FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

阿蘇 一の峯・二の峯・冠ヶ岳登山(2017.10.1)

阿蘇 一の峯・二の峯・冠ヶ岳登山(2017.10.1)

ススキのシーズンを迎え、阿蘇一の峯、二の峯、冠ヶ岳に行ってきました。
一の峯第一登山口より入山し、一の峯~二の峯~外輪山出合~冠ヶ岳分岐~冠ヶ岳往復~地蔵峠と縦走し、地蔵峠駐車場に降りてきました。
曇り空の晴れの天気で、日光に曝されることのなく、涼しい風が吹いて絶好の登山日和になりました。
登山道には秋の山野草が咲き、ススキの穂が大きくなり、快適な草原歩きでした。
景色も遠くまで見通せ、雲仙岳や九重連峰も見えており、稜線からは阿蘇の五岳もはっきり確認できました。
震災後、俵山トンネル付近は通過できませんでしたが 現在は開通しているもののかなり迂回路になっています。

本日の軌跡
0一の峯・二の峯
続きを読む
  1. 2017/10/01(日) 13:43:55|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鞍岳周回(2017.4.9)

鞍岳周回(2017.4.9)

昨年は地震の影響で登れなかった阿蘇北外輪山「鞍岳」に行ってきました。
今回は「四季の里」から続く林道を登り切り、東登山口より 子岳~女岳~鞍岳~ツームシ山~孫岳 の5峰を周回しました。
登り始めは霧雨が降っており雨具を装着しての入山でしたが、子岳山頂で雨は止み その後雨具の必要はありませんでした。
一日中ガスが掛かり 周りの景色を望むことはできませんでしたが時折りガスが晴れ下界が現れることもありました。
鞍岳は「アセビの山」で満開のアセビロードを快適に歩くことが出来ました。

本日の軌跡
0鞍岳
続きを読む
  1. 2017/04/09(日) 06:26:01|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金峰山【一ノ岳・二ノ岳・三ノ岳】(2016.12.25)

金峰山【一ノ岳・二ノ岳・三ノ岳】(2016.12.25)

今年の忘年登山は金峰山・一ノ岳、二ノ岳・三ノ岳を縦走しました。
金峰山のさるすべり登山口より入山し 山頂を越え、仁王像方向に降りてきました。
二ノ岳登山口まではバスで移動し、二ノ岳、三ノ岳を越え、三ノ岳公民館に降りてきました。
快晴の空の下 空気も冷たく快適に縦走することが出来ました。縦走路からは熊本市内、阿蘇、雲仙普賢岳、等を見渡すことが出来ました。

本日の軌跡
0金峰山
続きを読む
  1. 2016/12/25(日) 06:34:10|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「一の峯~冠ヶ岳」往復(2016.8.11 )

「一の峯~冠ヶ岳」往復(2016.8.11 )

本日は「山の日」とのことで、阿蘇「一の峯」第一登山口より「二の峯」を経由し 南外輪山に登りあがり、南外輪山上の「冠ヶ岳」を往復しました。
尾根沿いは少し風が吹いていましたが 夏の強烈な日光の圧力で頭がクラクラし 大汗をかいての登山でした。
入山時よりこまめに水を取り木陰で休みながら歩きました。
ススキの穂が出始めマツムシソウなど秋の山野草が咲き始めていましたが この時期 この様な草原歩きは控えた方がいいと思いました。

本日の軌跡
0一の峯
続きを読む
  1. 2016/08/11(木) 15:04:21|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阿蘇南外輪山縦走(地蔵峠~清水峠)(2015.9.27)

阿蘇南外輪山縦走(地蔵峠~清水峠)(2015.9.27)

ススキのシーズンを迎え、阿蘇南外輪山に行ってきました。昨年同時期 俵山~地蔵峠を縦走していますのでその続きです。
地蔵峠駐車場を8時15分に出発し、地蔵峠~大矢岳~大矢野岳~駒返峠~多津山峠(昼食)~天神峠~高千穂野~清水峠 と縦走し、清水峠には14時40分に下山しました。
帰りに久木野温泉で入湯し、久留米には17時30分に戻ってきました。
ススキは穂が出始め、エビ色に輝いて 今からいい時期に入ります。
一日中、霞んでいましたが、登山道は歩きやすく、また秋の山野草がいろいろ咲いていましたので花を愛でながら、快適に縦走することが出来ました。

本日の軌跡
0高千穂野

2年間の軌跡
0俵山・高千穂野

続きを読む
  1. 2015/09/27(日) 13:37:10|
  2. 阿蘇山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる