FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

屋久島「シャクナゲ道を0m~0m」3日目(2014.5.31)

屋久島「シャクナゲ道を0m~0m」3日目(2014.5.31)

屋久島3日目は 鹿之沢小屋を出発し、念願の花山歩道を大川の滝(おおこのたき)に下りました。
登山道は原生林の大木が林立し、屋久島で最も美しいと言われる歩道は屋久島の森そのものでした。途中の花山広場では美しい川が流れ、おいしい水を飲むことができました。
標高の高い所の歩道はシャクナゲの花のトンネルでここでも花を満喫することができました。
大川の滝に到着後、海抜0mの海岸線まで下り切り、今回の拘り3項目をすべて満足することができました。
3日間、延べ40.5kmの行程は大満足の山行でした。

項目をクリックすると各日時に飛びます。
アプローチ(久留米~鹿児島~屋久島)
1日目(楠川歩道~白谷雲水峡~縄文杉~新高塚小屋)
2日目(新高塚小屋~宮之浦岳~永田岳~鹿之沢小屋)
3日目(鹿之沢小屋~花山歩道~大川の滝)
屋久島シャクナゲ

3日目の軌跡
0屋久島3
続きを読む
  1. 2014/05/31(土) 20:58:58|
  2. 屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

屋久島「シャクナゲ道を0m~0m」 2日目(2014.5.30)

屋久島「シャクナゲ道を0m~0m」 2日目(2014.5.30)

屋久島2日目は 新高塚小屋を出発し 第1展望台~第2展望台~平石岩屋~焼野三叉路~宮之浦岳往復~永田岳~鹿の沢小屋と進みました。
本日も天気が良く、登山道、山の斜面には想像を絶する量のシャクナゲが咲いており、50年に一度の規模との報道は確かなものでした。
永田岳は過去二回チャレンジしてどちらも悪天候で回りの眺望を望むことができませんでしたが、今回は三度目の正直で、快晴の空の下、宮之浦岳をはじめ周りの山々を望むことができました。
楠川海岸で採取した砂を永田岳の祠に収めてきました。永田岳の祠は普段では立ち寄るような場所にはなく、今回やっと見つけることができました。

2日目の軌跡
0屋久島2
続きを読む
  1. 2014/05/30(金) 06:03:45|
  2. 屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋久島「シャクナゲ道を0m~0m」 1日目(2014.5.29)

屋久島「シャクナゲ道を0m~0m」 1日目(2014.5.29)

さあ! 本日より入山します。
屋久島登山1日目は 楠川海岸より楠川歩道~白谷雲水峡~辻峠~太鼓岩往復~楠川分れ~大株歩道~ウイルソン株~縄文杉~高塚小屋~新高塚小屋 と進みました。
高塚小屋で泊まる予定でしたが小屋がいっぱいで新高塚小屋まで足を延ばしました。
民宿を4:30分に出発、新高塚小屋には16:30分に到着、重たい荷物を担ぎ12時間、高度差0m~1463m、距離18.6kmの歩行は最後はヨレヨレでした。
高塚小屋~新高塚小屋の間はシャクナゲの花が満開でした。

1日目の軌跡
0屋久島1

0屋久島2
続きを読む
  1. 2014/05/29(木) 19:18:34|
  2. 屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋久島 「シャクナゲ道を 0m~0m」 アプローチ(2014.5.28)

屋久島 「シャクナゲ道を 0m~0m」 アプローチ (2014.5.28)

シャクナゲの時期を迎え、屋久島に行ってきました。
今回、拘ったのは

① シャクナゲの時期に登る事
② 海抜0mから海抜0mまで歩く事
③ 花山歩道を歩く事
               
                         の3点です。

2009年、淀川登山口より入山し、花之江河~宮之浦岳~新高塚小屋~縄文杉~ウイルソン株~トロッコ道~大楠分れ~辻峠~白谷雲水峡~楠川歩道と縦走し、海抜0mまで下ったことがあります。その折、次回は0m~0mの横断を考えていました。
今回、2009年とは逆方向に海抜0mの楠川海岸を出発し、楠川歩道~白谷雲水峡~辻峠~トロッコ道~縄文杉~新高塚小屋~焼野三叉路~宮之浦岳往復~永田岳~鹿の沢小屋~花山歩道~大川の滝~海抜0m海岸と 屋久島北東海岸より斜めに縦走しました。

シャクナゲの花は50年に一度の規模の超表年で、想像を絶する量の花が登山道 及び 山の斜面を覆っていました。
下山路の花山歩道は思った通りの原生林の登山道で屋久島ならではの巨木が連なっており、屋久島の森を満喫できました。
更に幸運なことに、 屋久島では珍しく快晴の天気が4日間続き、また拘った3点の項目もすべてクリアーでき、大、大満足な山行でした。

今回の軌跡
0屋久島2014

続きを読む
  1. 2014/05/28(水) 19:50:45|
  2. 屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋久島シャクナゲ

屋久島シャクナゲ

永田岳

続きを読む
  1. 2014/05/27(火) 20:55:19|
  2. 屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫の丸尾~裏英彦山周回(2014.5.24)

猫の丸尾~裏英彦山周回(2014.5.24)

英彦山山系「猫の丸尾」に行ってきました。
英彦山大権現から入山し 黒岩山登山口~岳滅鬼峠~県境尾根~猫の丸尾~籠水峠~裏英彦山道~鬼杉~玉屋神社~英彦山大権現と周回しました。
一日中 いい天気で冷たい風は吹いて 木陰の登山道は快適に歩くことができました。
岳滅鬼峠よりの県境尾根、裏英彦山道は昔に比べると歩きやすくなっているものの、難路であることには変わらず、慎重に進む必要があります。
帰りに小郡「満天の湯」で入湯し 17時すぎ久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
0猫の丸尾
続きを読む
  1. 2014/05/24(土) 07:06:06|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高千穂峰登山(2014.5.18)

高千穂峰登山(2014.5.18)

ミヤマキリシマのシーズンに入り、霧島 高千穂峰に行ってきました。
新燃岳噴火後、霧島山系は 白鳥~甑、韓国岳辺りばかりでしたが、高千穂峰が登れるようになって 本日久しぶりに訪れました。
この山域は1970年代 学生の時 頻繁に訪れていましたので懐かしい場所です。
高千穂河原から山頂を往復しましたが、斜面に張り付くミヤマキリシマの群落は蕾が開花し始めた頃で斜面をピンクに染めるのはまだしばらく後のようです。
心配された天気も終日 曇りで 山頂付近は冷たい強風が吹いており、おかげで登山にはいいコンディションで予定の行程より早い時間に下山できました。
帰りにえびの高原の「えびの高原荘」で入湯し、久留米には17:00分に戻ってきました。

本日の軌跡
0高千穂の峰
続きを読む
  1. 2014/05/18(日) 19:24:22|
  2. 霧島山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天主山縦走(2014.5.11)

天主山縦走(2014.5.11)

ヤマシャクヤクの時期を迎え、天主山に行ってきました。
今回は 湯鶴葉登山口より入山し、湯鶴葉登山口~稲積山分岐~遠見山分岐~久保の息(くぼのいこい)~切剥(きりはぎ)~三方山分岐~天主山~天主の舞台~鴨猪川登山口と縦走しました。
湯鶴葉登山口を8:30分に出発し、鴨猪川登山口には16:00分前に到着、歩行距離は13.1kmに達しました。
お目当てのヤマシャクヤクはまだ蕾が多いものの、きれいに開いた株もたくさん見られ、いい時期を迎えようとしていました。
その他、登山道には 三つ葉つつじ、ヤマフジ、ヒゴイカリソウ、ニリンソウ、一人静、エンゴサク、スミレ等の花が見られ、花を愛でながら新緑の登山道をゆっくり歩いてきました。
帰りに佐俣の湯で入浴し、久留米には19時過ぎに戻ってきました。

本日の軌跡
0天主山

続きを読む
  1. 2014/05/11(日) 19:48:56|
  2. 中央山地、宮崎の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お姫山、五葉岳、兜巾岳(2014.5.4)

お姫山、五葉岳、兜巾岳(2014.5.4)

合宿2日目(5/4日)は お姫山、五葉岳、兜巾岳に登りました。
大吹登山口に車を一台デポし、お化粧山登山口より お化粧山~ブナの三叉路~お姫山~五葉岳~兜巾岳~大吹登山口と周回しました。
一日中快晴で 登山道は目的のアケボノツツジが満開で つぼみ混在のピンクの花が青空に映え、満開の花を目一杯 楽しんできました。
その他、ミツバツツジ、ヤマシャクヤク、シャクナゲ、アセビの花も良い頃を迎えており、写真を撮りながら ゆっくり周回し 大満足の山行でした。
帰りに日之影温泉で入湯し、高速がやや混んでいましたが18:30分過ぎ 久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
0お姫、五葉,
続きを読む
  1. 2014/05/04(日) 06:23:57|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新百姓山~檜山(2014.5.3)

新百姓山~檜山(2014.5.3)

今年の山岳会春合宿は 1日目(5/3日)、「新百姓山、檜山」で2日目(5/4日)は「お姫山、五葉岳、兜巾岳」でした。
1日目は 杉ヶ越から「新百姓山~檜山」を往復しました。午前中はPM2.5の影響で少し霞んでいましたが、午後より快晴になり 周りの景色もよく見えてきました。
「ミツバツツジ」は新百姓山周辺が見頃を迎えており、「アケボノツツジ」は新百姓~檜山間が満開の状態でした。
その他「シャクナゲ」や「アセビ」の花もいい時期を迎えており花を愛でながら新緑の登山道を快適に歩くことが出来ました。
下山後、日之影町戸川の石垣村に移動し、「石垣茶屋」で一泊しました。「日之影温泉」入浴後、たくさんの差入れ御酒で夜遅くまで賑わいました。

本日の軌跡
00新百姓、檜山

2日間の軌跡
0新百姓、五葉岳
続きを読む
  1. 2014/05/03(土) 14:18:42|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる