FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

次郎丸嶽、太郎丸嶽 KAC山行(2009.2.22)

次郎丸嶽、太郎丸嶽 KAC山行(2009.2.22)

本日はKAC山行にて 天草の「次郎丸嶽、太郎丸嶽」に行きました。
昨日の仰烏帽子山に続き連チャン登山です。昨日はあんなにいい天気だったのに本日は朝からどんよりと曇っており午後は雨の予報(100%)です。覚悟しなければ!
7:00分 総勢31名で競技場を出発しました。私は天草の山は初めてなので楽しみです。
高速で松橋まで行き 三角より天草5橋すべて渡り、松島町今泉の町営駐車場に9:30分前に到着しました。9:37分 駐車場を出発し登山道に差し掛かるころから小雨が降り始め、その後終日降ったり止んだりの天気でした。しかし大降りにはならず予定通り太郎丸嶽、次郎丸嶽 2座に登り12:40分登山口に戻ってきました。午後からは雨がひどくなってきた為、町営の体育館の2階を借り 遅い昼食をとりました。その後「スパタラソ天草」で入湯し、17:30分 久留米に帰って来ました。

本日の軌跡
次郎丸嶽
続きを読む
  1. 2009/02/22(日) 23:28:30|
  2. 雲仙、多良山系、天草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仰烏帽子山 福寿草観賞登山(2009.2.21)

仰烏帽子山 福寿草観賞登山(2009.2.21)

2月に入りあちこちから福寿草の便りが届いています。
仰烏帽子山も2月の中旬には仏石上部の福寿草群生地が見頃を向かえているとのことで 今年は花の開花が早いようです。
そこで例年ならば3月の頭に仰烏帽子山に行くのですが今年は早めに行くことにしました。
週間天気予報によれば来週は天気が崩れ、ピンポイントで21日(土)のみ晴れとの予報であるため、急遽 本日(21日)仰烏帽子岳に向かいました。メンバーは家内とご近所さん2名の計4名です。道路事情を考え(雪があるかも)窮屈ですが4駆の愛車「パジェロミニ」で行くことにしました。
6:00分に久留米を出発し、元井谷登山口には8:40分に到着しました。元井谷登山口より 登山口~元井谷~仰烏帽子山~仏石分岐~仏石~福寿草群生地~仏石分岐~元井谷~登山口 と往復しました。
本日は快晴で登山口に到着した時には仰烏帽子山頂は霧氷で白くなっており期待して山頂に到着しましたが、到着時には霧氷はまったく無くなっていました。しかし登山道は凍っており 霜柱で真っ白になっているところもありました。
福寿草は仏石上の群生地で超満開になっており、すばらしいお花畑を見ることが出来ました。元井谷は午前中登る時にはまったく見えなかった福寿草が午後下山時には一斉に開花し、群生地とはまた違った趣のお花畑を堪能することが出来ました。同行者も福寿草の美しさには満足されたことと思います。

本日の軌跡
仰烏帽子山
続きを読む
  1. 2009/02/21(土) 21:50:58|
  2. 中央山地、宮崎の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久住山西稜登はん(2009.2.15)

久住山西稜登はん(2009.2.15)

KACでは毎年2月頃雪上訓練として 久住山西稜を登っています。
今年はまったく雪がないことはわかっていましたが とりあえず8:20分 牧ノ戸峠より入山し 「久住分れ」に向かいました。
久住分れ下の避難小屋の辺りより「西稜取り付き」に行くまでにはミヤマキリシマの群落を横切らなければなりません。雪が多いときはミヤマキリシマが雪に覆われその上を通過することが出来ます。
本日は雪がなくミヤマキリシマを痛める恐れがあるため 一旦下り、群落の最下部を迂回して「取り付き」に向かうことにしました。「取り付き」より西稜を一気に久住山山頂まで登って行きました。
本日はピッケル等を使っての雪上訓練が出来ない為、久住山~神明水~稲星山~中岳~天狗ヶ城~久住分れ~星生崎~星生山~牧ノ戸峠 と周回する鍛錬遠足に変更になりました。
そうそうたるメンバーに引っ張られ、駆け足山行でした。
15:00分牧ノ戸峠に到着後、九重観光ホテルにて入湯し 久留米には18:30分前に戻ってきました。

本日の軌跡
久住山
続きを読む
  1. 2009/02/15(日) 22:39:57|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

井原山~雷山縦走(2009.2.11)

井原山~雷山縦走(2009.2.11)

御近所さんを引き連れ、井原山~雷山を縦走してきました。
7:30分久留米を出発し、途中 みやき町のコンビニで食料を調達し、県道46号線を北上し、三瀬峠より広域林道を古場岳に向かいました。
9:30分 古場岳より 井原山(10:30分)~雷山(12:15分)~古場岳(14:00分)と周回しました。雷山で昼食を取りましたが小雨が降り始めたので早々に下山して来ました。概ね曇りの天気でしたが黄砂で周りの景色は殆んど見えませんでした。しかし、尾根道は冷たい風が吹いていましたので殆んど汗もかかず爽やかな山行でした。帰りに「山茶花の湯」にて入湯し、18時前に久留米に戻ってきました。 

本日の軌跡
井原山1

アプローチ
井原山2
続きを読む
  1. 2009/02/11(水) 21:35:51|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一の峰~冠ヶ岳縦走(2009.2.7)

一の峰~冠ヶ岳縦走(2009.2.7)

本年4/12日 会山行で 一の峯~ニの峯~冠ヶ岳~地蔵峠 と縦走します。
冠ヶ岳~地蔵峠間 は歩いたことがありますが 一の峯~ニの峯~外輪山縦走路間 は初めてなので 本日行って来ました。
6:00分に久留米を出発し、一般道を走り 一の峯登山口 (第1登山口)に8:20分に到着しました。登山準備をし8:30分入山しました。天気はまずまずでしたが 霞がかかり景色はあまり鮮明に見えません。緩やかな草原の登山道を登り、9:00分 一の峯の山頂に到着しました。少し休憩後 二の峯(9:22分)、鉄塔(9:40分)、外輪山縦走路出合(10:00分)、冠ヶ岳分岐(10:30分)と進み、冠ヶ岳には10:40分到着しました。ここで早い昼食を取り 11:17分 登ってきた道とは反対の登山道を降りていきました。途中、ショートカットするつもりが 判断を誤り、舗装された牧道に下りてしまいました。牧道を進んで行くと 偶然 第2登山口に出合ったので ここより更に登り返しました。
下山路は二の峯、一の峯の下を迂回している巻道を通り 第1登山口には12:45分に戻ってきました。
帰りに「龍神の湯」で入湯し、一般道を通り 16時前に久留米に到着しました。

本日の軌跡
一の峯1

アプローチ
一の峯2
続きを読む
  1. 2009/02/07(土) 23:17:31|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる