FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

南アルプス白峰三山縦走(4日目)(2013.7.27)

南アルプス白峰三山縦走(4日目)(2013.7.27)  (アプローチよりご覧ください)

縦走4日目は 大門沢小屋より、大門沢に沿って 奈良田に下りました。
メンバーが前日足を痛めた為、3時間のコースを5時間30分 かけて下ってきました。
途中、丸木橋あり、ブナ林の深い森あり、八丁坂あり、変化に富んだコースで、最後につり橋を3ヶ所渡ると、広い林道に降りて来ました。
林道を進むと林道の入り口にはゲートがあり、南アルプス街道に出会いました。
南アルプス街道でケガ人を車で搬送し、残りのメンバーは車道を奈良田温泉まで歩き、「奈良田の里」温泉でエンディングを迎えました。

下記をクリックください。その日に飛びます。 

クリック→ アプローチ (久留米~京都~広河原) 
クリック→ 1日目(広河原~大樺沢~白根御池小屋)   
クリック→ 2日目(白根御池小屋~北岳~北岳山荘)   
クリック→ 3日目(北岳山荘~間ノ岳~農鳥岳~大門沢小屋) 
クリック→ 4日目(大門沢小屋~奈良田~久留米)    

4日目の軌跡
0ルート4

続きを読む
  1. 2013/07/27(土) 22:22:20|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南アルプス白峰三山縦走(3日目)(2013.7.26)

南アルプス白峰三山縦走(3日目)(2013.7.26)  (アプローチよりご覧ください)


縦走3日目は 北岳山荘より 中白根山に登り上がり、その後、間ノ岳前後の 日本で一番長い3000m稜線を歩きました。 
間ノ岳を過ぎ 一旦、農鳥小屋に下った後、再度 西農鳥岳~農鳥岳に登り返し、白峰三山の山頂をすべて走破しました。 
農鳥岳より大門沢下降点に降り、大門沢に沿って、大門沢小屋まで下って行きました。
風は強く吹いていましたが、一日中いい天気で 昨日通過した北岳を始め、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳、塩見岳、富士山等 周りの山々がくっきり確認できました。
本日も登山道に咲く色んな草花を愛でながら歩くことが出来ました。

3日目の軌跡
0ルート3
続きを読む
  1. 2013/07/26(金) 05:30:56|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南アルプス白峰三山縦走(2日目)(2013.7.25)

南アルプス白峰三山縦走(2日目)(2013.7.25)  (アプローチよりご覧ください)


縦走2日目は 白根御池小屋より草スベリを進み、小太郎尾根に登り上がった後、北岳肩ノ小屋~北岳と進みました。
北岳山頂はガスが掛り、周りの景色を眺めることはできませんでした。
早々に下山し、昼前に2日目の宿泊地、北岳山荘に入りました。
ガスが掛り、いいコンディションではありませんでしたが 草スベリや北岳山荘周辺のお花畑は満開で、いろんな草花を楽しむことができました。
本日も小屋でゆっくり昼食を取ることができました。
午後より天気が回復し、北岳や中白根山がくっきり見え始めたので、周りの山々や草花の写真を撮りに小屋の周りを散策しました。

2日目の軌跡
0ルート2
続きを読む
  1. 2013/07/25(木) 21:34:09|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南アルプス白峰三山縦走(1日目)(2013.7.24)

南アルプス白峰三山縦走(1日目)(2013.7.24)  (アプローチよりご覧ください)


縦走1日目は 広河原インフォーメーションセンターを出発し、広河原山荘より大樺沢に沿って登っていきました。
二俣まで登り上がり、白根お池に向かい、白根御池小屋に宿泊しました。
広河原インフォーメーションセンターに到着したころには雨は降っていませんでしたが、登り始め頃より小雨が降り始め 雨具の上着を装着して登っていきました。
小雨が降ったり止んだりでいたが、大降りにはならず 草花を楽しみながら歩くことができました。
白根御池小屋には昼前に到着し、ゆっくり昼食を食べました。

1日目の軌跡
0ルート1
続きを読む
  1. 2013/07/24(水) 21:13:27|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南アルプス白峰三山縦走(アプローチ)(2013.7.23)

南アルプス白峰三山縦走(アプローチ)(2013.7.23)

7/23日 夕方から 7/28日まで南アルプス白峰三山(しらねさんざん)に行ってきました。
7/24日朝、「広河原インフォーメーションセンター」より入山し、広河原山荘~大樺沢~白根御池小屋~草スベリ~北岳肩ノ小屋~北岳~北岳山荘~白根山~間ノ岳~農鳥小屋~西農鳥岳~農鳥岳~大門沢小屋~大門沢~南アルプス街道~奈良田温泉、と3泊4日で縦走しました。
2日目の昼過ぎまでは曇り、小雨、ガス、とあまりいいコンディションではありませんでしたが、2日目午後より天気は回復し、3日目の北岳山荘~間ノ岳~農鳥岳の3000m稜線では 南アルプスの山々、富士山など周りの絶景を眺めながら、天空の稜線歩きを楽しんできました。
花のシーズンもいい時期を迎えており ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ、チングルマ、キバナシャクナゲ、ナナカマド等、たくさんの高山植物の草花を愛でることができました。
「奈良田の里温泉」に下山し、入浴と食事をしたのち、名古屋に移動、夜行バス(どんたく号)で翌朝、福岡に戻ってきました。
初めての南アルプスでしたが、十分に楽しめた山行でした。

今回の軌跡
0南アルプス2013

今回のルートの標高図
01標高図

南アルプスの山々
1南アルプスルート
続きを読む
  1. 2013/07/23(火) 21:00:28|
  2. 日本アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天山、彦岳登山 (2013.7.21)

天山、彦岳登山 (2013.7.21)

23日より南アルプス遠征に出発します。最後の体慣らしの為、佐賀 小城市の七曲峠(石体越)より彦岳~天山を往復しました。
朝は山頂付近にガスが掛っていましたが、じきにガスは晴れ、爽やかな風が吹いて登山日和の天気となり、天山山頂は多くの登山者で賑わっていました。
又、天山の登山道は山野草が色々咲いており、さすが花の天山と思わせるような景色でした。
帰りに 古湯温泉「ONCRI」で入湯し、17:30分過ぎに久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
0天山
続きを読む
  1. 2013/07/21(日) 22:02:20|
  2. 天山周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三俣山5峰周回 (2013.7.14)

三俣山5峰周回 (2013.7.14

今月23日より南アルプスに行きますが、同行メンバーと体慣らしの為、九重 三俣山に行ってきました。
三俣山は「本峰、南峰、北峰、西峰、Ⅳ峰」と5峰の峰を持っています。
本日は大曲より入山し、大曲~すがもり越~西峰~Ⅳ峰~本峰~南峰~大鍋~北峰~小鍋~本峰/南峰鞍部~北千里ヶ浜~すがもり越~大曲 と周回し、5峰すべての山頂を踏んできました。
一日中 曇り空でガスが掛っていましたが 涼しい風は吹いており、大汗をかくことはありませんでした。
帰りに「花山酔」で入湯し、久留米には17:30分頃戻ってきました。

本日の軌跡
00三俣山
続きを読む
  1. 2013/07/14(日) 09:34:02|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三日月山~立花山周回 (2013.7.7)

三日月山~立花山周回 (2013.7.7)

福岡市近郊に位置する立花山の周辺を歩いてきました。
久山町の長谷ダムの登山口より、三日月山~立花山~松尾山~白岳と周回し、三日月山を経由し長谷ダムに戻ってきました。
概ね 曇りの天気でしたが、時折 梅雨明けを感じさせる日差しが差し、三日月山、立花山の山頂よりは福岡市、博多湾、能古島、等が良く見渡せました。
歩行距離は10kmでしたが、蒸し暑い登山道の中、かなりのアップダウンがあり、そこそこハードな山行でした。

本日の軌跡
0立花山
続きを読む
  1. 2013/07/07(日) 18:20:03|
  2. その他近場の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる