FC2ブログ

久留米発 ほぼ 週一・登山

感動をお伝えします!

宝満 難所ヶ滝(2018.2.7)

宝満 難所ヶ滝(2018.2.7)

寒波が続いており 宝満山系の難所ヶ滝に行ってきました。
昭和の森キャンプ場駐車場より 河原谷(ごうらだに)に合流、「小つらら」に立ち寄り 難所ヶ滝(大つらら)に登り上がりました。
その後 縦走路に登り上がり 三郡山に向かいました。三郡山山頂で昼食を取り 帰りは 頭巾山コースを昭和の森に降りてきました。
「大つらら」、「子つらら」共に かなり氷結しており、素晴らしい氷瀑を愛でることが出来ました。
縦走路はかなりの積雪があり、青空の下 雪山を楽しんできました。

本日の軌跡
0難所ヶ滝
続きを読む
  1. 2018/02/07(水) 13:19:07|
  2. 宝満山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四王寺山 土塁周回(2017.11.19)

四王寺山 土塁周回(2017.11.19)

四王寺山大野城の土塁を周回しました。
大宰府政庁から出発し、往路は大石垣を経由し土塁に登り上がり、時計回りに 大城山~野外音楽堂~百間石垣~鮎返りの滝~大原山~焼米ヶ原~岩屋城址~高橋紹運公墓~市民の森~大宰府政庁と周回しました。
寒波が到来し冷たい風の中の歩行でしたが、天気も良く紅葉した景色を見ながら快適に歩くことが出来ました。

本日の軌跡
0四王寺山
続きを読む
  1. 2017/11/19(日) 15:39:17|
  2. 宝満山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三郡山(だごしゃん道)(2016.6.26 )

三郡山(だごしゃん道)(2016.6.26 )

近年、私の周りでは「だごしゃん道」なる登山道で三郡縦走路に登りあがる事例をよく聞きます。
2010年頃より「ほっつき歩記」さんのサイトでその存在は知っていましたが まだこの道を通ったことはなく一度登ってみようと思っていたところ、今回の三郡山会山行で「だごしゃん道」を登るとのことで山行に参加しました。
昭和の森駐車場より河原谷(ごうらだに)方向に進み、途中「だごしゃん道」に取り付きました。
「だごしゃん道」は草ヶ谷沿いに登っていく中々趣ある登山道で、本日は心地良い沢風が吹いて快適に歩くことが出来ました。
三郡山縦走路に登りあがった後、三郡山で昼食を取り、下りは縦走路を若杉山方向に進み、「内ヶ畑コース」で昭和の森に戻ってきました。
稜線上も爽やかな風が吹いており、落ち葉の登山道は歩きやすく予定より早い時間に下山できました。
梅雨の中休みか、一日中、いい天気で 午後からは青空も見えていました。

本日の軌跡
0三郡山
続きを読む
  1. 2016/06/26(日) 11:00:21|
  2. 宝満山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三郡山・宝満山・そして・・・(2016.1.9 )

三郡山・宝満山・そして・・・(2016.1.9 )

公共の乗り物を利用し、三郡山・宝満山に行ってきました。
西鉄二日市駅より柚須原までバス移動し、今回は柚須原より九州自然歩道を三郡山に向かいました。
途中、白糸の滝分岐より車道をショートカットしている旧道を三郡山まで登り、後は縦走路を三郡山~宝満山と進みました。
三郡山に上る途中 小雪が降り始め 山頂付近は薄らと小雪が積もっていました。
ここより、この山行報告が遅れた理由ですが、
宝満山よりの下り、9合目付近で 一寸した不注意で岩から滑落してしまい、左肩を痛めてしまいました。左腕は全く動きません。
幸い歩けましたので、左腕を固定し、後はカメさん歩きで必死の思いでかまど神社まで降りてきました。
かまど神社より、まほろば~西鉄電車と乗り継ぎ、久留米花畑に到着後、そのまま病院(聖マリア病院)に直行しました。
結果、左肩甲骨骨折で 幸いにも手術の必要はなく腕をサポーターで固定し しばらく腕を動かさないように自然治癒を待つことになりました。
事故後、一週間がたち だいぶ回復し、不自由さはありますが恙なく普通の生活はできています。(運転は無理です)
身から出た錆ですが、14~15日(洲藻白嶽)、17日(由布岳)、23~24日(やまびこキャンプ)、31日(雲仙普賢岳)、を予定していましたがすべてキャンセルとなりました。
今回、最悪な事態は回避できたものの、後から思い起こすとぞっとする事態でした。
これを戒めに 体形(痩せねば)、気持ち(慣れ、油断、過信)、装備(靴のメンテ)、等、思いつくことが多々あります。反省せねば!
復帰できるのは2月上旬か?(本人の勝手な気持ち)

本日の軌跡
0三郡・宝満
続きを読む
  1. 2016/01/09(土) 12:11:17|
  2. 宝満山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四王寺山 土塁一周(2015.11.22)

四王寺山 土塁一周(2015.11.22)

この時期、昨年に引き続き 四王寺山土塁を周回しました。
西鉄電車で都府楼前駅まで移動し、大宰府政庁址より四王寺山を目指しました。
登りは大石垣を経由し大野城の土塁に登り上がり、反時計回りで「焼米ヶ原~大原山~鮎返りの滝~百閒石垣~野外音楽堂~大城山~焼米ヶ原」と土塁を一周しました。
昨年は素晴らしい紅葉が見られましたので期待していましたが 今年は季節の移り変わりが早いようで昨年ほどの景色は見られませんでした。
下山は昨年同様 岩屋城を経由し大宰府政庁に降りてくるつもりでしたが、同行者より大宰府天満宮参道で揚子江の「豚まん」を購入しようとの提案があり、私もその提案に乗り 九州自然歩道を太宰府天満宮に降りてきました。
天満宮参道で念願の揚子江「豚まん」をゲットし 太宰府駅より電車で久留米に戻ってきました。
一日中 雲の多い天気でしたが 時々太陽も出て 空気も冷たく歩くには最適の天候でした。念願の揚子江「豚まん」もゲット出来、大満足の山行でした。

本日の軌跡 
0四王寺山

四王寺散策地図
01四王子 地図

大野城土塁概念図
02四王寺山
続きを読む
  1. 2015/11/22(日) 08:59:32|
  2. 宝満山系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

ohtaカント

Author:ohtaカント
ようこそマイブログ 「久留米発 ほぼ 週一・登山」 にお越し下さいました。
本ブログの管理人の「カント」です。1950年生まれ、典型的なB型人間と本人は自覚しています。
家族は「体育会系の妻」と「既婚の子供 男女各1名」、「孫2名(もう直ぐ1名増えます)」 おります。
学生時代アウトドアのサークルに所属し、霧島を中心に山遊びを楽しんでいました。
一時登山は休止していましたが2002年頃より椎間板ヘルニアのリハビリで腹回りの筋肉を鍛えるため再度復帰しました。
私の登山スタイルは 主に「縦走登山」です。縦走中に出会う岩場などをより安全に通過するには個人の登山レベルをもっと向上させる必要があると感じ、2005年久留米の老舗の山岳会、久留米山岳会(KAC)に入会し、登山経験豊富な先輩の方々に 岩、沢、雪山、等の基本技術を教えて頂いています。
還暦を5年過ぎ、年間 50回前後の 「ほぼ 週一登山」 を楽しんでいます。
本ブログでは山行時のGPS軌跡と道々のスナップ写真を紹介しております。
皆さんのこれからの山行のお役に立てれば幸いです。(2015年12月 記)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる