FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

福岡横断縦走11日目「基山~大宰府」

本レポートは 2007年9月29日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。
Uraさんのサイト「阿蘇風景写真館」に寄稿レポートとして 投稿しています。


福岡横断縦走11日目(2007年9月29日 基山~大宰府)        
福岡横断縦走11日目は 基山から 天拝山~四王寺山~大宰府と歩きました。
この区間は高い山はなく、ハイキング気分です。(・・と思っていましたが結構大変でした。)
天拝湖から天拝山のルートは以前 久留米ウォーキング協会の月例会で歩いたことがあります。5/6日背振山~九千部山~基山と縦走した時は 基山からの下りはJRけやき台駅に降りてきました。今回はUraさんのホームページで案内されている 原田駅より基山を目ざします。基山、天拝山と進み、天拝山より二日市の町を横切りました。GPSのおかげで、都府楼(大宰府政庁)跡までは最短距離を歩くことが出来ました。四王寺山(大城山)の登り、メインルートをはずし、獣道に入ってしまいました。やっとのことで登山道に合流し 登りついた先は現在通行止めになっている大石垣でした。円周の土塁の上に上がり、大城山を往復し焼米の原より大宰府駅に降りて来ました。一日中曇り空でウォーキングには適していましたが、歩行距離は28kmに達し、結構大変でした。

本日の軌跡
126B

続きを読む
  1. 2007/09/29(土) 21:07:44|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地蔵峠~俵山縦走(2007.9.23)

本レポートは 2007年9月23日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

地蔵峠~俵山縦走(2007.9.23)
本日はKACリーダー山行です。 阿蘇南外輪山の地蔵峠より冠ヶ岳~俵山~萌え里(揺ヶ池登山口)と縦走しました。参加者は27名でした。 
久留米競技場に中型バスを配車(グローバル観光)、6:00分過ぎに競技場を出発しました。
久留米ICより益城ICまで高速を利用し、途中ヒライ弁当、道の駅に立ち寄り、地蔵峠駐車場には8:30分前に到着しました。駐車場で登山準備をし、8:30分に入山しました。約5分で縦走路(地蔵峠)に着きます。その後 冠ヶ岳までは殆どアップダウンは無く、快適に進んで行きます。このあたりはマツムシ草の多い所で、盛りを過ぎたとはいえ まだまだ花を楽しむことが出来ました。
縦走路より冠ヶ岳を往復し、さらに俵山に向け縦走路を進んでいきます。この日はやや霞んでいるものの、阿蘇5岳がはっきり見え、縦走路よりの眺望を楽しむことが出来ました。
冠ヶ岳分岐以降はアップダウンが続き、暑さも影響したことから、護王峠付近では2~3人ばてた人が出てきました。俵山山頂には予定より40分遅れの12:40分に到着しました。山頂で昼食時間を十分に取り、13:40分 萌え里に向け下山を開始しました。
本日の目玉であるススキは、山頂付近で盛りを迎えており、ススキ畑の中を快適に進んでいきました。
926P、865P、林道、613Pと進み、萌え里に続く 最後の稜線よりは 金峰山、鞍岳、大観望の大パノラマを楽しむことが出来ました。またこの付近はハギの花の群落が続き、丁度見頃を迎えていました。この稜線の下りで少し遅れ気味になる人が出てきて、揺ヶ池登山口には予定より遅れ、15:50分に到着しました。下山後 泉力の湯で汗を流し、高速経由で久留米には18:40分に戻って来ました。

本日の軌跡
地蔵峠~俵山

続きを読む
  1. 2007/09/23(日) 20:44:11|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俵山登山(2007.9.17)

本レポートは 2007年9月17日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

俵山登山(2007.9.17)
来週、9/23日 KAC山行にて 地蔵峠~俵山縦走します。
昨年この時期 このルートを歩いていますが、俵山から揺ヶ池登山口への下山ルートの再確認のため、俵山に登ってきました。俵山峠より入山し、揺ヶ池登山口に降りてきました。
本日は家内と娘が俵山に登る途中まで付き合ってくれました。
俵山に登る途中で雨になりましたが、山頂に着くころには雨は止んで、その後は何とか天候は回復し、周りの景色も良く見えていました。

本日の軌跡
2007.9.17俵山

続きを読む
  1. 2007/09/17(月) 20:16:01|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡横断縦走10日目「冷水峠~秋月」

本レポートは 2007年9月15日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。
Uraさんのサイト「阿蘇風景写真館」に寄稿レポートとして 投稿しています。


福岡横断縦走10日目(2007年9月15日 冷水峠~秋月)        
福岡横断縦走10日目は つなぎの区間、冷水峠~砥上岳~秋月と歩いてきました。
久留米より西鉄電車で筑紫駅まで行き、駅前でバスに乗り換え冷水峠の手前の上西山で下車します。ここから冷水峠までの車道歩きは大型トラックが横を猛スピードで通過し、緊張の連続です。
冷水峠より夜須高原CCを横切り、板根登山口より砥上岳を往復しました。
その後、板根、夜須高原記念の森、白坂峠、不動の滝、秋月と進み、秋月よりバス、西鉄電車を乗り継ぎ久留米まで帰ってきました。

本日の軌跡
111B


続きを読む
  1. 2007/09/15(土) 19:50:23|
  2. 宝満山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筑山協合同登山 前門岳(2007.9.9)

本レポートは 2007年9月9日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

筑山協合同登山 前門岳(2007.9.9)
今年の夏の合同登山は前門岳に登りました。日向神ダムの先より右方向に入り、しばらく行くと登山口があります。10:00分に入山しました。気持ちの良い登山道を登っていきます。山頂には11:30分に到着しました。山頂より北側は開けており、釈迦岳、御前岳などが望めました。
山頂で女性の方々に準備いただきました、海苔巻きおにぎりの昼食を食べ 12:12分に下山しました。ゆっくり下山し、駐車場には13:30分に到着しました。
2日間 別の山岳会の方々と行動を共にし、新鮮な気持ちで帰ってきました。

本日の軌跡
2007.9.9前門岳

続きを読む
  1. 2007/09/09(日) 21:00:45|
  2. その他近場の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筑山協 合同キャンプ (2007.9.8)

本レポートは 2007年9月9日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

筑山協 合同キャンプ (2007.9.8)
筑山協 合同キャンプが ふれあいの家南筑後 にて開催されました。今年の幹事役は筑後山の会です。競技場を18:00に出発し、ふれあいの家南筑後に19:00頃到着しました。
2007.9.8-9筑山協キャンプ(前門岳) 01


続きを読む
  1. 2007/09/08(土) 20:37:01|
  2. その他近場の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡県横断縦走(9日目)「長野峠~荒川峠」

本レポートは 2007年9月1日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。
Uraさんのサイト「阿蘇風景写真館」に寄稿レポートとして 投稿しています。


福岡県横断縦走(9日目)
9日目(2007年9月1日 長野峠~荒川峠)

福岡県横断縦走9日目は、長野峠~羽金山~荒川峠と縦走しました。この登山道はマイナーな道で殆ど歩く人はいません。朝、長野峠までよき理解者に送ってもらいました。感謝!
このルートは赤テープと「福岡想山会」の標識はかなりありますが、今の時期 突如として踏み跡が消えている所があります。本日はGPSでウェイポイントを多く標示してきましたので、何とか方向は確認でき迷うことはありませんでした。荒川峠には11:30分に到着しました。6/2日十坊山~浮嶽~女岳~荒川峠と縦走した時は荒川峠より福岡側に延々2時間 筑前深江駅まで歩きました。本日は逆に佐賀側の方向に下ります。荒川峠より佐賀側に林道を約40分降りてくると国道323号線沿いに昭和バスの荒川バス停があります。
ここよりJR筑肥腺浜崎駅にバスがアクセスしていますので JR筑肥線、地下鉄、西鉄大牟田線と乗り継ぎ、久留米まで帰ってきました。

本日の軌跡
100B
続きを読む
  1. 2007/09/01(土) 20:17:55|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる