FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

井原山「キツネノカミソリ」(2010.7.27)

井原山「キツネノカミソリ」(2010.7.27)

井原山 水無鍾乳洞周辺の「キツネノカミソリ」が見頃を迎えており、「オオキツネさん」に会いに行ってきました。
水無鍾乳洞付近はやや盛りを過ぎているものの、水無川上部のキツネノカミソリ群生地は まだ つぼみが多い状態で 新芽が次々と出ている状態でした。中間付近が丁度見頃で 群生地はまだ1週間ぐらいは十分に楽しめるものと思われます。

IMG_0167.jpg
続きを読む
  1. 2010/07/27(火) 16:58:53|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福智山「菅生の滝」(2010.7.25)

福智山「菅生の滝」(2010.7.25)

KAC山行にて「菅生の滝」より福智山に登りました。
福智山は良く行く山域ですが、菅生の滝より入山するのは始めてです。
菅生の滝の下の駐車場より 菅生の滝~尺岳平~尺岳往復~山瀬越~豊前越~烏落~荒宿荘~福智山~八丁~白糸の滝~上野峡 と縦走しました。
天気もまずまずで、昼食場所の福智山山頂では涼しい風も吹いており、それでも大量の汗をかいて上野峡におりてきました。帰りに「ほうじょう温泉ふじ湯の里」で入湯し、17時過ぎには久留米に戻ってきました。

本日の軌跡
福智山2010.7

この山域の今までの軌跡
福智山2

続きを読む
  1. 2010/07/25(日) 08:25:39|
  2. 福智山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祖母山「神原登山口」(2010.7.18)

祖母山「神原登山口」(2010.7.18)

夏の鍛錬遠足で「祖母山」に登りました。
昨年(2009.7.20)は「黒金尾根」より祖母山に登りましたが、今年は「神原登山口」より山頂を目指します。私は隣の「メンノツラ」より(2005.9.18)祖母に登った事はありますが「神原登山口」よりは初めてで 楽しみです。
現在、祖母山は標高の最も高い「五ヶ所 北谷登山口(1105m)」より登ってくる人が多いのですが、公共の乗り物のアクセスの良い「神原登山口」は以前は祖母山の一般的な登山口でした。
神原登山口駐車場の標高が(660m)ですので祖母山山頂(1756m)まで1100m登っていきます。
ちなみに昨年の黒金尾根の取り付きは(575m)ですのでもっと大変でした。
6月は梅雨で予定されていた山行がかなり中止になりましたので約1ヶ月ぶりの登山になります。
昨日 北九州は梅雨明けしましたが、南九州は雨が残り、本日も5合目付近より小雨が降り始め、終日 雨が残りました。幸い本降りにはならず、私は雨具は装着しませんでした。
帰りに竹田の「花水月」で入湯し、久留米には8:00分過ぎに戻ってきました。

本日の軌跡
祖母山神原
続きを読む
  1. 2010/07/18(日) 14:32:05|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スイスアルプス周遊「8日目(最終日)」(2010.7.8)

スイスアルプス周遊「8日目(最終日)(ベルン観光、移動) 」(2010.7.8)

本日はツァー最終日です。
ツェルマットの町を遅めに出発し、スイスの首都「ベルン」に向かいます。「ベルン」の町は世界遺産に登録されており、美しい町を散策する予定です。
午後、「ベルン」より「チューリッヒ空港」に移動し、夜の便で「インチョン空港」経由で福岡に戻ってきます。

項目をクリックすると各日時に飛びます。
1日目(移動)
2日目(ベルニナアルプス)
3日目(氷河特急、ハイジの里、ルツェルン市内観光)
4日目(ユンクフラウヨッホ)
5日目(ロートホルン、ラヴォー地区ぶどう畑ハイキング)
6日目(モンブラン)
7日目(マッターホルン)
8日目(ベルン観光、移動)

8日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
ツェルマット ~テーシュ ~ベルン ~チューリッヒ空港 ~インチョン空港 ~福岡空港

7.8スイス000


続きを読む
  1. 2010/07/08(木) 12:53:13|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スイスアルプス周遊「7日目」(2010.7.7)

スイスアルプス周遊「7日目 (マッターホルン)」(2010.7.7)
「1日目」より御覧下さい。

本日はいよいよ、本ツアーの佳境に入ります。天気も良さそうです。
暗いうちから「ロートホルン パラダイス(3103m)」に登り、山頂より マッターホルンの燃えるような「モルゲンロート」を愛でた後、ツェルマット~「ゴルナーグラード展望台(3112m)」と移動し、快晴の空の「マッターホルン」の雄姿を眺める予定です。
続いて、山頂「ゴルナーグラード駅」より1駅下った「ローテンボーデン駅」よりマッターホルンを眺めながらのハイキングが予定されています。運がよければ 途中の「リッフェル湖」より「逆さマッターホルン」が見えるはずです。期待しましょう。

7日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
ツェルマット ~ロートホルン パラダイス ~ツェルマット ~ゴルナーグラード展望台 ~ローテンボーデン ~ハイキング ~リッフェルベルグ ~ツェルマット

7.7スイス000

7.7スイス010 続きを読む
  1. 2010/07/07(水) 16:09:37|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「6日目」(2010.7.6)

スイスアルプス周遊「6日目 (モンブラン)」(2010.7.6)
「1日目」より御覧下さい

本日はロープウェイを乗り継ぎ、「エギュードミディ展望台(3842m)」より ヨーロッパ最高峰の「モンブラン(4807m)」の雄姿を眺めます。
富士山(3756m)より高い位置に登りますので高山病の心配があるとのことです。ゆっくり動くことが肝要とのことでした。
しかし、今まで私が到達した最高点に立つことが出来る為 楽しみです。
昼食後、バスで移動し、今回のスイス旅行の最大の目玉「マッターホルン」の町「ツェルマット」に入ります。

6日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
シャモニー ~エギュードミディ展望台 ~シャモニー ~マルティニ ~ティーシュ ~ツェルマット

7.6スイス000 続きを読む
  1. 2010/07/06(火) 17:10:13|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スイスアルプス周遊「5日目」(2010.7.5)

スイスアルプス周遊「5日目 (ロートホルン、ラヴォー地区ぶどう畑ハイキング)」(2010.7.5)
「1日目」より御覧下さい。

朝、アイガーの麓「グリンデルワルド」出発します。本日は目玉が2ケ所あります。
1つ目はブリエンツより蒸気機関車で標高2244mの「ロートホルン」に登ります。
2つ目は世界遺産のレマン湖畔「ラボー地区のぶどう畑ハイキング」と「シヨン城観光」です。
その後、フランス国境を越え、モンブランの麓 「シャモニー」の町に向かいます。

5日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
グリンデルワルド ~ブリエンツ ~ロートホルン ~シェーブル ~ラボー地区ぶどう畑ハイキング 
~シヨン城 ~シャモニー

7.5スイス000 続きを読む
  1. 2010/07/05(月) 17:43:11|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スイスアルプス周遊「4日目」(2010.7.4)

スイスアルプス周遊「4日目 (ユンクフラウヨッホ)」(2010.7.4)
「1日目」より御覧下さい。

昨日、アイガー山麓の町「グリンデルワルド(標高1067m)」に入りました。
本日は「ヴェンゲルンアルプ鉄道」で「クライネ・シャイデック(2061m)」まで登り、「ユングフラウ鉄道」に乗り換え、アイガー岸壁を繰り抜いたトンネルで「ユングフラウヨッホ駅(標高3454m)」に向かいます。
「ユングフラウヨッホ駅」は ヨーロッパで標高の最も高い駅で 「トップ オブ ヨーヨッパ」 と呼ばれています。
さらに、「ユングフラウヨッホ」よりエレベーターで「スフィンクス展望台(3571m)」まで登り、3500mの絶景を楽しむ予定です。
帰路、「アイガーグレッチャー駅」から「クライネ・シャイデック駅」までの「フラーワーハイキング」が予定されており、山野草が楽しみです。

4日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
グリンデルワルド ~クライネ・シャイデック ~ユングフラウヨッホ ~スフィンクス展望台 
~ユングフラウヨッホ ~アイガーグレッチャー ~フラワーハイキング ~クライネ・シャイデック ~グリンデルワルト

7.4スイス000

7.4スイス002
続きを読む
  1. 2010/07/04(日) 14:27:54|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スイスアルプス周遊「3日目」(2010.7.3)

スイスアルプス周遊「3日目 (氷河特急、ハイジの里、ルツェルン市内観光)」(2010.7.3)
「1日目」より御覧下さい。

本日は氷河特急に乗り サンモリッツからクールまで行きます。
途中、アルブラ線の世界遺産区間(サンモリッツ ~トゥージス)を通ります。
他にマイエンフェルトの「ハイジの里」、「ルツェルン市内観光」と盛りだくさんの行程で進み、アイガーの麓「グリンデルワルト」に泊まることになっています。

3日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
サンモリッツ ~氷河特急乗車 ~クール ~マイエンフェルト(ハイジの里) ~ルツェルン市内観光 ~グリンデルワルト

7.3スイス000 続きを読む
  1. 2010/07/03(土) 16:02:38|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スイスアルプス周遊「2日目」(2010.7.2)

スイスアルプス周遊「2日目(ベルニナアルプス) 」(2010.7.2)
1日目」より御覧下さい

昨日遅く「サンモリッツ」に着きました。本日よりスイス周遊が始まります。
本日の行程には3ヶ所の目玉があります。
1つめは「モルテラッチ氷河 ハイキング」、2つめは「ディアボレッツァ展望台よりのベルニナアルプスの眺望」、3つめは「世界遺産ベルニナ線の列車の旅」です。
朝目覚めると快晴の天気で素晴らしい景色が期待できます。

2日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
サンモリッツホテル ~モルテラッチ氷河 ハイキング ~ディアボレッツァ展望台 ~ティラーノへ移動 ~ベルニナ線の列車乗車 ~サンモリッツ

7.2スイス000 続きを読む
  1. 2010/07/02(金) 09:35:51|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイスアルプス周遊「1日目」(2010.7.1)

スイスアルプス周遊「1日目 (移動)」(2010.7.1)

2010.7.1日~9日まで夫婦でスイスに行ってきました。
2人きり、日帰りであちこち行くのは頻繁にありますが、泊りがけの旅行はたぶん「新婚旅行」以来でしょう。
阪急交通社 トラピックス「憧れのスイスフラワーハイキング」のツァーで「ベルニナアルプス」「ユングフラウ」「モンブラン」「マッターホルン」のアルプス4大名峰を周回しました。
これとは別に「世界遺産ベルニナ線」、「世界遺産アルブラ線」の列車の旅、及び「世界遺産ラヴォー地区ぶどう畑ハイキング」、「世界遺産ベルン観光」等も含まれ、盛りだくさんのツァーでした。
旅行中、2000枚近くの写真、9時間のビデオ撮影をしてきました。
9日間の行程を順を追って紹介します。

1日目の行程 (写真をクリックすると大きくなります)
福岡空港 ~インチョン空港 ~ウィーン空港 ~チューリッヒ空港 ~サンモリッツ

7.1スイス000
続きを読む
  1. 2010/07/01(木) 05:55:31|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スイスアルプス周遊(2010.7.1~9)

スイスアルプス周遊(2010.7.1~9)

7月1日から9日までスイスに行ってきました。
アルプスの山々の望んでのトレッキング、世界遺産の観光等、盛りだくさんの周遊コースでアルプスの峰峰を堪能してきました。
写真を2000枚、ビデオを9時間分撮って来ており、整理にしばらく時間が掛かります。
近々、9日間のスイスの素晴らしい景色の写真をUPしますので 御期待下さい。

写真をクリックすると大きくなります

1.jpg

4.jpg

5.jpg
  1. 2010/07/01(木) 02:09:08|
  2. ヨーロッパ(スイス)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる