FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

由布岳 山行(2008.11.30)

由布岳 山行(2008.11.30)

昨日の久住山に引き続き、本日は遠来の友人を案内して由布岳に登りました。
ホテルで朝食をとり、8:30分前に由布岳正面登山口駐車場に着きました。
正面登山口を8:30分に出発し、由布岳をピストンしました。途中雲海に入り徐々に木々に霧氷が着き始めました。山頂付近は真っ白な霧氷の林になり、思いがけずすばらしい景色に出会うことが出来ました。マタエでKAC有志一行 7名と偶然出会い、山頂まで御一緒することとなりました。
山頂には10:30分に着きました。山頂直下で早い昼食をとり、10:50分、下山は一気に駐車場まで降りて来ました。駐車場には12:20分に到着しました。午後より快晴となり麓より青空に浮かんだ由布岳を望むことが出来ました。下山後堀田温泉で入湯し、別府まで友人を送り 久留米には17時前に戻ってきました。

本日の軌跡
由布岳
続きを読む
  1. 2008/11/30(日) 21:50:51|
  2. 由布、鶴見、他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久住山 山行(2008.11.29)

久住山 山行(2008.11.29)

遠来(大阪)の友人を案内して久住山に行ってきました。
九州の山は始めてとのことであり、それならば代表的な九重連山を案内することにしました。
大阪より夜行バスで福岡に入るため 入山がいつもより遅い時間になります。コースを色々考えましたが、大曲~星生新道~星生山~久住山~北千里ヶ浜~すがもり越~大曲と周回する私の好きなコースを設定しました。
久留米の西鉄花畑駅にて8:00分に合流し、高速で九重に向かいました。10時前に大曲駐車場に到着しました。九重の峰峰の山頂にはガスが掛かり、山頂付近は雪で白くなっていました。
登山準備をし10:00分に駐車場を出発し、星生新道を登って行きました。
途中よりガスと風がひどくなり 悪コンデションになりました。星生山には11:25分に到着し、ガスの中で記念撮影をし、すぐに久住山に向かいました。いつものごとく星生崎を経由するよう 直進しましたが岩場が雪で凍っており、ガスと風が強くなってきたため、直進はあきらめ 少し引き返し西千里ヶ浜に降りました。途中 12:00分になったため避難小屋に立ち寄り 中で昼食をとりました。昼食後、12:35分 久住山に向かいました。13:00分久住山に到着しましたが、益々ガスと風が強くなり、小さな氷の塊が横殴りに吹きつけ、痛く感じるほどでした。早々に山頂を後にしました。
これだけガスが掛かるといつも通る道なのに方向がわかりにくく、黄色の標識、久住分かれより続くロープの案内がありがたく感じました。久住分れより北千里ヶ浜に降り、すがもり越には14:00分に到着しました。少し休憩し 大曲の駐車場には14:50分に戻ってきました。
遠来の友人を久住の冬景色が歓迎してくれた一日でした。

本日の軌跡
久住山
続きを読む
  1. 2008/11/29(土) 21:15:57|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田原山(鋸山) KAC山行(2008.11.23)

田原山(鋸山) KAC山行(2008.11.23)

KAC山行にて田原山に行ってきました。
田原山は別名鋸山(のこぎりやま)といい、標高は542mしかありませんが 岩峰の面白い山です。
今回は25名の参加で 6:00分に競技場を出発しました。久留米ICより高速に入り速見IC~日出バイパスと進み、国道10号線を北上しました。山香町より鋸山トンネルの方向に右折し、鋸山トンネル手前の駐車場に8:30分に到着しました。
登山準備をし、8:40分 鋸山登山口より入山しました。ロープの設置された岩峰を 南峰~大観峰~八方岳と進みました。八方岳が田原山の最高峰にて9:50分に到着しました。眺望を楽しんだ後 無名岩を経由し、熊野磨崖仏の方向に降りて来ました。磨崖仏を見学した後 バスの待つ磨崖仏の駐車場に向かいました。駐車場には11:40分に到着しました。
午前中に着いたため 入湯場所の山香温泉 風の郷に向かい、温泉の前の公園で昼食となりました。昼食後 山香温泉に入り 帰路 由布院の道の駅に立ち寄り 久留米には16:30分に到着しました。
一日中いい天気で 鋸山の岩峰のコマユミの紅葉が素晴らしく 初めての山域だったため有意義な一日でした。

本日の軌跡
田原山

アプローチ
田原山2
続きを読む
  1. 2008/11/23(日) 22:22:44|
  2. 由布、鶴見、他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経読岳 KAC山行(2008.11.16)

経読岳 KAC山行(2008.11.16)

KAC山行にて経読岳に行ってきました。
この山域は昨年11月24日 「福岡横断縦走」の行程で通過しました。今回は 耶馬溪側の相ノ原集落より入山し、犬ヶ岳横の笈吊峠より下りてきます。
マイクロバスにて久留米競技場を6時に出発し、日田より国道212号線で中津方向に向かい、途中 相ノ原の方向に左折しました。相ノ原の「小屋ヶ岳登山口」には8時前に到着しました。
8:10分 小屋ヶ岳登山口より入山し 経読岳に向かいました。途中、小屋ヶ岳分岐付近で登山道を外し、悪路を登ることになりました。1時間位 悪戦苦闘し やっとのことで縦走路の途中に登りあがることが出来ました。帰ってGPSの軌跡を確認すると入る谷を間違っていました。しかし難路ではありましたが、最短距離で縦走路に登り上がっていましたので怪我の功名でした。
縦走路を経読岳方向に向かい 経読岳には10:54分に到着しました。山頂で約30分間 昼食休憩をし縦走路を引き返しました。縦走路に登りあがった合流点を過ぎ 笈吊峠に向かいました。
笈吊峠より耶馬渓側の登山道を降り、13:47分バスの待つ犬ヶ岳登山口に戻ってきました。
途中小雨に会いましたが 大半が曇り空で特に問題はありませんでした。登山道のあちこちですばらしい紅葉が見られました。また帰る途中 山国町では「かかし祭り」が行われており、見学してきました。守実温泉で入湯し久留米には17:30分に到着しました。

本日の軌跡
経読岳

アプローチ
経読岳2
続きを読む
  1. 2008/11/16(日) 22:22:18|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

坊がつる散策(2008.11.15)

坊がつる散策(2008.11.15)

本日 御近所さんと「坊がつる」に行ってきました。この山行は先週8日に計画していましたが雨で一週間延期していました。8:00分吉部の駐車場から入山し、行きは大船林道を経由して坊がつるに入りました。大船林道の紅葉は大半終わっていましたが まだ所々に鮮やかな紅葉が残っていました。昼食は坊がつるで「豚汁」を作り7人全員で美味しく食しました。午前中は天気が良く三俣山、大船山、平治岳など稜線がくっきり見えていました。帰りは「暮雨の滝」を経由し、吉部の駐車場に戻りました。帰りの登山道も所々に鮮やかな紅葉が見られました。下山中、小雨が降ってきたため暮雨の滝には下りず、急いで戻ってきました。14:30分吉部に到着しました。九重観光ホテルで入湯し、久留米には18:30分に戻ってきました。九重最後の紅葉を楽しんできました。

本日の軌跡
坊がつる
続きを読む
  1. 2008/11/15(土) 23:20:54|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

英彦山 北西尾根山行(2008.11.9)

英彦山 北西尾根山行(2008.11.9)

英彦山の北西尾根を登ってきました。
このコースは何年か前よりネット上で紹介されており 一度は登ってみたいと思っていました。
今回のメンバーはKACの新旧副会長4名、鉄人Mさんを含む岩組みの皆さん、この山域に精通しているY元奥さん等 精鋭18名になりました。今回のルートは一般登山道とは違い、難路が予想されるため 心強いメンバーがそろいました。
6:00分マイクロバスにて競技場を出発し 英彦山の鷹ノ巣高原ホテル下駐車場には8:00分前に到着しました。早速 登山準備をし8:00分に駐車場を出発、九州自然歩道を豊前坊方向に登っていきました。途中 英彦山野営場バンガロー横の階段より北西尾根に入っていきます。階段の先に続く尾根道を 野鳥観察小屋~野鳥観察路出合~ブナの木~岩場 と進み北西尾根の上部に着きました。そこより、最後にスズタケの中をヤブコギで 15分進むと正面登山道に飛び出しました。そのまま正面登山道を登り 英彦山中岳山頂には10:05分に到着しました。
健脚メンバーに引っ張られ 思った以上に早く山頂に着いた為 さらに南岳を往復することにしました。南岳到着後 帰りは女道を通り 10:55分中岳山頂に引き返してきました。 山頂の気温は3度で強風が吹いていた為 体感温度はもっと低く感じました。強風を避け、山頂下の中岳休憩所でY元奥さんが用意してくれた「生姜湯」で温まり 11:25分まで昼食休憩としました。昼食後 下山は正面登山道を途中まで下り、紅葉谷分岐より紅葉谷に沿って下っていきました。さらに途中の観察路入口より右折し、紅葉谷を横切った後 野鳥観察路を北西尾根方向に戻ってきました。午前中登って来た道に合流後、さらに先に進みスキー場に降りてきました。スキー場で小休止し、スキー場より九州自然歩道を出発点の駐車場に戻って来ました。 駐車場には 13:20分に到着しました。
英彦山北西尾根は「紅葉の尾根道」「岩場」「ヤブコギ」とバラエティーに富んだコースで 急登で苦労する場所はありましたが、さしたる危険個所もなく 楽しく登ることが出来ました。また英彦山の紅葉が真っ盛りで 紅葉谷では赤、黄色に色づいた木々、及び 地面に敷き詰められた赤、黄の落ち葉を十分に堪能することが出来ました。
甘木観光ホテルで入湯し、久留米には16:30分過ぎに戻ってきました。

本日の軌跡
英彦山1
続きを読む
  1. 2008/11/09(日) 22:10:46|
  2. 英彦山山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧立往復縦走「紅葉観賞」(2008.11.2)

霧立往復縦走「紅葉観賞」(2008.11.2)

霧立縦走に行ってきました。 この山域は 2004.10.24 山女の里のツアーにて来たことがありますが、8月の台風で 五ヶ瀬ハイランドまでの道が決壊し、小川岳のコースに変更になりました。
その後 中々機会がなく 本日やっと念願の霧立縦走が実現しました。
当初の予定では 11/2日 扇山小屋に泊まり 翌日戻ってくる計画でしたが11/3日の天気が雨になる予報であったため、2日間を1日に濃縮し 一気に往復することになりました。
久留米を予定より1時間早い5時に出発し、五ヶ瀬ハイランド上のゴボウ畑登山口には8時前に到着しました。登山準備をし 8:00分登山口を出発しました。帰りに向坂山には寄ることとし、杉越より縦走路を扇山に向かいました。杉越~白岩山~馬つなぎ場~扇山小屋 と進み 扇山には11:07分に到着しました。扇山で30分間の昼食休憩後、さらに縦走路を内の八重方向に少し下りた所に有るイチイの大木「アララ木」まで足を伸ばしました。その後縦走路を引き返しました。
途中 私だけ少し先行し、縦走路から少し外れた「水呑の頭」に寄りました。杉越に到着後 分岐から向坂山を経由し、スキー場を回って ゴボウ畑登山口に戻ってきました。登山口には16:08分に到着しました。歩行時間 8時間8分(休憩含む)、歩行距離は25.2km(沿面距離)でした。一日中まずまずの天気で、紅葉した爽やかな縦走路を満喫しました。
帰りに佐俣の湯で入湯し、久留米には19:50分に戻ってきました。

本日の軌跡
霧立4 続きを読む
  1. 2008/11/02(日) 10:54:43|
  2. 中央山地、宮崎の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる