FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

観海アルプス北コース(2012.3.25)

観海アルプス北コース(2012.3.25)

天草の「観海アルプス」縦走に行ってきました。
昨年(2011.2.27)は「念珠岳~龍ヶ岳」の南コースを歩きました。
(クリック→ 2011年、南コース
今年は「二弁当峠~高舞登山(たかぶとやま)」の北コースを歩きます。
8:45分、二弁当峠登山口より入山し、鹿見岳~白嶽(はくたけ)~鋸嶽~蕗岳(つわだけ)~金比羅山~高舞登山(たかぶとやま) と縦走し、高舞山登山口に15時過ぎに降りてきました。
快晴の空の下、冷たい風が吹いて、最高の登山日和りでした。観海アルプスの名のごとく稜線から雄大な海岸線を望む事が出来、又 登山道は落ち葉のふわふわした歩きやすい道で大変満足した山行でした。帰りに「スパタラソ」で入浴し、19時過ぎ久留米に戻って来ました。

本日の軌跡
01観海アルプス北

2年間の軌跡
02観海アルプス
続きを読む
  1. 2012/03/25(日) 20:30:20|
  2. 雲仙、多良山系、天草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伯耆大山主稜線縦走(2012.3.18)

伯耆大山主稜線縦走(2012.3.18)

KACでは「春分の日」の前後に 伯耆大山南壁バリエーションルートを登っており、今年で9年目です。私は入会後、2007年から参加していますので6年目になります。
今年はホワイトアウトで槍尾根手前で敗退した昨年のコースのリベンジです。
(クリック →2011年
昨年同様、奥大山スキー場の駐車場で仮眠した後、5:30分奥大山スキー場を出発し、「奥大山スキー場~健康の森登山口~キリン峠~鉄柱~槍尾根~剣ヶ峰」と主稜線に登り上がり、核心部の「剣ヶ峰~ラクダの背~弥山(みせん)」の主稜線を縦走しました。弥山(みせん)の山頂小屋で昼食をとった後、夏山登山道を 大山寺に降りてきました。
ガスが掛りあまりいいコンディションではありませんでしたが、幸いにも風があまり吹いてなかった為、念願の槍尾根よりの主稜線縦走を達成でき、大満足でした。
核心部の「ラクダの背」付近の稜線は思ったほど雪が着いてなく 岩肌がむき出しになっていたため、50m、30mザイルを用いフィックスロープを張り、安全確保しながら進みました。
核心部通過にあたってはベテラン勢のすばやい判断と指示、及び手際よい安全確保で進み、さすが老舗の山岳会だなと思わせる山行で、この様な時期の雪山登山は雪庇も多く、ルート選び等豊富な経験を積んだ人の同行が不可欠だなと感じさせられました。
大山寺へ下山後、定宿「緑荘」に移動し、夜はいつものように反省会を兼ねた大宴会で盛り上がりました。
翌日は久留米への帰り、松江市大根島の「由志園」に立ち寄り、素晴らしい庭園と牡丹の花を見学し、18時前に久留米に戻って来ました。

本日の軌跡
0伯耆大山縦走

2007年からの軌跡
伯耆大山軌跡
続きを読む
  1. 2012/03/18(日) 12:50:50|
  2. 伯耆大山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耳納連山「漱石の道」(2012.3.11)

耳納(みのう)連山「漱石の道」をKAC会山行で歩いてきました。参加者は41名と学級遠足並みの大パーティーでした。
「漱石の道」は2010年4月に単独で歩いたことがあります。(クリック→ 2010年4月) 
本日は公共の乗り物を利用し、筑後草野駅から、発心公園~発心山~グライダー山~枡形山~耳納平~耳納山~兜山~高良山~高良大社~王子宮~御井駅と縦走しました。
歩行距離は16.7kmでした。
天気はまずまずで、尾根沿いは冷たい風が吹いて快適に歩けましたが 風が強い所は震え上がるほどでした。
稜線からの眺めは春霞がかかり、期待していた 句碑5「菜の花の 遥かに黄なり 筑後川」の情景は確認することはできませんでした。天気の良い日に出直すことにします。
高良山山頂で丁度14:46分になり、全員で 東北大震災1周年の黙とうをしました。

今回の軌跡
0漱石の道KAC
続きを読む
  1. 2012/03/11(日) 19:32:53|
  2. 耳納山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福智山「筑山協合同登山」(2012.3.4)

福智山「筑山協合同登山」(2012.3.4)

恒例の筑山協合同登山で福智山に行ってきました。幹事の「筑後山の会」他、「吉井山の会」「アサヒ山岳会」「久留米山岳会」の4団体で総勢45名の参加者でした。(KAC22名)
上野峡より入山し、上野登山口~上野越~鷹取山往復~福智山~荒宿荘(昼食)~上野越~上野登山口 と福智山山頂をピストンしました。
生憎の「曇り、時々小雨」の天気で福智山山頂はガスに覆われ 周りは何も見えませんでしたが、他の山岳会と和気あいあいと交流し、楽しい山行でした。
帰りに「直方いこいの村」(500円→450円)で入湯し、久留米には16:30分頃戻って来ました。

今回の軌跡
2福智山
続きを読む
  1. 2012/03/04(日) 17:46:14|
  2. 福智山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる