FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

ケルン整備(2019.6.23 )

ケルン整備(2019.6.23 )

九重 飯田高原~男池の間にある 山岳会会員の山小屋「ヤッコ山小屋」に久留米山岳会が1985年に建立したケルンがあります。
この当時の会員が色んな山域から集めた石でケルンが組み立てられており、当時の資料がカプセルに入れられ保存されています。
毎年ケルン周辺の整備に出掛けています。本日16名の会員で整備に行ってきました。
小屋の庭に設置されているケルン周辺の草取り、庭の木立の選定等を行いました。
日当たりも良く、すっきり整備されました。
来年の久留米山岳会90周年記念事業でカプセルが開けられる予定。

ケルン
P6230277_2019062411251285b.jpg
続きを読む
  1. 2019/06/23(日) 11:26:38|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳴子山南東尾根(2019.6.16 )

鳴子山南東尾根(2019.6.16 )

九重 鳴子山に行ってきました。
レゾネイト登山口より入山し、くたみ分れより 南東尾根を鳴子山に登り、稲星越より稲星山~久住山~久住分れ~牧ノ戸峠と縦走しました。
この時期 鳴子山には「オオヤマレンゲ」の花が咲いていますが 本日は蕾のみで花は見られませんでした。
久住山~西千里ヶ浜付近はまだミヤマキリシマの花が見頃を迎えていました。
一日中いい天気で縦走路は冷たい風が吹いて最高の登山日和でした。

本日の軌跡
0鳴子山
続きを読む
  1. 2019/06/16(日) 17:00:04|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平治岳「ミヤマキリシマ」(2019.5.30 )

平治岳「ミヤマキリシマ」(2019.5.30 )

ミヤマキリシマのシーズンを迎え「平治岳」に行ってきました。
往路は男池より入山 ソババッケ手前の取付きより東尾根を登り、平治岳北峰~南峰と進んだ後 復路は大戸越~北大船山~段原~風穴~ソババッケ~男池登山口と戻ってきました。
山開き前で登山者もそんなに多くなく渋滞はありませんでした。
快晴の天気で木立の中の登山道は日差しを避け快適に歩くことが出来ました。
お目当ての「ミヤマキリシマ」は開花し始めた頃で蕾の多い状態でしたが斜面がピンクに染まっており十分に花を堪能できました。
今回は大戸越より北大船山に登り返し、段原より風穴に大回りして降りてきました。
登山道には「マイヅルソウ」「イワカガミ」「ドウダンツツジ」「ヨウラクツツジ」の花が咲いており、花を愛でながら周回することが出来ました。

本日の軌跡
0平治岳
続きを読む
  1. 2019/05/30(木) 19:29:24|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久住山登山「赤川登山口より」(2019.1.13 )

久住山登山「赤川登山口より」(2019.1.13 )

地震以降 登山規制されていた赤川登山口より久しぶりに久住山に登りました。
赤川登山口より久住山に直登し、「東千里ヶ浜~池の小屋~御池~久住分れ~西千里ヶ浜~牧ノ戸登山口」と縦走しました。
途中から粉雪が降り始め、山頂付近は霧氷がびっしりついていました。
久住山より東千里ヶ浜経由で池の小屋に向かいここで昼食を取りました。
ガスが掛かって周りの景色は見えませんでしたので中岳~天狗ヶ城はパスし 氷結した御池の湖面を歩いて横断しました。
西千里ヶ浜~沓掛山間 は何時ものように登山道はグチョグチョの田んぼ状態で難儀しました。
扇が鼻分岐付近等は霧氷がびっしりついて思いがけなく素晴らしい景色を見ることが出来ました。

本日の軌跡
0久住山

続きを読む
  1. 2019/01/13(日) 13:02:57|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久住山周回(2018.9.23)

久住山周回(2018.9.23)

久しぶりに九重に行ってきました。
牧ノ戸峠から星生山~天狗ヶ城~中岳~池の小屋~久住山~牧ノ戸峠と周回しました。
歩行距離は13.0kmでした。
ススキの穂が伸び、リンドウの花が至る所に咲いて 秋も深まっていました。
秋の登山シーズンを迎え、長者原、大曲、牧ノ戸峠には車が溢れており 駐車スペースを確保するのに難儀しました。

本日の軌跡
0久住山
続きを読む
  1. 2018/09/23(日) 09:50:45|
  2. 九重山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる