アルプス2014
続きを読む
  1. 2014/10/01(水) 20:13:04|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる