FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

お姫山~五葉岳~兜巾岳周回(2019.5.5 )

お姫山~五葉岳~兜巾岳周回(2019.5.5 )

遠征2日目(5/5)は「お化粧山登山口~お化粧山~ブナの三叉路~お姫山~五葉岳~兜巾岳~大吹谷駐車場~お化粧山登山口」と周回しました。
この日もいい天気で 涼しい風が吹いて最高の登山日和でした。
アケボノツツジはやや盛りは過ぎているものの、蕾混在のいい状態の木も多く、ミツバツツジ、ヒカゲツツジ、ヤマシャクヤクを含め 花を十分に楽しむことが出来ました。

本日の軌跡
0五葉岳
続きを読む
  1. 2019/05/05(日) 15:25:50|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新百姓~桧山登山(2019.5.4 )

新百姓~桧山登山(2019.5.4 )

アケボノツツジのシーズンを迎え、大崩山山域に行ってきました。
5月4日 杉ヶ越登山口より「新百姓山~桧山」を往復しました。
今年は花の開花が早いようで お目当ての「アケボノツツジ」は終盤を迎えており 花びらが落下している木が殆どでした。
「しゃくなげ」は花蕾混在のいい時期を迎えており、快晴で涼しい風が吹いた登山道を快適に歩くことが出来ました。

本日の軌跡
0新百姓山
続きを読む
  1. 2019/05/04(土) 12:11:57|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祖母山登山(2016.10.21)

祖母山登山(2016.10.21)

予定では小屋泊りの「祖母山~尾平越」の半縦走でしたが、両日ともに天気が崩れており、比較的予報の良い10/21日に祖母山日帰り登山をすることにしました。
午後は雨の予報で 出来るだけ行程を短縮するため、往路は北谷登山口より風穴経由で登頂し、復路は千間平経由で降りてきました。
入山時から小雨が降ったり止んだりでしたが、大降りにはならず 雨具の必要はありませんでした。
比較的周りの景色はよく見え 雲海に浮かぶ阿蘇五岳や九重連山を眺めることが出来ました。山頂付近はそこそこに紅葉しており景色を楽しみながら満足いく山行でした。

本日の軌跡
0祖母山

続きを読む
  1. 2016/10/21(金) 14:26:30|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の大崩山「アケボノツツジ」(2015.5.3 )

雨の大崩山「アケボノツツジ」(2015.5.3 )

前日の天気予報では 曇り/小雨 の予報でしたが、1~2mm程度の雨との事で登山を決行することにしました。
往路は大崩山登山口より 小積谷・湧塚コースを 大崩山荘~湧塚分岐~袖ダキ~湧塚岩峰~大崩山と進み、
復路はまだ歩いたことのなかった二枚ダキコースを 大崩山登山口横に降りてきました。
お目当ての「アケボノツツジ」は今年は開花が早く、袖ダキ、湧塚周辺は終盤を迎えていましたが 山頂付近は蕾混在のいい時期を迎えていました。
大崩山荘辺りより小雨が降り始め、雨具を装着しての登山でしたが 終日 大振りにはならず、予定通り山頂を踏むことができました。
雨で登山道が滑り、また 梯子場などで待機時間があった為、予定時間を1時間程度オーバーし、往復10時間弱の登山になりました。
二枚ダキコースは初めて通過しましたので有意義で大満足な山行でした。

本日の軌跡
00大崩山
続きを読む
  1. 2015/05/03(日) 06:43:51|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

可愛岳 登山(2015.5.2)

可愛岳 登山(2015.5.2)

延岡市の北側に位置する「可愛岳(えのだけ)」に行ってきました。
可愛岳は西郷隆盛が西南戦争の折、山頂を越え鹿児島まで敗走したことでよく知られており、登山口には西郷資料館があります。
西郷資料館の駐車場を出発し、往路は南側登山口より可愛岳に登り、復路は稜線を可愛岳~烏帽子岳と縦走し、北側の登山口に降りてきました。
一日中いい天気で、木立の中の登山道は快適で、オンツツジの花などを愛でながらユックリ周回しました。
下山後、翌日登る大崩山の登山口の祝子川渓谷に移動し、民宿「大崩の茶屋」でゆっくり休養しました。

本日の軌跡
0可愛岳

続きを読む
  1. 2015/05/02(土) 13:58:33|
  2. 祖母、大崩山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる