FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

福岡県横断縦走(6日目)「小石原~秋月」

本レポートは 2007年6月30日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。
Uraさんのサイト「阿蘇風景写真館」に寄稿レポートとして 投稿しています。


福岡県横断縦走(6日目)
6日目(2007年6月30日 小石原~秋月)
                                     
福岡横断縦走 6日目は 小石原~秋月まで縦走しました。
朝、よき理解者に小石原道の駅まで送ってもらいました。
道の駅より歩き始め、馬見山登山口より入山しました。「最初から馬見山登山口に行ったらよかやんね」と言われましたが、5/13日「峰入り道」を歩いたとき 道の駅で終わっていましたので、線をつなぐ為 道の駅より歩きます。ちょっとしたこだわりです。
道の駅より車道を歩き、嘉麻峠の馬見山登山口より8:50分入山しました。
馬見山、屏山、古処山と縦走し、古処山登山口に14:00分に到着しました。
登山口より秋月バス停まで歩き、甘木観光バス、西鉄甘木線と乗り継ぎ16時過ぎ久留米に帰ってきました

本日の軌跡
073B.jpg

続きを読む
  1. 2007/06/30(土) 20:15:21|
  2. 古処山周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根子岳尾根縦走 KAC山行(2007.6.24)

本レポートは 2007年6月24日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

根子岳尾根縦走 KAC山行(2007.6.24)
本日 KACでは 初めてのリーダー山行でした。参加者は19名です。
久留米競技場にマイクロバスを配車(朝田観光)、6:00分過ぎに競技場を出発しました。
久留米ICより高速を利用し、国道57号線を宮地方向に向かいます。途中弁当の「ヒライ」にてトイレ休憩と昼食の買出しを行いました。この時点で雨足がひどくなり 入山出来るかどうか心配されましたがとりあえず登山口まで行くことにしました。登山口に着く頃には雨足も弱くなっており、入山するかどうかの判断に迷いましたが、天気予報では午前中は降水確率が低い予報である事、O川、K川、新旧副会長が同行していること、岩のぼりに精通している会員が多く ザイル等の装備も万全であったこと、入山する会員の力量等 を考慮して入山することを決めました。待機したい旨申し出のあった会員(7名)はバスで「高森温泉館」に搬送し、ここで待機してもらうこととしました。
登山組全員、雨具を装着し8:30分過ぎヤカタガウドの林道入口を出発しました。ヤカタガウド登山口まで歩き、8:40分に入山しました。途中苔むした岩場や浮石には細心の注意を払い、谷を上り詰め、9:30分森林入口分岐に到着しました。森林に入ると「オオヤマレンゲ」の花が見え始め、天狗の肩直前は丁度見頃を迎えていました。天狗の肩に 10:10分到着、小休止後東峰に向け尾根縦走を開始しました。
11:00分根子岳東峰に到着。丁度上色見登山口より入山した別グループと合流し、全員で集合写真を撮りました。山頂は風が強く、また見晴らしもほとんど無かったため、昼食を取った後、11:20分早々に下山を開始しました。登山道は雨で濡れており、かなり滑るため しりもちをつきながら苦労して12:30分上色見登山口に到着しました。マイクロバスは色見登山口まで入って来れないため、更に車道まで歩いて下りました。雨具等の始末を終え、月廻り温泉で入湯し、14:00分頃「高森温泉館」で待機組を拾い、久留米に向かいました。高森を出る頃より、雨足がひどくなり、道中はワイパーがフル回転するくらいの豪雨でしたが、久留米に着く頃には雨はやんでいました。本日は天候についてはタイミングよく、ラッキーな一日でした。競技場には16:10分到着しました。

本日の軌跡
2007.6.24根子岳縦走
続きを読む
  1. 2007/06/24(日) 22:27:35|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根子岳東峰登山(2007.6.16)

本レポートは 2007年6月16日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

根子岳東峰登山「ヤカタガウドからピストン」(2007.6.16)
来週(6/24)KAC山行にて根子岳東峰に登ります。そこで本日、試登の為ヤカタガウドより根子岳東峰を往復しました。天狗の肩付近の「大山れんげ」の花はかなり咲いていました。つぼみも多く、後1週間は見頃の時期を迎えているものと思います。
8:45分に入山、縦走路はガスにつつまれ、見晴らしはよくありませんでしたが東峰まで行ってきました。途中「大山れんげ」の花の写真を撮りながら13:00分に下山しました。

本日の軌跡
2007.6.16根子岳試登


続きを読む
  1. 2007/06/16(土) 22:04:50|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大崩山 KAC山行(2007.6.10)

本レポートは 2007年6月11日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

大崩山 KAC山行(2007.6.10)
会山行 2日目は大崩山です。昨年に引き続き ささゆり観賞が目的です。
本日大崩山が初めての人が4名おられ、湧塚を登り、坊主尾根を下る 大崩岩峰が楽しめる代表的なコースを周回しました。
一日中快晴で袖ダキ、下湧、中湧、上湧から すばらしい絶景が望めました。(大満足)
目的のささゆりは昨年よりも1週間程度開花が遅く 坊主尾根コースの標高の低いところに開花しており、少しですがとりあえず会うことができました。(やや満足)

本日の軌跡
2007.6.10大崩山



続きを読む
  1. 2007/06/10(日) 20:36:32|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿納山 KAC山行(2007.6.9)

本レポートは 2007年6月11日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

鹿納山 KAC山行(2007.6.9)
6/9~10日 KAC合宿にて大崩山系に行って来ました。本合宿は5月の連休に計画されていましたが、諸事情で延期となっていました。
1日目は 鹿納坊主(鹿納山)、2日目は大崩山に登ります。今回、O方リーダーを含め15名の参加者でした。2日間とも天気にも恵まれ、祖母 傾 大崩山系の雄大な絶景を堪能することができました。この山域が初めての人が何人かおられたようでこの絶景に思わず歓喜の声が出ていました。
初日目は鹿納坊主(鹿納山)です。

本日の軌跡
2007.6.9鹿納山2

続きを読む
  1. 2007/06/09(土) 20:21:31|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内山~扇山 KAC山行(2007.6.3)

本レポートは 2007年6月3日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。

内山~扇山 KAC山行(2007.6.3)
会山行で鶴見山系 内山、扇山に行ってきました。
猪ノ瀬戸登山口より馬の背を経由し、鞍ヶ戸、船底、内山、扇山、扇山登山口と縦走しました。ほぼ一日小雨が降っていましたが、何とか予定通り歩くことが出来ました。
内山~扇山のコースは岩むき出しのやせ尾根が続き、また雨の為登山道が滑り難儀しましたが予定より1時間早い15:00時に下山することが出来ました。堀田温泉でゆっくりし、18時過ぎに久留米に帰ってきました。

本日の軌跡
2007.6.03内山~扇山


続きを読む
  1. 2007/06/03(日) 09:14:51|
  2. 由布、鶴見、他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡県横断縦走(5日目)「JR福吉駅~荒川峠」

本レポートは 2007年6月2日 KAC掲示板に投稿したものを再編集しています。
Uraさんのサイト「阿蘇風景写真館」に寄稿レポートとして 投稿しています。


福岡県横断縦走(5日目)
5日目(2007年6月2日 JR福吉駅~荒川峠)
福岡横断縦走 西の起点 JR福吉駅から 十坊山~白木峠~浮嶽~荒谷峠~女岳~荒川峠と縦走し、帰りは荒川峠より林道をJR筑前深江駅まで歩きました。
往復、西鉄電車、地下鉄、JR唐津線と乗り継ぎ、すべて公共の乗り物を利用しました。
GPSの直線データでは福吉駅から荒川峠まで14km、荒川峠から筑前深江駅まで8km  計22kmの行程でした。

本日の軌跡
056B.jpg



続きを読む
  1. 2007/06/02(土) 20:14:49|
  2. 脊振山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる