FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

宝満山(提谷ルート)(2013.12.28)

宝満山(提谷ルート)(2013.12.28)

12/28日は週間予報では雪マークがついており、今年の登り納めは宝満山の雪道を歩く計画でした。
雪道であれば、白ハケ尾根を登り、難所ヶ滝を経由して ウサギ道を下ろうと思っていましたが、思ったほどの寒波でなく、登山口である本導寺周辺は全く雪が有りませんでした。
それならば最近通れるようになった「提谷ルート」を登り、三郡山を往復した後、難所ヶ滝の様子を見て、ウサギ道をかまど神社に下ることにしました。
登山口には全く雪が有りませんでしたが、金の水付近より雪が多くなり、宝満~三郡縦走路にはかなりの雪が残っていました。
縦走路に登りあがり、凍った登山道は滑るため、アイゼンを着けて歩きました。
帰路、難所ヶ滝に立ち寄りましたが、「難所ヶ滝大つらら」はまだまだ小さく、年を越えて寒波が続くことが期待されます。
本日は思ったほど登山者は少なく、提谷、三郡山、難所ヶ滝、うさぎ道ではだれにも合わない静かな山行でした。
今年はこれで終了です。

本日の軌跡
0三郡山
続きを読む
  1. 2013/12/28(土) 11:00:55|
  2. 宝満山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福万山忘年登山(2013.12.22)

福万山忘年登山(2013.12.22)

福万山に行ってきました。KAC会山行としては忘年登山で、今年最後の行事です。
私は天候次第ですが28日が登り納めとしたいと思っています。
湯布院、青少年スポーツセンター上の駐車場より入山し、福万山山頂をピストンしました。
山頂下尾根より、ゴルフ場に下るコースがあるのですが、本日は雪が深く分岐入口が雪で覆われていた為、往路を戻りました。
本日は駐車場付近より雪が積もっており、山頂付近は40~50cm以上の積雪がありました。
登山道の周りの樹木には一面に霧氷が着いており、時折見せる青空に映えて、素晴らしい景色を愛でることが出来ました。
残念ながら、山頂付近はガスに覆われ、由布岳、九重連山など周りの山々は見通すことは出来ませんでしたが、一日 雪山を堪能することが出来ました。
帰路、七色の風で入湯し、17時頃久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
0福万山
続きを読む
  1. 2013/12/22(日) 08:10:39|
  2. 由布、鶴見、他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英彦山横断(2013.12.15)

英彦山横断(2013.12.15)

昨夜は山岳会のY先輩のお通夜に参列してきました。
日本100名山を 5座残しての逝去、大変 無念だったと思われます。
私が山岳会に入会してから ご一緒した「屋久島」、「九重雪山」、「伯耆大山バリエーション」等の写真 20数枚お渡ししてきました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌


さて、予てより計画していた英彦山に行ってきました。
少し前から天気予報では「冬型の快晴」との予報であった為、雪山を期待していました。
雪が多いならば、久大線、日田彦山線とJRを乗継、英彦山駅より添田町のコミュニティバスで登山口まで登ろうと思っていましたが、それほど寒波は来ず、ライブカメラで見ても雪が積もっている様子はなかったので、車で向かうことにしました。
「シャクナゲ荘」に車を置いて コミュニティバスで豊前坊まで移動し、高住神社~北岳~中岳~南岳~鬼杉~玉屋神社~英彦山大権現~シャクナゲ荘と東から西へ縦走しました。
北岳の肩辺りから雪が多くなってきたので、アイゼンを装着し、下山路 岩場を越えた辺りで外しました。
北岳~中岳辺りの登山道はそこそこ雪が有り、それなりに雪道を楽しむ事が出来ました。
13:30分には下山できたため、シャクナゲ荘で入湯し、帰りにいつもの「瓜生こんにゃく」を買って 16時頃 久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
0英彦山


続きを読む
  1. 2013/12/15(日) 10:12:25|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

蛤岳~脊振山縦走(2013.12.8)

蛤岳~脊振山縦走(2013.12.8)

坂本峠より 蛤岳~脊振山を 往復してきました。
この山域は山菜の時期、春にはよく登る所なのですが、坂本峠より入山するのは久しぶりです。
このルートは九州自然歩道にてよく整備されており、ロングコースですが歩きやすい登山道です。
往路は坂本峠~蛤岳~脊振山と標準のルートを歩きましたが、復路、小川内分岐より蛤岳の裾を周回し、蛤水道源流を経由するルートを歩きました。
きれいな沢沿いの気持ちの良い登山道でした。
快晴の空の下、縦走路は空気が冷たく、大汗をかくことはなく、又、冬枯れの登山道は落ち葉が敷き詰められ、歩きやすく快適な山行でした。

本日の軌跡
0蛤岳~脊振山
続きを読む
  1. 2013/12/08(日) 19:18:00|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展(2013.12.1)

写真展(2013.12.1)

毎年恒例の「筑山協写真展」が今年も 久留米市役所で開催されました。
久留米山岳会他、近郊の山の会より 60数点の応募があり、参加者の投票で「グランプリ」「特選」「奨励賞」が選抜されました。

私も下記、5点応募し、「初冠雪・伯耆大山」が奨励賞を頂きました。
どのような写真がいいのか?よく分からず、一般受けするような写真を応募したのが良かったのかもしれません!

「初冠雪・伯耆大山」
候補8
続きを読む
  1. 2013/12/01(日) 17:47:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる